クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽と海の教室 夏ドラレビュー1
2008年07月23日 (水) | 編集 |
太陽と海の教室(月9) HPはこちら

【あらすじ】
 有名進学校湘南学館に新しく赴任した櫻井朔太郎(織田裕二)は、破天荒な熱血教師。煙たがる生徒たちをよそにユニークな教育方法を展開し始める。初回は、他校の生徒末吉春臣(中村倫也)に嫌がらせを受ける根岸洋貴(岡田将生)が、水泳対抗戦でわざと負けることを強いられる話。洋貴に好意をもつ白崎凛久(北乃きい)は、洋貴の力になろうと絶えず寄り添っていた。
 洋貴の父親(松重豊)は、末吉の父の下請けとして働いていて、どうしても末吉には頭が上がらない。洋貴としては、父にみじめな思いをさせないよう、末吉の言いなりになっていた。
 櫻井が洋貴の身代わりとして言うなりになることを約束し、根岸は正々堂々と水泳対抗戦で勝利を収める。

【今後の楽しみ】
 第一話の洋貴は父の跡を継いで造船工場をやっていきたいという夢を櫻井の前でふと口にします。
夢を失った高校生たちの本当の夢とは?各人に焦点を当てて、次々と本音が明かされているのが楽しみです。そして、受験に結びつかない櫻井の指導を受ける生徒たちには、有意義な未来が待っているのでしょうか。
 また理事長(小日向文世)の抱える悩みとは?学校の経営上、深刻で重大な問題を抱えているようなのです。

 生徒役の吉高由里子(明日の喜多善男)、濱田学(プロポーズ大作戦)は要注目。そのほかにも、個性的なキャラクター陣が揃いました。北川景子のぺろっと舌を出す感じのお茶目な役は、モップガール同様とても似合っていますね。

ドラマのポスターと同じように、織田裕二が海の中から登場したのには、びっくりしてしまいました。今季ドラマでは毎回取り上げる予定のドラマはありません。随時当方が視聴している各ドラマを紹介していきますね。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:太陽と海の教室
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。