クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムンク展もまもなく終了
2007年12月26日 (水) | 編集 |
P1010004.jpg

ムンク展の公式HP

今回のムンク展のコンセプトは、「装飾性」とのことで、ふだんはあまり焦点が当てられていない壁画や装飾画の作品群をみることができます。しかし、やはり白眉は「叫び」を含む連作として知られる「不安」「絶望」の2点ですね。(上の写真は「不安」、下が「絶望」、ただし、有名な「叫び」は今回の展示にありません。)
..munch_art07.jpg


フィヨルドと赤黒い空という強烈なインパクトの背景のもと、無防備で、か弱い人間の姿がそこにありました。実際に見て感じたのは、非常に稚拙な感想かもしれませんが、ポスターなど印刷物で見るのと違って、人物が無垢でとても「可愛いらしく」見えるという点でした。見る人の心の中にすっと入ってくる画でした。

その他に感じたのは、実際に作品として世に出すもの以外に幾多の習作が土台になっているという点でした。習作とはいえ、完成度の高いものが非常に多かったように思いました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。