クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱狂の日 5/4 見聞録 その1
2008年05月05日 (月) | 編集 |
s-2008-5-5-00000.jpg

 熱狂の日ラ・フォル・ジュルネの今年のテーマは「シューベルトとウィーン
 シューベルトといえば、「未完成」「グレート」「死と乙女」「ロザムンデ」「冬の旅」「美しき水車小屋の乙女」などが思い浮かびますが、特に歌曲で優れた作品が多い印象があります。「シューベルトで是非とも聞きたい曲ってないしなぁ」と思い、当初はチケットを買うつもりはありませんでした。

 行こうと思った強い動機は「ベートーベンのVn協奏曲」です。「シューベルト以外にもこんな曲もやるんだ」と気づき、遅ればせながら飛びつきました。最近ベトコンの3楽章が耳にこびりついて離れないんです。

 ベートーベン Vn協奏曲が夜9時半からなので、「せっかく行くなら他のも前にくっつけて買っちゃおう」と計3つのプログラムを鑑賞しました。

 今回は1つ目に聞いた演奏会のレポート。

 5/4(日) 東京国際フォーラム B7ホール 17:15開演
  シューベルト:「自然の中の神」「水上の精霊の歌」「無限なるものに寄せて」「嵐の中の神」「世界の創造主たる神」「ミリアムの勝利の歌」「神はわが牧者」
  スイレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭合唱団 指揮:ロルフ・ベック
  「水上の精霊の歌」のみ 川本嘉子大島亮(Va) 向山佳絵子藤森亮一(Vc) 池松宏(Cb)

混声、男声、女声といろいろな合唱曲を集めたプログラムで、聖なる響きと美しいフレーズの数々が散りばめられた知られざる名曲を聴くことができて、大いに満喫できました。弦楽合奏が加わる「水上の精霊の歌」は、日本の超一流のソリストたちを集めた編成で、荘厳な合唱と滑らかで深みのある弦の調べとにうっとり酔い痴れました。そもそも合唱曲を聴く機会などは今まで皆無だったので、本当に良い機会に恵まれました。

 ところで、当初このプログラムにはホルン4管編成の曲も予定されており、当方それが一番の目当てだったのですが、いつの間にか曲目が除外されていました。
 また、川本さんのビオラは、昨年の「カール・ライスターのクラリネット五重奏曲」での秀演を思い起こしながら大いに期待しておりましたし、N響の藤森氏、池松氏の登場も楽しみでした。しかし、弦楽が加わる曲は1曲だけだったとは。曲名だけでそれぞれの編成がわかるほど知識があったらこんなミスは・・・・。無知とは怖いものです(>_<)。 
 でもでも結論的には、大正解!素晴らしい合唱曲が聴けたという感動だけが残りました。

シューベルトの知られざる名曲をいろいろ聴いてみましょう!
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
プロ野球観戦 5/3 SG戦 神宮球場
2008年05月05日 (月) | 編集 |
s-P5030004.jpg 

本当に息詰まる投手戦で見ごたえがありました。
人生の縮図をみるかのような良い試合
でした。

巨人内海、ヤクルト村中の投手戦で、8回裏を終わって0対0。特に村中は9回1死までノーヒットピッチング(四球2個)で、「あと2人でノーヒットノーランだ!」と期待がふくらみました。

ただ、9回までノーヒットで抑えても、ヤクルトの援護がない限りは延長戦になります。9回までは投げさせても、延長になったらそのまま投げさせるかのか心配し始めた矢先でした。

9回表巨人の攻撃、谷が倒れた1死後、1番亀井は14球粘った後、2塁打を放ちます。この何が何でも食らいつくという貪欲な姿勢がすごかった。最初はバットに当てるだけでしたが、少しずつバットに合ってきました。そして14球目をジャストミート。力と力のぶつかり合いで、村中は根負けしてしまった結果になりました。こんなとき、キャッチャーやナインがマウンドに集まって激励するなどしていれば、と残念に思います。何せ村中はまだ18歳で、しぶとさ老獪さにはまだ程遠いわけですから。

亀井との勝負に負けた時点で、村中はお役御免でよかったと思います。もちろんノーヒットノーランが潰えても、完封勝利、勝利投手という権利を残して降板させてあげたいのはヤマヤマだと思います。ただ、もうここで力尽きてしまったはずです。村中を勝たせたいという温情が裏目に出てしまった投手交代時期の判断ミス。

あえて続投させ、あまりにも最悪なシナリオへ急転回。小笠原への敬遠の後、最後の南海ホークス戦士、左キラーの大道が大きな仕事をやり遂げ、2点タイムリーをしぶとく放ちました。そして阿部の3ランなどもあって、5-0というワンサイドでのゲームセットになりました。

野球は9回の長い攻防ですが、勝負どころの急所でここまで明暗を分けた試合も珍しいと思います。一瞬の攻防の結末によって、巨人にとっては地獄から天国。ヤクルトにとっては奈落の底へ突き落される結果となってしまいました。

村中にとっても本当に良い教訓になりました。これを生かして大きく伸びるかどうかは心がけ次第!あせらず腐らず、ぜひ楽天マー君、日ハムダルビッシュのような心身ともに充実した大エースに成長してくれることを期待しています。ヤクルトナインも村中に大きな借りを作ってますよ!!

s-P5030003.jpg
アトム生誕80周年にちなんで、ヤクルトアトムズのユニフォームに復刻してのシリーズでした。
写真は、ツバ九郎と手をつなぐアトムです。

交流戦も見に行きたいです!つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:プロ野球
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。