クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Around40 春ドラマを見倒そう7
2008年04月29日 (火) | 編集 |
このドラマなかなかウィットに富んでて面白いですよ!
セリフのスリリングなやりとりを中心にした脚本(橋部敦子)が秀逸!!

Around40(アラフォー)とは、「40歳前後の人」
精神科医緒方聡子(天海祐希)は、39歳独身彼氏なし。「崖っぷち女」「結婚と出産をあきらめた可哀そうな女」「女の市場価値は35まで」「人生の選択肢がどんどんなくなる」・・・・。こんな残酷?で毒のある言葉が聡子に次々と浴びせられます。でも、聡子はくじけながらも胸をはってがんばっています。そんな主人公をついつい応援したくなるドラマです。
 結婚式で飛んできたブーケを横取りされて、しかも押し倒されるという場面も、ホントは気の毒なんですが大笑いしました。
  
【岡村vs聡子】
職場の臨床心理士の岡村恵太朗(藤木直人/33歳)は、ケチ(もといエコ)がもとで女性と別れ、マイ箸を常に携帯するほどの生粋のエコロジスト。事あるごとに緒方聡子(天海祐希)の心理を見透かしたようなセリフを言って、聡子を困惑させます。
 藤木直人って色男ぶってる感じが何となく好きじゃなかったんですが、ここ2本(「プロポーズ大作戦」と本作)で見方を改めましたm(__)m

●ロマンスカー編
 箱根で乗り遅れたロマンスカーを必死で追いかける聡子。「私を置いてかないで~!」岡村は偶然この場面を目撃しています。
 
●ゴミ拾いに「つきあって」?!編
 岡村:「つきあってください」
 聡子:「えっ、ちょっと待ってよ」
 岡村:「何か勘違いしてませんでした?自意識過剰なんだから」
 聡子:「勘違いなんかしてません!」
 岡村:「ムキになるってことは、勘違いしてたんですね
 
●そばに「つきあって」?!編 
 聡子:「つきあって」
 岡村:「えっ?」
 聡子:「あんた何か勘違いしてたでしょ」
 岡村:「してませんよ!!」
 聡子:「ムキなってるから勘違いしてたのね」

●マイ箸編
 聡子は岡村にもらった箸を使いません。
 理由は、「使うたびにいちいち岡村の顔を思い出すから」。
 ところが、ソバを食べるときにもらった箸を取り出す。
 
 岡村:「いいんですか?食べるたびに僕の顔思い出さなきゃならないですよ」
 聡子:「慣れればいちいち思い出さなくなるわよ。それともいちいち思い出してほしいわけ?」

●僕の2番目の姉も・・編
 聡子:「あなたの2番目のお姉さんがそうなんでしょ?」
 岡村:「えっ?何でわかるんですか」

イチイチ会話の内容にとげがあって面白いです。
伏線をはっておいて、切り返すパターンの会話が秀逸です。
回を重ねてみていく価値あり。内容が膨らんでいきます。

【花婿候補】
花婿候補として第2話では、寺脇康文登場。
聡子の譲れない条件「肩幅の広い人」を満たす男性です。
談笑する中で、聡子の過去の生き方を否定する発言にムッとする聡子。
そんな様子に気づいた奈央(大塚寧々)は機転をきかせて、聡子の発言封じ
 奈央:「マー君、お醤油!」 一旦は封じたものの
 聡子:「今までの人生を否定する人と、これからのことどうやって考えればいいんですか?!」
あ~あ、言っちゃったって感じで、即お断り! 
 第4話からは、加藤雅也が出てきますね~すごくたのしみ!

【キャスティング】
●森村奈央(大塚寧々
 「結婚しない宣言」を公言していたが、一転して男前の新庄高文(丸山智己)と電撃結婚。 今度は「結婚して子供を産んで女を忘れない」とうそぶく。豹変ぶりが素敵?(笑)
●竹内瑞恵(松下由樹)
 夫や子に相手にされず、社会復帰を模索中。 岡村の優しいカウンセリングを受けて浮足立ってしまう。見苦しいオバハンモード全開(汗)
●大橋貞夫(筒井道隆)
 聡子、奈央、瑞恵の入りびたる洋食屋のシェフ。何か言っても返事してもらえない。「空気読めない」人との酷評を受けている(+_+)最近この人の茫洋とした持ち味を見てなかったので、懐かしくていいですね。
●緒方春子(加賀まりこ)
 父の後妻。50代まで独身だったので、聡子の良き理解者。ざっくばらんな雰囲気が素敵ですね。聡子が風邪ひいて寝てたとき、「あんた、孤独死とか考えたでしょ」って(^^ゞ

そのほか、林隆三、神保悟志、丸山智己、大場久美子、松尾貴史、島崎和歌子と揃ったキャスティングもとても楽しいです。

 橋部敦子脚本の一覧はこちら。この中では「ピュア」(堤真一・和久井映見)、「月の輝く夜だから」(江角マキ子・岸谷悟朗)、「スタアの恋」(草剛・藤原紀香)、「小市民ケーン」(木梨憲武・榎本加奈子)などが特に好きでしたね。
 「僕の~」シリーズは、「小市民ケーン」からの流れで、凡庸な主人公の間延びした雰囲気が特徴のドラマでしたが、何か言われるたびにわざと間をとったり、顔をアップにしたりする演出には、次第にイライラするようになってきましたねm(__)m

春ドラマを見倒そう!あとは、トップセールス、猟奇的な彼女、Rookies、ごくせん、おせん・・まだまだ残ってます(^^ゞ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。