クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎  最終回をみて
2008年09月26日 (金) | 編集 |
シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎 フジテレビ火9(シバトラHPはこちら)

【ごく簡単なあらすじ】
 童顔の柴田竹虎(シバトラ・小池徹平)は、上司の警部補千葉さくら(真矢みき)の命令で、高校、少年刑務所などに潜入して捜査を行う。少年刑務所からの脱走などは、「プリズンブレーク」をイメージしてしまうような感じがありました。
 最初の鬼神の正体がついに明かされることに・・・。実は、宝生美月(大後寿々花)が鬼神とわかり、シバトラは必死に美月の自殺を食い止める。また、千葉さくらの潜入捜査が上司常盤遼子(井上和香)に知れることになり、進退極ってしまうが、最終的には寛大な処分が下される。

【簡単な感想】
 藤木小次郎(藤木直人)と白豚(塚地武雅)の掛け合いが本当に楽しめました。また、大後寿々花の演技力は見ごたえがありましたね。最終的には殺人犯という難役でしたが、素直でストレートな女の子の心のうち、感情の機微を上手に表現していました。柴田竹虎(小池徹平)のまっすぐで誠実な刑事役は、よく似合ってましたね。
 全体で1つの大きな事件を扱っていましたが、学校、樹海、刑務所と場面もさまざまで変化に富み、登場人物のキャラクターが生き生きと描かれており、意外に(?)秀作だったと思います。

 続編はできるかな?(^_^)/
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:シバトラ
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。