クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホカベン 第4話
2008年05月14日 (水) | 編集 |
 第4話は自己破産がテーマ。悪女にだまされて金を次から次に借りてみつぐ男の弁護を引き受けた灯(上戸彩)。一度は自己破産手続で免責決定が認められますが、次は闇金融に手を出してしまいます。

 杉崎先生(北村一輝):「世の中には救う価値のない人間がいるんだ。人格までは直せない。それは弁護士の仕事ではない」
 灯:「ここで無視することが弁護士の仕事だとは思いません」

 正義感に満ちた一本気な灯らしいセリフですね。ところで上戸彩が母の日イベントでのコメントで、「とても母には厳しく育てられた」と話していましたが、負けず嫌いでまっすぐなところも、私生活の上戸彩と通じるところもあるんでしょうね。プロ根性をみる気がしました。

 今回ラッキーは灯になでられたあと、どこかへ消えちゃいましたね。

 またも余談ですが、上戸彩のSOFTBANKのCM
白戸家「ありがとう。2007年度純増ナンバー1」篇(30秒)のBGMですが、
これ当方のツボ!かつて向田邦子スペシャルで使われていた曲で、
小林亜星作曲 「過ぎ去りし日々」です。 聴くだけで涙腺が危ういです(>_<)
 向田邦子終戦記念ドラマについてはこちらで触れたことがあります。

 今回はあっさりと紹介してしまいました(^^ゞ 杉崎先生の過去が早く知りたい気持ちも・・・
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:ホカベン
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。