クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007 心に残るN響コンサート ベスト10
2008年03月26日 (水) | 編集 |
3/23(日)のN響アワーで、昨年N響のコンサートで「最も心に残ったN響コンサートのベストテンが発表されました。定期会員による投票をもとにしたデータです。結果は次の通りでした。

第1位 ネルロ・サンティ 11月Aプロ プッチーニ「ラ・ボエーム」
第2位 アンドレ・プレヴィン 9月Aプロ モーツァルト「交響曲第36番」他
第3位 アンドレ・プレヴィン 9月Cプロ ラヴェル「ダフニスとクロエ」他
第4位 アラン・ギルバート 12月Aプロ ベートーヴェン「英雄」他
第5位 ウラディーミル・アシュケナージ 6月Cプロ ベートーヴェン「交響曲第6・7番」他
第6位 アンドレ・プレヴィン 9月Bプロ ラフマニノフ「交響曲第2番」
第7位 ネヴィル・マリナー 10月Bプロ ブラームス「交響曲第4番」
第8位 シャルル・デュトワ 1月Aプロ サン・サーンス「交響曲第3番」
第9位 シャルル・デュトワ 1月プロ プロコフィエフ 「カンタータ:アレクサンドル・ネフスキー」
第10位 ウラディーミル・アシュケナージ 2月Cプロ チャイコフスキー「交響曲第2・5番」

 第1位のネルロ・サンティは、池辺晋一郎さんの評によれば、N響がオペラを演じることが少ないので、その点も評価されたのではとのことでした。当方もオペラは未熟そのものなので、じっくり聴く良い機会でした。ソリストとの間合いの取り方も上手で、聴かせ上手ですよね。
 第2位以下では、2・3・6位にアンドレ・プレヴィンが選ばれ、人気の高さを実証していますね。9年ぶりという本当に待望のコンサートだったことも後押しする要因だったでしょうね。第2位のプログラムは前回の2007 N響ソリスト ベスト10での第1位に続いての高評価ですね。
 4位のアラン・ギルバートは当方も投票しました。切れ味鋭くメリハリのある斬新な「エロイカ」でした。指揮台に上るなり始まるのもとてもカッコよかった!ニューヨークフィルの常任指揮者として今後の活躍が大いに期待される指揮者です。

 これからのN響定期公演も非常に楽しみです。アンドレ・プレヴィンを聴きたくてN響定期会員(Aプロブラム)になった当方としては、高評価の結果で、改めて「会員になってよかった」と思いました。またぜひ招聘して頂きたいです!

つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキングブログランキング
 
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。