クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風のガーデン 第7話
2008年11月21日 (金) | 編集 |
風のガーデン」(番組HPはこちら)の第7話

 過去の記事: 番組紹介記事 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
 
【あらすじ】
 白鳥貞美(中井貴一)は、いったん東京に戻りマンションを整理し、内山妙子(伊藤蘭)や姉(木内みどり)に別れを告げる。再び富良野に戻った貞美はルイ(黒木メイサ)と久しぶりに親子の再会を果たす。貞美の父貞三(緒形拳)はターミナルケアで多忙な日々を過ごしているが、貞美が富良野に帰ってきたことを人の噂で知ることになる。

【他愛のない感想】
 貞美は、身辺整理をしながら、内山妙子に父への遺書を託す。また、姉の家を訪問し、しばらく富良野にいることを告げる。この2人へは、今生の別れを告げているように思えてなりませんでした。貞美の体のことが気がかりで必死の思いでみつめる妙子に、貞美は富良野で会った岳のことを楽しそうに話します。姉との会話では、「姉さん、子供って何を喜ぶんだろう。父親に何をして欲しいんだろう」と問いかけます。残された時間の中で、子供たちにしてやれることを模索する貞美の姿が描かれていました。
 
 富良野では、ルイが父親に会いに行きます。気まずそうに会話がない2人。「よぉ」と貞美が一声かけることにより、2人の間にあった壁が崩れ、心が急接近します。「今でもまだ父さんのことを恨んでいるか?」「よくわかんない。ときどきすごく恨めしくなった。だけど、ときどきすごく会いたくなった」という偽りのない心情を吐露したルイに、貞美は大粒の涙を流します。何でもないことにこだわっていて、無駄にした長い月日が悔やまれてならないでしょうね。変な意地を捨てて、相手にぶつかってさえいれば、こんな溝なんて一瞬で埋まってしまうものなのに・・。人ってつまらないことにこだわって損しているんだなぁと、改めて感じてしまうシーンでした。

 巡廻先の家族で、おじいちゃんの往生を見守ってきた家族たちに貞三は「皆さんとてもよくなさいましたね」とねぎらいの言葉をかけます。家族はおじいちゃんに「よくがんばったね」と声をかけ、自然と拍手がわきおこりました。実に優しく美しい門出を見送る形ですね。 

 巡回先の家族で最後まで患者を看取った貞三は、介護婦との別れ際に、「カマキリさんもこれで終わりだね」と語りかけます。「お疲れのでませんように」と答える介護婦。何と美しく相手に対する思いやりのこもった素敵な言葉なのでしょう。この言葉に強く打たれました。

 次週の予告編で、キャンピングカーで苦痛に煩悶する貞美のもとを訪れ愕然とする父貞三の姿が映っていました。こんな場面は、とても心穏やかにはみられませんね。あまりにも残酷です。涙なしには見られないかもしれません。

 貞美は、少しずつ悟ったような心穏やかな気持ちになってきていますね。父子の確執ができるだけ早く氷解することを祈りながら、乞う次回!
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:風のガーデン
ジャンル:テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。