クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薔薇のない花屋
2008年01月26日 (土) | 編集 |
謎が謎を呼ぶ展開!竹内結子がなぜ香取慎吾を誘惑しなければいけないのか。なぜ花屋で薔薇を売っていないのか。香取慎吾はなぜ三浦友和に恨まれなければいけないのか。

これらの幾多の謎が、視聴者に巧みに解き明かされていく展開になっていくはずですが、想像の域を超えるような良い意味でのストーリーの裏切りを期待しています。

薔薇のない花屋で最も注目しているのは、本仮屋ユイカ。ビデオレターで香取に対する純粋な思いを伝えるシーンが繰り返し出てきますが、これは強く胸を打つ名演技だと思います(拍手)。これから登場するビデオレターも要チェックです。

山下達郎の主題歌も見終わった後に印象的に響きます。独特の節回し・間合いが素敵です。

今まで野島伸司のドラマは数多くありますが、最後まで見たものが少ないです。途中で興味を失ったり、気持ちがそがれていくことも多いです。秀作と思っているのは人気ドラマだった「ひとつ屋根の下」のほか、「聖者の行進」「ゴールデンボウル」。

ひとつ屋根の下」は脚本もさることながら、江口洋介福山雅治酒井法子という絶妙のキャスティングによるところ多し。「聖者の行進」は、障害者を雇用し扶助している立場の人間(段田安則)が、実は冷酷人間であるという驚きで新鮮でした。ただ、抵抗できない弱者たちの悲痛な叫びがあまりにもつらかったです。

手放しでのめりこんだのは「ゴールデンボウル」。これは無理なく見られたし、コミカルな味が非常に素晴らしかったです。小木茂光大滝秀治らの名脇役陣の金城武黒木瞳とのからみが絶妙でした。個人的には非のうちどころのない秀逸コメディだと思っています。黒木のよろめき主婦も堂に入っています(^O^)

スポンサーサイト
テーマ:薔薇のない花屋
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。