クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柳家小三治 ドキュメンタリー映画 上映予定
2009年01月31日 (土) | 編集 |
【小三治 ドキュメンタリー映画】
出演: 柳家小三治/入船亭扇橋/柳家三三/立川志の輔/桂 米朝
語り: 梅沢昌代  康 宇政 監督作品  (映画のHPはこちら)

柳家小三治師匠に3年半にわたり密着取材したドキュメンタリー映画が、2/21より公開予定です。桂米朝師匠との対面シーン、スキーをしたり、歌を歌ったりする小三治師匠などもみられるそうです。

上映予定は下記の通り。正確な情報は各上映場所(各HPにリンク)にてご確認ください。
ポレポレ東中野
2月21日(土)~3月13日(金) 11:00/13:30/16:00/18:30

神保町シアター
2月21日(土) 14:00/16:10/18:20
2月22日(日) 11:00/13:10
2月23日(月)~27日(金) 12:00/14:10/16:20/18:45

シネマ・ジャック&ベティ
3月14日(土)~27日(金) 10:30~

横浜にぎわい座
2月28日(土)16:30 開演

名古屋シネマスコーレ
4月12日(日)~4月25日(土) 10:30/12:30

下高井戸シネマ
4月25日(土)~5月1日(金) 13:30~
5月2日(土) レイトショー 21:15~

 比較的地味な作品のはずですが、長い期間上映されるようですので、ぜひ機会をみつけて行ってみたいです。当代随一の噺家小三治師匠をもっとよく知るチャンスです。当方のブログの人気記事でも、小三治師匠に関する古いレポートなどが上位に入ってきています。人気の高さを物語っていますね。

小三治師匠の追っかけを自称しているもうやだですが、次の予定は4/11(土)練馬文化センターでの柳家小三治一門会です。最近プレオーダーでもはずれが2回続いていまして、ちょっと暴れだしそうです(^^ゞ 現在は5/24八王子寄席(HPはこちら)のチケット取りに奔走中。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
ブロガー処世訓?
2009年01月30日 (金) | 編集 |
もうやだの告白と懺悔!?
 いつもながら、ブロ友さまのご厚誼と温かい声援に心から感謝いたします。今日はもうやだのブロガー?としての反省点を掲げ、皆さんで袋叩き?にして頂ければと存じます。

【禁じ手7箇条の巻】
1)頂いたコメントにはすぐ返答しないくせに、もうやだが他家にコメントを残すとすぐにでもそのお返事が欲しくなるm(__)m 

2)自分のサイトの誤字脱字には妙に神経質なくせに、他家にコメントを残すときはやたらと誤字脱字が多いm(__)m

3)特にみて頂きたい記事を書いたときには、やたらと他家を訪問してコメントを残し、間接的に自家へ誘おうとする下心がみえみえであるm(__)m

4)逆に、もうひとつぴんとこない記事や、マニアックな記事を書いたときは、コメントをお願いしにくそうなので、他家への外出を控えるm(__)m

5)コメントを残すときに、ちと自信がない場合は、WIKIなどで下調べをして、あたかも自分が知っていることのような体を装うm(__)m

6)生活時間帯として、明け方くらいまで起きていることもあるのですが、「何でこんな時間に?」と思われたくないので、夜中の外出や足跡は控えるm(__)m

7)他家でのコメントに、「私は」「私は」・・とつい書いてしまう。「あずさ2号」かよ!m(__)m

 いつも気になっているのは、こんなところなんですよね。特に1)2)が罪深いです(^_^;) 横審招集されるかなぁ(^^ゞ 追加項目もどんどん受け付けますです。

別にいいのかな?とも思ったりもしますので、特に皆さんも気にせずお気楽にいきましょう!(爆)レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:ブログや日記
ジャンル:ブログ
本日も晴れ。異状なし 新ドラマレヴュー
2009年01月29日 (木) | 編集 |
  本日も晴れ。異状なし(HPはこちら) TBS日曜夜9時   

【ごく簡単なあらすじ】
 新宿で“マルボウ”対策班として現場最前線で働いていた白瀬遼(坂口憲二)は、沖縄県警との人事交流で沖縄の那瑠美島の駐在として派遣されることになった。日々何の事件も起こらないのどかな島で、島民との温かい交流を深めていく。白瀬は、母親をなくし島を出ようと決めた玉城星太(丸山歩夢)と姉・美波(夏未エレナ)の姉弟の面倒見をあえて買って出るエピソードが第1話。
 無医村の那瑠美島では、島に立ち寄った医師万作(田中実)に島の医師になってほしいと島民が懇願するが、兄で小学校校長の又吉仙吉(近藤芳正)が強く反対する。弟にコンプレックスのある兄仙吉が、弟を嫌って反対しているのだろうと島民は憶測し、兄を強く非難する。ところが、校長は弟の医師としての成功を願っていたという第2話。

【キャストと感想】 
 坂口憲二の巡査役は、ハートフルで直情径行型のキャラクター。ドラマでありがちな「いい人」役ですが、嫌味がなくてさわやかですね。今後も視聴者のモチベーションをうまくリードして高めていくような気がして楽しみです。
 夏未エレナは、ドラマでは初のメインキャストで大抜擢。同じ事務所の堀北真希の妹分とのことですが、ちょっと生意気な中学生を等身大に演じています。ぶーたれた表情が多い中で、時折みせる笑顔が素敵です。成海璃子と少しかぶりますが、なかなかいいなぁって思う部分も多々あります。
 松下奈緒は、「最初は猫をかぶっていますがこれから少しずつ本性が」・・って番組HP(プロデューサーブログ)にあったので楽しみです。ピアノコンサートも開く才色兼備の彼女は、今回音楽も担当しています。
 ベテラン前田美波里の起用というのも面白いですね。たんかを切るこわいおばちゃまと言えば、江波杏子、高島礼子、野際陽子、余貴美子あたりと相場は決まっている?のですが、斬新なキャスティングですね。
 遠藤憲一(エンケン)は、1つ前の「スキャンダル」と連続出演。前作での牙をもがれた狼よりは、今回はド派手な濃いキャラで楽しみです。マルボウ対策班ですが、どっちがマルボウだかってくらい(^^ゞ
 
 南の島での生活描写を取り上げた作品では、「Dr.コトー診療所」、「ジャッジ 島の裁判官 奮闘記」(NHK)などとかなりかぶる部分があります。話の筋自体も、わりとよくある話なので、今後はキャスト陣の魅力でどこまで引っ張っていけるかにかかっているでしょう。

 久々に日曜劇場らしい作品。もともと日曜の夜9時と言えば、おじいちゃんおばあちゃんから、孫まで一家揃って食卓でみるホームドラマというイメージがあります。田村正和主演のマイホームパパ的作品が過去にも多いのも、その一例かなと思ってました。それだけに、1つ前の「スキャンダル」なんかは、おじいちゃんや孫がみても大丈夫かなぁなどと変な心配をしたものです(^^ゞ

【南十字星】
 ドラマでのテーマにもなっていた南十字星。見るチャンスは沖縄本島で1年に5-10回程度、八重山諸島でも10-20回なんだそうですね(こちら参照)。ドラマのロケ地波照間島では、好条件で観測できるんだそうです。波照間島の紹介はこちら日本最南端の碑が建っているのだそうです。

【日本の端?】
 ところで「えっ?」中学受験などでよく出題される日本の東西南北の端は
日本最北端 択捉島
日本最東端 南鳥島
日本最西端 与那国島
日本最南端 沖ノ鳥島
 って教わりますよね。

 波照間島が日本最南端と呼ばれるのは、「民間人が到達できる」最南端という意味だそうです。というのも、沖ノ鳥島は漁業水域確保のため、水没を免れるべくコンクリート工事を施しているからなんですよね。


大きな地図で見る
 沖ノ鳥島は、こんな感じなんですって! ぽつぽつと小さく顔をのぞかせている陸地部分がありますよね。

きつい言い方をすれば、みてもみなくてもどっちでもよいような、何でもない、のほほんとしたドラマです。ただ、何か惹かれるんですよね。いいなぁって思えるところもあったりして。また記事書きながら思考がワープしてしまいました。あっさり感想まででやめとけばいいものを(>_<)レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
クラリネットの名手が続々登場
2009年01月28日 (水) | 編集 |
 今年はクラリネットの名手のコンサートが続々開催予定です。シュミードル、ポール・メイエ、ザビーネ・マイヤーとクラリネットファンならずとも、垂涎のプログラムが組まれています。

【ポール・メイエ】
1)2/20(金) 19:00 トッパンホール
 ドビュッシー:クラリネットのための第1狂詩曲/武満徹:カトレーンII/メシアン:世の終わりのための四重奏曲
 ポール・メイエ/エリック・ル・サージュ/矢部達哉/向山佳絵子

2)2/24(火) 19:00 東京オペラシティ コンサートホール
 ブラームス(クラリネット・ソナタ第1番へ短調)/プーランク(クラリネット・ソナタ)/他
  ポール・メイエ/エリック・ル・サージュ

3)2/27(金) 19:00 東京芸術劇場
 2009都民芸術フェスティバル モーツァルト:クラリネット協奏曲イ長調
 指揮:カルロス・シュピーラー /ポール・メイエ(cl)/NHK交響楽団

【ザビーネ・マイヤー】
4)6/8 (月) 19:00 サントリーホール
 読売日響 第515回 名曲シリーズ/ウェーバー:クラリネット協奏曲第1番
 指揮:下野竜也 クラリネット:ザビーネ・マイヤー

5)6/9 (火) 19:00 東京芸術劇場
 読売日響 第162回 東京芸術劇場名曲シリーズ /ウェーバー:クラリネット協奏曲第1番
 指揮:下野竜也 クラリネット:ザビーネ・マイヤー  

【シュミードル】
6)4/12 (日) 14:00 東京オペラシティ コンサートホール
 ウィーン・プレミアム ウェーバー:クラリネット協奏曲第2番
 トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

※各種チケットは、イープラスチケットぴあにて発売中ですが、3)6)については、1/27時点で完売となっております。 当方は、2)3)5)に出かける予定です。
 世界的名手、メイエ、マイヤー、シュミードルのクラリネット協奏曲が聴けるとは、今年は当たり年ですね。
 
 リチャード・ストルツマン、エディ・ダニエルス、カール・ライスター、オッテンザマーあたりも今後聴く機会があればと期待しております。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング 
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
【CDチェック】 ロココ・ジャズ オイゲン・キケロ・トリオ
2009年01月27日 (火) | 編集 |
【とっておきを紹介するなら?】
 「自己紹介代りに好きなアーチストを1人紹介しなさい」と言われたら、どうします?世評や人気の高いものを紹介したら、「ありきたりで、ふつうだよね」ってことになってしまいますよね。ここぞとばかりに、なけなしの知識をフル稼働しなければなりません。それこそ、「おぉ、ツウですね」って言って欲しいじゃないですか(#^.^#)
 
 色っぽい話をする柄でもないんですが(^_^;)、恋人と別れた後でも、いつかどこかで、「あの人あんな音楽が好きだったなぁ」って思いだしてもらえるとしたら?疎遠になった友人から、「あいつから借りたあのCDよかったなぁ」って思いだしてもらえるとしたら? 皆さんなら「誰の何」ってことになります?それこそ 「もうやだ=○○」って胸を張って言えるものでなくてはいけませんよね。それが、これからご紹介するオイゲン・キケロです。(妙に気合入ってるなぁ(+_+))

ロココ・ジャズ
オイゲン・キケロ・トリオ
 

オイゲン・キケロ(ピアノ)
ペーター・ウィッテ(ベース)
チャーリー・アントリーニ(ドラムス)

1. ソルフェジオ (カルル・フィリップ・エマニュエル・バッハ)
2. スカルラッティのソナタ
3. クラヴサン曲集から小さな一生(クープラン)
4. バッハのソフトリー・サンライズ
5. 幻想曲(モーツァルト 4つの幻想曲より)
6. 神よ、あわれみたまえ(J.S.バッハ マタイ受難曲より)

録音:1965年3月
POCJ-2504


41WZZ4BQTHL__SL500_AA240_.jpg
ロココ・ジャズ

【クラシックのジャズ化】
 さほど多くはありませんが、クラシックのジャズ化の例としては、ジョン・ルイス、ジャック・ルーシェらのCDがあります。しかし、何と言ってもクラシック作品をモチーフにした作品群では、オイゲン・キケロが群を抜いていると思います。オイゲン・キケロ(1940-97)は、ルーマニア出身のジャズ・ピアニスト。まずピアノのテクニックに裏付けられた主題提示の正確さ、そこから繰り出す強烈なアドリブと、変幻自在のドライブ感が素晴らしいです。素材もよく練られ、厳選されたもので、原曲のイメージをとても大切にしています。

【ロココ・ジャズ】
 オイゲン・キケロ(1940-97)は、ルーマニア出身のジャズ・ピアニスト。本作は、デビュー作になります。後年の作品は円熟味や気高さも加わってきますが、ここでは若さのほとばしるようなブルージーな演奏が、3、5曲目などで聴かれます。お薦めは、1、2曲目。1曲目は、猛スピードで提示される主題に続いて、めくるめくアドリブフレーズがこれでもかと繰り出され、軽いめまいさえ思えます。2曲目も上質で気品あふれるソロフレーズが疾走しますが、まるで小鳥がさえずっているような本当によく歌うピアノですね。
  
 CDもわりとたくさん集めてまして、どのアルバムもお気に入りなので、しばらくの間、オイゲン・キケロのアルバムを紹介することにしますね。リスト、ショパン、チャイコフスキーなどなど面白い素材を使ってジャズとクラシックを見事に融合させています。最近、何のネタを書くべきか、少し迷っておりまして、それならいっそのこと、大好きなオイゲン・キケロを紹介してみようってことで始めます。

 You Tube Bach h-minor Swit ご視聴くださいませ。


もうやだは、かつて付き合った人にオイゲン・キケロのCDを「これ聴いてみて」と貸した前科が何度もあります(赤恥もの)。ただ、あれもこれもと貸しまくるのも迷惑がられるので、それ以外のものは一切貸したりしてませんよ~。そう言えば、気に入ってもらえたんでしょうね。別れるときに「このCDもらえる?」って贈呈する羽目になったケースもありました。今の奥タマにはなぜか貸さなかったなぁ(謎)。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へFC2ブログランキング
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
京風うどん しっぽく
2009年01月26日 (月) | 編集 |
 先日映画「怪人二十面相伝」を見に行ったのは、イオンレイクタウン内にあるイオンシネマでした。

 レイクタウン内にはかなりの数の飲食店が入ってまして、何とか制覇したいと思っています。

 今回は京麺ぎおんといううどんのお店。

s-090123_190106.jpg
 しっぽくうどんと、鯖寿司のセットです。

 当方京都生まれですので、うどんは、初上京時には関東の醤油味になかなかなじめず、少しカルチャーショックでした。今は、関東風では鴨南蛮うどんか、力うどんを好んで食べます。
 「しっぽく」はこちら関東では「おかめうどん」と近いですが、やはり関西の「しっぽく」は昔からなじんできた定番メニューでした。さぬきうどん系のお店でも「しっぽく」はあまりないんですよね。そんなこんなで美味しかったです。

 そのほか、例によってチチカカにも寄り道して、壁かけの飾りを買ってみました。ペルーと上に書いてありまして、アルパカの図柄ですね。
s-P12400492.jpg

皆さんはうどん・そばだとどんなのがお好きですか?レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:地域情報
ジャンル:地域情報
ラブ・シャッフル 新ドラマレビュー
2009年01月25日 (日) | 編集 |
  ラブ・シャッフル(HPはこちら)
 TBS金曜夜10時  野島伸司脚本
 
【ごく簡単なあらすじ】
 同じマンションに住む宇佐美啓(玉木宏)、逢沢愛瑠(香里奈)、世良旺次郎(松田翔太)、菊田正人(谷原章介)の4人が、突然の停電でエレベーターの中に閉じ込められる。それぞれに恋愛関係に問題を抱えている4人は、世代が近いこともあって急接近し、お互いのことについて語り合う仲になる。そして、現状打破のためにカップルを交換することに挑戦する。

宇佐美啓(玉木宏)= 香川芽衣(貫地谷しほり)
逢沢愛瑠(香里奈)= 大石諭吉(DAIGO)
世良旺次郎(松田翔太)= 上条玲子(小島聖)
菊田正人(谷原章介)= 早川海里(吉高由里子)

【感じたことなど】 
  既存のカップルは上の4組ですが、これからはいろんなヴァリエーションがみられるようです。それぞれのカップルの抱える問題点や、誰と誰がカップルかという点をスムーズに紹介し、見る側も無理なくシチュエーションに入っていけるあたりは、野島脚本の技ですね。

 玉木宏は主役というには、はっきりとした個性が出てきません。のだめでの千秋役がずばりはまっていただけに、そこからの脱皮を大いに期待したいところ。
 香里奈貫地谷しほりの2人は、自然体の演技ですが、持ち味や魅力がとても良く出ていると思いました。他の俳優陣を完璧に食っちゃっていますね。
 谷原章介は、連ドラ出演がとても多いですが、2枚目半的な他のドラマとかぶるキャラクターが多いですね。「学校じゃ教えられない」の校長役のような、不思議な役をぜひ当ててほしかったです。
 吉高由里子を起用したのも大変面白いですが、ここでの役は思いっきりどんより暗い役。こちらまで、何だか気が滅入ってしまうような心持になります。
 DAIGOは、連ドラ初出演。バラエティでみるときは、少しとぼけたような面白いキャラクターで、当方もわりと好きなのですが、ドラマのようにあてがわれる役を演じるのは、どうもみていて面白みがありません。ふだんのキャラクターに近い役をやらせてあげればよかったように思います。

次回以降もチェックするかどうかは微妙です。コメディなのにあまり笑えないのも難点か?レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
テーマ:ラブシャッフル
ジャンル:テレビ・ラジオ
K-20 怪人二十面相伝
2009年01月24日 (土) | 編集 |
K-20 怪人二十面相・伝 (HPはこちら

2008年東宝 監督・脚本:佐藤嗣麻子
出演:金城武/松たか子/仲村トオル/國村隼/高島礼子

56545656.jpg

【簡単なご紹介】
 怪人二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師遠藤平吉(金城武)。明智小五郎(仲村トオル)と婚約者羽柴葉子(松たか子)とともに、怪人二十面相をおいつめていく。
 バットマンさながらに帝都をビルからビルへと駆け抜けるアクションが際立っていました。また、ビル爆破装置など手の込んだ科学兵器にも目を奪われました。

 金城武の颯爽とした身のこなし、仲村トオルのクールな明智小五郎が魅力的ですが、良家の令嬢松たか子のはじけっぷり、天然ぶりもとても楽しいです。昭和初期のレトロな街並みもCGで再現されていて、どこか懐かしい雰囲気にも浸れる映画ですね。

 羽柴侯爵の大滝秀治のすっとぼけた味、謎の男鹿賀丈史の奇怪な行動、敏腕そうなサーカス団長小日向文世のキャラクターなど名脇役陣でも楽しませてくれました。松重豊は、金城武の向かい側の牢獄にいる囚人役。出番は一瞬ですが、印象に残る役柄でしたね。この松重豊氏は、「ありふれた奇跡」でも左官職の同僚として加瀬亮といっしょに働いている中年男の役です。無表情でセリフも極端に少ないですが、独特のいい味を出してくれてると思います。

口の減らない奥タマは、松たか子はウェディングドレスよりも、家着のちゃんちゃんこの方が似合ってたなどとのたまっておられました。そんなことないっすよ~ とてもドレスも似合ってて素敵でした。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:日本映画
ジャンル:映画
N響 ロビー室内楽 1/16
2009年01月23日 (金) | 編集 |
N響 定期公演 ロビー室内楽 
1/16(金)18:15開演 
 於:NHKホール内 北側ロビー

E.シュトラウス:ポルカ「エン河のほとりで」
ランナー:ワルツ「求婚者」
J.シュトラウス:ワルツ「春の声」
J.シュトラウス1世:ギャロップ「若人の情熱」

森田昌弘、松田拓之(vn) 坂口弦太郎(va) 西山真二(cb)

 【ニューイヤー プログラム!】 
 本公演開催前に行われるロビー室内楽。今回はニューイヤーコンサートのプログラムを企画してくれました。若手4人のカルテットによる明るく弾むリズムは、とても楽しいサプライズでした。今回の演奏は録音され、FMでも放送される予定だそうです。

 一昨年は12月定期の際に打楽器奏者によるクリスマスプログラムが組まれたことがあって、とても楽しかったのですが、それ以来の好企画でした。4曲とも短い曲ですが、ウィーン気質の気品あふれる小粋なアンサンブルだったと思います。

 ニューイヤーの演目って言うのも数限りなくあるんですね。今年は、本家のニューイヤーをテレビ鑑賞したほか、新日本フィル、ウィーン・リング・アンサンブルとニューイヤー尽くしだったのですが、演目はほとんどかぶらないですね。次から次へ新鮮な感覚で楽しめるように思います。もちろん、青ドナとラデッキーはお約束なんでしょうけど。

 今回はロビー室内楽のフロアで、FM放送の公開録音への参加者を募っていました。これはラッキー!無料ですし、2/1(日)には予定入ってなかったので!弦楽四重奏ほかの室内楽編成での演奏です。NHKスタジオ内に入るのも初めてです!

ロビー室内楽は、座席自由・先着順ですので、ロビーで良い席を取るために、皆さんは開場30分前くらいから列を作ってますね。せめて開場15分前には並んでおかないと、かなり後ろの方の席になってしまいます。会場に入ると真っ直ぐに廊下を突っ切って、一目散に奥のロビーへ疾走?します。走ると係りの人に注意されますので、競歩並みのスピード+係員がいないところで軽くダッシュみたいな感じです(汗)。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
国会で漢字テスト?
2009年01月22日 (木) | 編集 |
 えっ?まじですか。国会で麻生首相に漢字テストが出されたんだそうです。(こちら参照
 暇なことやってますねぇ。

〈1〉就中〈2〉唯々諾々〈3〉揶揄〈4〉畢竟〈5〉叱咤激励〈6〉中興の祖〈7〉窶し〈8〉朝令暮改〈9〉愚弄〈10〉合従連衡〈11〉乾坤一擲〈12〉面目躍如 〔答えは一番下〕

 もうやだは、(1)と(7)はちょっと考えましたが、何とかセーフ。
 (6)とか(8)とかはどう読み間違えるんでしょう。麻生さんに、もし抜き打ちでやらせてたら、面白い回答が得られたのかも。国会の答弁書は事前に配布されるから、予習する時間があったのだそうな。
 (12)面目躍如は「めんめようじょ」(ボンボヤージュみたいでしょ!?)なんて読んでくれてたのかも?

 この漢字テストの前に、首相は、以前読み間違えた「未曾有」を「みぞう」と正しく音読して、場内から「おぉ」と歓声が上がったのだそうです(爆)

 ところで、麻生氏の誤読例 未曾有=「みぞうゆう」って、何となく「さしみじょうゆ」とか、オウムの「じょうゆう」とかと語感が似てません?
 踏襲=「ふしゅう」って、くさったにおい(腐臭)なのかなぁ。

 「みぞうゆうTシャツ」なんてのも売ってるそうです。(こちら参照)なんだか大笑いしちゃいました。

小学生の間では、漢字が読めないと、「麻生」と呼ばれ、「あっそう」と返すのが流行っているそうです。大不況のさなかだというのに・・・。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング

〈1〉なかんずく〈2〉いいだくだく〈3〉やゆ〈4〉ひっきょう〈5〉しったげきれい〈6〉ちゅうこうのそ〈7〉やつ(し)〈8〉ちょうれいぼかい〈9〉ぐろう〈10〉がっしょうれんこう〈11〉けんこんいってき〈12〉めんぼくやくじょ 
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
N響 定期Cプロ 1/16
2009年01月21日 (水) | 編集 |
N響 定期公演 Cプロ 
1/16(金)19:00開演 
 於:NHKホール

1. ウェーベルン:パッサカリア 
  2. マーラー:交響曲第10番から「アダージオ」
  3. R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」

指揮:デーヴィッド・ジンマン
NHK交響楽団


 【楽曲と感想】 
 今年73歳になる指揮者デーヴィッド・ジンマン氏は、N響初タクトです。しかも日本のオケを振るのも初めてということです。アメリカ人ですが、ピエール・モントゥ氏に見出されたことで、ヨーロッパの伝統もしっかりと踏まえた指揮者です。
 Cプロでは、ウェーベルン、マーラー、R.シュトラウスという3人の作曲家を取り入れており、彼らは19-20世紀にかけて活躍した作曲家ですので、近代ものとでもいうべき演目が集められていました。

 「ウェーベルン:「パッサカリア」は、対位法的変奏技法を用いた作品で、半音階的な単体の音の動きを組み合わせ、つづれ織りのように楽曲が構成されています。旋律をさらに根源的な単音に分解したものが、結びあい融合しながら独特な音楽空間を生み出していました。不思議な宇宙的な感覚を覚えましたね。

 「マーラーのアダージオ」は、マーラーの未完で最後の交響曲第10番のうち作曲者の原案がほぼ残っていて補筆なしで演奏できる部分なのだそうです。マーラーの白鳥の歌とでもいうべき作品で、荘厳さの中にひそむマーラーの叫び・感情表出が印象的です。

 「R.シュトラウス:「ツァラトゥストラはこう語った」」は、哲学者ニーチェに捧げられた一大絵巻です。ジンマン氏のややストイックに抑えたトーンでの精緻な構成力が光る演奏でした。

正直言うと、良し悪しをじっくり語れるほど聴きこんでる楽曲群ではありませんので、私にとってはまずはひたすら謙虚にお勉強という体の演奏会でした。ところで、全然関係ないですが、各演奏会でコンマスが誰かというのも、演奏会選別の際、大きい材料になると思うのですが、案外事後に発表になることが多いですよね。前売りの段階で発表してもらえないもんでしょうかねぇ。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
銭ゲバ 新ドラマレビュー
2009年01月20日 (火) | 編集 |
 銭ゲバ(HPはこちら) 日本テレビ土曜夜9時

 ジョージ秋山原作の1970年発表の漫画「銭ゲバ」のドラマ化作品。ジョージ秋山の代表作と言えば、「浮遊雲」ですね。

【ごく簡単なあらすじ】
 極貧の中で生まれ育った蒲郡風太郎(松山ケンイチ)は、貧乏がゆえに学校ではいじめられ、給食費が払えないことを担任の先生にもなじられる。同級生の三国茜の家に呼ばれた風太郎は、お菓子を盗もうとして蔑まれ、母とならんで頭を下げる。父(椎名桔平)はそんな家族からでも暴力をふるってお金を巻き上げようとする。そんな非道な父に抵抗しようとして風太郎は眼に痛々しい傷を負うことになる。
 
 母(奥貫薫)は貧しさのため薬を買うお金もなく、それが原因で死亡する。貧しさが母を殺したと信じる風太郎は、貧困を呪いお金に極端に執着するようになる。そしてお金に妄執する風太郎は、財布を盗んでまでお金を欲しがり、それを見とがめた近所の青年をバットで撲殺する。

 一方、現在の風太郎は、まるで刑務所を思わせるような非人間的な職場での過酷な肉体労働に従事している。解雇された同僚は、風太郎の部屋に忍び込み、畳の下に敷き詰めてある大量のお札を盗み出そうとするが、風太郎は情け容赦なくその同僚を撲殺する。
 そして、職場を解雇された風太郎は、富豪の三国家に狙いを定め、故意に三国家の自家用車に飛び込む。

【息をつかせぬ面白さ】
 何の予備知識もなく見始めたのですが、このドラマ面白いですね。少年期と現在とがオーバーラップしながら話は展開していきますが、お金に妄執する主人公風太郎のような奇異な人間像がなぜできあがってきたかが、簡潔明快に描かれています。

 話の内容自体はリアリティの面で、いかにも作り話っぽい極端さも否めませんが、それをスピーディーな脚本と、巧みなカット割り、画面に漂う緊張感によって迫真性を高めています。「嘘と知りつつ引き込まれてしまう」という印象。

 要所要所を適切に突いた物語展開は、スリリングでインパクトがあります。「実に面白いなぁ」と思っていたらエンドロールで大いに納得。岡田惠和(よしかず)脚本(一覧はこちら)だったんですね。前作「無理な恋愛」の内容が少し残念だった分、今回の出来栄えはなかなか良さそうで今後が楽しみです。

原作は1970年の作品なので、富裕な三国家は造船王という設定になっています。当時日本は造船王国だったのですが、少し時代を感じますね。現在では韓国が世界一の造船国です。

 アブノーマルで特異なキャラクターを描いた作品だけに、土曜9時という中高生ターゲットの視聴者が多い時間帯はちょっと危険な気もします。深夜枠向けのようなディープな内容ですね。

【個性的なキャスト】
 松山ケンイチの銭ゲバ像はなかなか迫力がありますね。思いつめたような、所詮世の中カネだというシニカルな演技が板についていてさすがです。
 
 奥貫薫の極貧の母という設定も、いかにも納得です。この人薄幸の女性を演じさせたら天下一品です。木村多江かこの人か甲乙つけがたい「うまさ」ですね。
 
 椎名桔平の鬼のように非道な父親役も面白いですよね。目がすわっていて、情け容赦ない父親に徹しています。

 石丸謙二郎の実に嫌味な職場管理者。こんな人世の中にいるか?というくらい徹底した嫌な奴を演じてますね。

 光石研は、少年風太郎を見守る伊豆屋の店主。この人、緒形拳と同じ事務所の後輩として、常々目をかけられてきたそうです。ここにきて映画・ドラマと引っ張りだこの名脇役に成長しましたね。 

「何でも録画してまずは見てみよう」というスタイルでいつもドラマをみています。というのも、今回のドラマのように予期せぬ「当たり」をつかむ楽しみがあるからです。レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
テーマ:銭ゲバ
ジャンル:テレビ・ラジオ
レコードファン感謝祭
2009年01月19日 (月) | 編集 |
レコードファン感謝祭 廃盤CDディスカウントセール 

 恒例のレコードファン感謝祭が始まります。(詳細はこちら
 レコード会社各社の協賛による廃盤7割引セールなどをメインとしたネットでの期間限定販売です。

Ⅰ. 販売期間: 2009年1月23日(金)15:00開始 ~ 2009年2月6日(金)15:00終了
邦楽: J-POP、演歌・歌謡曲、バラエティ
他: カセットテープ、VHSビデオ他、輸入盤(CD,アナログレコード他)、特価LD

Ⅱ. 販売期間: 2009年1月30日(金)15:00開始 ~ 2009年2月6日(金)15:00終了
洋楽: POP・ロック、ジャズ、クラシック

 僭越ながらアドバイス!事前に発売CD一覧を見ることができます。ある程度これとこれという風に購入予定のものを決めておかれた方が良いと思います。人気CDは発売と同時に即完売しますので、「よーいどん」とばかりに購入ボタンを連打! もうひとつ。登録は発売開始時では遅いです。事前にやっておきましょう。上記の販売期間ですと、クラシック、ジャズは後半勝負。前半の輸入盤でも意外な掘り出し物がみつかるかも。

 サイトの情報では、アーチスト名のところにレコード会社名が書いてあったりと、不完全な情報が多いです。演奏者などの詳しい情報を調べるには、品番をもとに1つ1つ検索するとよいでしょう。 ただ、逆に言えば、一見何だかわからないCDの中にこそ掘り出し物があるかもしれませんし、何だかわからない分、ライバルも少ないというメリットがあります。
 
 もうやだは、数年来こちらで大量にCDを仕入れておりまして、もうやだにとってのビッグイベントの1つなんですよね。ここで目ぼしいものまとめ買いしますので、1年通してここでしか購入しなかったという年もあります。

 ライバルも多くて、かなり激烈な競争が予想されるこのサイトをご紹介するのは若干抵抗がありました。情報提供したことにより、自らがますます不利になってしまうからです。

 だったら何で?右下の列にある人気記事一覧をみておくんなまし。1位は「2009 都民芸術フェスティバル」 2位は「カレンダープレゼント」なのでござりまする。情報提供系の記事が人気記事になってますよね。「所詮はアクセス数稼ぎかよ?」「どきっ!そそ、その通りなんです(^^ゞ」 猛ダッシュ!ピョーン°゜°。。ヘ(;><)ノ

1/16に行ったN響定期の記事も書かなきゃいけないし・・。ブロ友さまの記事もチェックしなきゃいけないし・・・。昨日一日遊び呆けている場合じゃなかったかなぁ(+_+) 5年ぶりくらいに会う友人と遊んできました~レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コンサートのバッティング
2009年01月18日 (日) | 編集 |
 コンサート失敗談(記事はこちら)の続きです。
同日同公演のチケットを誤って購入するというヘマを立て続けに2回もやっちゃいました(>_<)

QUESTION:もうやだは、苦渋の末にどちらのコンサートへ行くことにしたでしょう?

【A】 NHK交響楽団
2009年2月27日(金) 19:00 東京芸術劇場 大ホール
指揮:カルロス・シュピーラー クラリネット:ポール・メイエ
曲 目: モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲 K.492
       モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
       リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35

【B】 東京フィルハーモニー管弦楽団
2009年2月27日(金) 19:00 サントリーホール
指揮・ピアノ:チョン・ミョンフン ヴァイオリン:スヴェトリン・ルセヴ
ヴィオラ:須田 祥子(東京フィル 首席ヴィオラ奏者) チェロ:ルイジ・ピオヴァーノ
曲 目:  ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 op.25
       ブラームス/ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調
       ブラームス(シェーンベルク編)/ピアノ四重奏曲第1番 ト短調

さてどうでしょう? 判断する材料は下記6点!

1) もうやだは、N響信者?であるかのごとく、定期会員でもある。
2) ポール・メイエ(クラリネット)については常々礼賛している。
 ・昨年は、自分の誕生日にメイエのコンサートにでかけた(記事はこちら
 ・メイエのCDをお薦めCDとして2つも取り上げている(こちらこちら
3) もうやだは、モーツァルトのクラリネット協奏曲を狂信的に愛好しており、カテゴリーにまでクラコン聴き比べという項目を設けている。
4) チェロのピオヴァーノ氏を絶賛する記事(こちら参照)を書き、さらに、昨年のベストコンサートの1位に選んでいる(記事はこちら)。
5) 今最も力がみなぎっている指揮者、チョン・ミョンフン。
6) 座席の位置で言うと、Aのポール・メイエは3階F列、Bのチョン・ミョンフンは1階8列です。

皆さんなら、この究極の選択。どちらを選びますか?

【ぼやき・・】
 む、むごい(+_+) 偶然とはいえ、行きたいのが同日に重なるだなんて!しかも、2月は今のところこの日しかコンサート予定はないんですよ。

1月9日には、こんなバッティングをしてしまいました。

 1)日本フィル さいたま定期
 2009年1月9日(金) 19:00~ 大宮ソニックシティ大ホール
指揮:アレクサンドル・ラザレフ  ヴァイオリン:山田晃子
【曲 目】 チャイコフスキー/戴冠式祝典行進曲
      チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲
      ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」

 2)日本赤十字チャリティコンサート
 2009年1月9日(金) 19:00~ サントリーホール
古川展生(チェロ) 村治佳織(ギター)
藤岡幸夫(指揮) 東京都交響楽団(オーケストラ)
【曲 目】 グルダ/チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲
      ロドリーゴ/アランフェス協奏曲
      ストラヴィンスキー/バレエ音楽「火の鳥」組曲(1919年版)

 結局1を選びまして、2はオークションで買っていただきました。半額スタートで、定価を即決価格として出品しましたら、即日即決価格で購入してくださった方がありまして、大変助かりました。村治氏のアランフェスは以前聴いたことがありました。一方で、日本フィルのさいたま定期は、ラザレフ氏の就任後初公演ということもあって1を選びました。

正解は今度発表しますね~。O型のもうやだは、案外頑固なので、皆様のアドバイスをせっかく頂いても、聴く耳をもっているか多少あやしいです(^_^;)レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
ふたりの奇跡 シャルル・アズナブール
2009年01月17日 (土) | 編集 |
51ItHNKh9bL__SL500_AA240_.jpg
ふたりの奇跡 
 
 稀代のシャンソン歌手、シャルル・アズナブールと不世出のキラ星歌手たちとの珠玉のデュエット集です。心をわしづかみにされてしまうような迫力と、凄味をひしひしと感じます。黙想して歌の中に自らも没入して一体化したいような衝動にさえ駆られてしまいました。何だろうこのあふれんばかりの歌心。丁々発止火花を散らすというスタイルとも違いますね。歌っている2人は、どちらが主役でもありません。心を1つにして歌い上げています。そして単純に×2ではなく、∞×∞によって出来上がった作品群ですね。とにかく濃いですよ。のめりこみますよ。1曲、一瞬たりとも聴き逃せない、そんな迫力と内容を持ったCDです。

ふたりの奇跡
シャルル・アズナブール
 


《DISK1》
1. 君と私 with セリーヌ・ディオン
2. 哀しみのヴェニス with フリオ・イグレシアス
3. 船は去った with プラシド・ドミンゴ
4. 八月のパリ with ラウラ・パウジーニ
5. 帰り来ぬ青春 with エルトン・ジョン
6. それがわかれば with ジョニー・アリデー
7. 愛のために死す with ナナ・ムスクーリ
8. 恋は一日のように with スティング
9. ラ・ボエーム with ジョシュ・グローバン
10. 君の名 with キャロル・キング
11. 青春の思い出 with ポール・アンカ
12. 想い出をみつめて with ヘルベルト・グレーネマイヤー
13. ひとりの若者 with エディット・ピアフ

《DISK2》
1. 帰り来ぬ青春 (英語) with エルトン・ジョン
2. 声のない恋 with ライザ・ミネリ
3. 恋は一日のように (英語) with スティング
4. ヤング・アット・ハート with フランク・シナトラ
5. 愛のために死す (英語) with ナナ・ムスクーリ
6. 忘れじのおもかげ(シー) with ブライアン・フェリー
7. 青春の思い出 (英語) with ポール・アンカ
8. 君と私 (英語) with セリーヌ・ディオン
9. ラ・ボエーム (英語) with ジョシュ・グローバン
10. 船は去った (スペイン語) with プラシド・ドミンゴ
11. 君の名 (英語) with キャロル・キング
12. それがわかれば (英語) with ジョニー・アリデー
13. 八月のパリ (イタリア語) with ラウラ・パウジーニ
14. 想い出をみつめて (ドイツ語) with ヘルベルト・グレーネマイヤー
15. エヴリバディ・ラヴズ・サムバディ・サムタイム with ディーン・マーティン          


 本作は2008年12月にリリースされた作品。 聴けば聴くほどお気に入りの曲が増えてきそうですが、今一番のお気に入りはナナ・ムスクーリ(大好きなアーチストです!過去の記事はこちら)とのデュエット曲「愛のために死す」です。
 セリーヌ・ディオン、フリオ・イグレシアス、プラシド・ドミンゴといった歌の化身ともいうべき驚異的な歌唱力をもった歌手たちとの共演はもちろんですが、エルトン・ジョン、スティング、ブライアン・フェリーらのロックシンガーとの共演は、実に味があります。独特の表現力にすごいインパクトがあります。
 ジャンルを超えた豪華な共演です。表現の方法は違っても、道を極めた人にとっては、「音楽のジャンルなんて関係ないね、音楽は1つなんだよ」っていうメッセージとしても受け止めました。

 一昨年のシャルル・アズナブールのさよなら公演では、涙ながらに別れを告げました。こんな素敵な形で再会できる喜びをかみしめています。
 さよなら公演では年齢を全く感じさせない熱唱と魂の叫びに、胸をえぐられる思いでした。後ろの座席にいたアメリカ人が、「私にとって『ラ・ボエーム』は青春そのものです。ボストンから飛行機で駆けつけました」と上気した声で英語で私に話しかけてきました。「わたくしとて全く同じ思いです。」とうまく言えず「Same to You」とか何とか答えた覚えがあります(滴汗)。

【CD屋めぐり】
 下品な話ですが、CD屋を物色しているときって、途中でおしっこがしたくなることが多いんですよね。それだけ延々時間をかけて物色しているからかもしれません。
 HMVではまずクラシック売場で、まとめて買ったら20%引きというコーナーをうろうろしてたら、1枚は決まっても他が決まらず断念。次にジャズボーカルをいろいろ見てたら欲しいのもいくつかありましたが、「これ持ってたっけ」という不安が。よく同じの買っちゃうんですよね。ぼけかかってますので(^_^;)それで、ここもあきらめてワールドコーナーへ。ハワイアンのテレサ・ブライト、ブラジルのガル・コスタ欲しいなあと思ったけれど、ここでも重複購入かという不安がよぎりました。トイレに行って帰ろうと思ったとき、このCDみつけました。ポイントが2500円分あったのでラッキー!700円でゲット!

 こんなCDが去年の暮に出てたなんて初めて知りました。情報過多の時代ですが、本当に欲しい情報って耳に飛び込んでこないもんですね。DM商法じゃないけれど、「このおっさんには、これとこれを売りつければ必ず買うから、うっしっし。超わかりやすいばかだなぁ。パブロフの犬じゃねぇんだから(爆笑)」というような悪徳商人がいて商売してくれたら楽なんですけどね。もうやだは絶対喜んでひっかかりますよ。

【デュエットアルバムでは】 
 デュエットアルバムでは、こんなアルバムも大好きです。
410NDAS43XL__SL500_AA240_.jpg
 イヴ・デュテイユ  ぼくと彼女たちの間には
 これも当方にとって100点満点の作品。リアーヌ・フォリー,エンゾ・エンゾ,ジャンヌ・モロー,ヴェロニク・サンソンら女性シンガーとのデュエット。男女の語らいや談笑が伝わってくる味わい深い作品です。シャンソンの醍醐味がふんだんに詰まっています。
 
41TYFQPFZRL._SL500_AA240_[2]  516P612SM9L__SL500_AA240_.jpg
 フランク・シナトラ Duets  Duets II
 豪華な共演者には驚くばかりです。しかも晩年の絶唱!声に衰えの出てきたシナトラの「聴かせる技」をご堪能下さい。

かっこつけずに生の心情を並べると、「うげっ、何これ」「うひゃ~ たまらん」「うーん、まいった~」「けぇ~ やめて~」そんな言葉にならぬ溜め息がこぼれ出てきます。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:シャンソン
ジャンル:音楽
追悼 フレディー・ハバード
2009年01月16日 (金) | 編集 |
【フレディー・ハバードの思い出】
 昨年12/30、新聞の片隅にジャズトランペッターの雄 フレディー・ハバード氏永眠の記事が載っていました。
s-2009-1-15-0000111.jpg

 フレディ・ハバード氏といえば、ハービー・ハンコック率いるVSOPの一員としても鳴らしたトランペット奏者ですね。1980年代だったか、新宿厚生年金ホールで行われたフレディ・ハバード氏をリーダーとするライブに行ったことがあります。会場はガラガラで、まばらにいるお客に向かって、彼がトランペットを振りながら、前の方にみんな出ておいでという合図を送っていたのが思い出されます。

【過去の輝かしいジャズ・トランペッターたち】
 ジャズトランペットと言えば、マイルス・デイビス、ルイ・アームストロングの2人が知名度では双璧ですが、クリフォード・ブラウン、アート・ファーマー、チェット・ベイカー、リー・モーガン、ケニー・ドーハム、ディジー・ガレスピー、サド・ジョーンズなどなど。個性的で輝かしいリーダーたちがたくさん思い浮かびます。ただし、いずれも故人です。現役のトランペッターでは、ウィントン・マルサリス、ランディ・ブレッカーくらいしか有名実力者を拾い上げることは難しいですね。

 時代のリーダーとして君臨した彼らがほとんど故人。フレディー・ハバード氏の死去により、また歯が抜けたような感慨を受けてしまいました。黄金期のようなスタープレイヤーが目白押しだった時代と比べて、若手・中堅の層が薄く、偉大なる故人たちの死によりぽっかり空いた穴をうめることができていませんね。

【ジャズは死んだの?】
 先日の富士通コンコードジャズフェスティバルでのジャムセッションでも、花形サックスプレーヤーとしてフランク・ウェス(1922年生)を招へいしました。ジャズ界の大看板4人による ザ・カルテット・・・ハービー・ハンコック(1940年生)、ロン・カーター(1937年生)、ウエイン・ショーター(1933年生)、ジャック・デジョネット(1942年生)。さらには東京ジャズフェスティバルでのハンク・ジョーンズ(1918年生)。

 いずれも非常に高齢ながら、レベルの高い演奏を繰り広げました。そこに感動を覚えたことは事実ですし、異を唱えるつもりはありません。しかし、お客さんを呼べる看板スターが、65~90歳のアーティストに集中しているという点はどうなんでしょうね。ジャズは死んだのでしょうか? 過去のジャズジャイアンツに肉薄する若手人気奏者は育っていないのでしょうか?

サックス、トランペットの層が極端に薄くなった一方で、ピアニスト、ボーカリストは才人が数多くいますよね。ジャズを過去の遺物にしないよう新人にも着目していきたいと思っています。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
続きまして 浅草寺参詣の巻
2009年01月15日 (木) | 編集 |
続きまして、成田山帰りに浅草寺へ行って参りました!
s-P1120028.jpg

本堂への参道は長蛇の列。
s-P1120030.jpg

s-P1120042.jpg

参道にあるペット用品店に多種多様なぬいぐるみが!よっしぃと同じ犬種(ワイヤーフォックステリア)はあるかな?
s-P1120038.jpg

おっと、発見!ほとんどみかけない貴重なものですね。
この写真を帰宅後奥タマに見せたら、「何で買ってこなかったの」とのこと(>_<)。「家に本物がいるから別にいらないじゃん」という言葉を呑みつつ、「今度行ったら買おうね」ってなことに。
s-P1120037.jpg

これは何でしょうね?お店の裏側はこんな風になっています。このシャッターは何でしょうね?元旦など超混雑時には、裏通りにも販売用の窓口を作るんでしょうか?ご存じの方がいらっしゃったら、教えてくださいませ。
s-P1120034.jpg

実はこの成田山と浅草寺を回ったのは両親が申し込んでいたバスツアーなんです。母は今週末長崎旅行にでかけますので、大事を取ってこのツアーは不参加。当方が代わりに参加しました。平均年齢が軽く還暦を超えるこのバスツアーに1人混じる中年のもうやだ・・・。なぜか最年少のもうやだは、おばさまたちに可愛がられるハメになってしまったのでした(冷汗) ありえねぇ~レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
成田山参詣の巻
2009年01月14日 (水) | 編集 |
 成田山詣でに行ってきました。
 今年は、元旦に近所の神社に初詣、そして、4日には七福神めぐりに行ってきました。何とも信心深い1年になりそうです。

 大学生の頃から関東在住なのですが、成田山へは初めてでした。

s-P1120018.jpg

成人の日でしたが、多くの人で賑わってましたね。
s-P1120022.jpg

縁起物の熊手を購入しました。
s-P1120046.jpg

 何で熊手の形をしてるんでしょう?
 調べてみたら「福を掻き集める」といういわれからくるものなんだそうですね。

成田山キューピーです。
s-P1140047.jpg

タクシーには、交通安全のお守りがかけてありますよね。関東は成田山、京都は八坂神社、福岡は太宰府天満宮という大ざっぱな定番イメージがあるんですよね。でも川崎大師とか高幡不動なども交通安全にご利益があるとか。オールラウンドなご利益がある社寺の方が多い気もしますね。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
ウィーン・リング・アンサンブル in 田園ホール・エローラ
2009年01月13日 (火) | 編集 |
ウィーン・リング・アンサンブル
ニューイヤー・コンサート
 
1/11(日)19:00開演 
 於:田園ホール・エローラ

J.シュトラウスII :オペレッタ『こうもり』序曲/ヨゼフ・シュトラウス :ワルツ『オーストリアの村つばめ』 /J.シュトラウスII :シャンペン・ポルカ op.211/レハール :オペレッタ『メリー・ウィドウ』から「マキシムへ行こう」 /J.シュトラウスII :ワルツ『加速度』 op.234/ポルカ・シュネル『観光列車』 op.281/オペレッタ『インディゴと40人の盗賊』序曲/ツィーラー :ポルカ『生粋のウィーン子』/ワルツ『ウィーン娘』/ポルカ・シュネル「気も晴ればれと」 /J.シュトラウスI :ケッテンブリュッケ・ワルツ op.4 /J.シュトラウスII:オペレッタ『騎士パスマン』からチャルダーシュ
《アンコール
J.シュトラウスⅡ:ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」/J.シュトラウスⅡ:ワルツ「美しく青きドナウ」/J.シュトラウスⅠ:ラデツキー行進曲
ライナー・キュッヒル (ヴァイオリン)
  エクハルト・ザイフェルト (ヴァイオリン)
  ハインリヒ・コル (ヴィオラ)
  ゲアハルト・イーベラー (チェロ)
  アイロス・ポッシュ (コントラバス)
  ウォルフガング・シュルツ (フルート)
  ペーター・シュミードル (クラリネット)
  ヨハン・ヒントラー (クラリネット)
  ギュンター・ヘーグナー (ホルン)



【世界最高峰のアンサンブル】 
 ウィーン・リング・アンサンブルは、ウィーンフィルの主要メンバー9人で編成されたユニットで、1991年以来毎年新春にニューイヤーコンサートが催され、今年で17年目となります。ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット2、ホルンの計9人です。
 
s-2009-1-13-0000.jpg

おなじみのシュトラウス父子の作品をメインにすえながら、レハールやツィーラーらの知名度のやや低い作品を発掘紹介する貴重なプログラム構成でした。冒頭の「こうもり」から、その完成度の高さと緩急自在のアンサンブルに度肝を抜かれました。ウィーンフィルのコンサートマスターでもあるキュッヒル氏のヴァイオリンが、全編で旋律を奏でる中で、シュルツ氏のフルート、シュミードル、ヒントラー氏のクラリネットが華やいだ味付けを加えます。キュッヒル氏の演奏スタイルは、派手さや虚飾を一切排除するような質素で堅実な味わいのヴァイオリンですね。一糸乱れぬアンサンブルに、ウィーンの香りが漂う絶妙なアンサンブルでした。

 キュッヒル氏はあくまでもクールな演奏スタイルですが、シュルツ氏、シュミードル氏、ヒントラー氏らは、鳥笛を使ったり、シャンペンポルカでは口でポンと音を出したりと、おどけた雰囲気、ユーモラスな魅力もみせてくれました。笑顔もしばしばこぼれる楽しい演奏でした。

s-P1110015n.jpg
 夜の闇に浮かび上がる田園ホール・エローラです。

 【田園ホール・エローラ】
 田園ホール・エローラ(HPはこちら)は、埼玉県松伏町にあるホールですが、関東在住の方にもややなじみの薄いホールだと思います。東武伊勢崎線北越谷駅からバス、または武蔵野線吉川駅からバスというアクセス方法しかない不便な場所にあります。しかし、故芥川也寸志氏が設計した音楽ホールということで、音響効果も非常に優れたホールでもあります。そんなこともあって、天下のウィーンフィルの皆さんが演奏する場所としても選ばれたわけなんでしょうね。当方は当ホールがホームグラウンドです。


大きな地図で見る

 当ホールでは、毎年東京ビヴァルディ合奏団、同楽団のチェロ奏者渡部宏、ジャズピアニストの木住野佳子らのコンサートが催されます。室内楽やアコースティックジャズの公演が組まれることも多く、隠れた名ホールなんですよね。

 ウィーンフィルの皆さんは、9日間の滞在で全国8公演を行うハードな日程。特に今回の松伏町の帰りは、おそらく都内のホテルに戻って、翌朝離日するのでしょう。都内まで1時間強はかかりますし、かなりお疲れだと思います。遠路はるばるどうもありがとうございました。
 
今回の公演は最後部までびっしり埋まりましたね。当方の知る限り、今までで最高の入りでした。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
満月はいつ?
2009年01月12日 (月) | 編集 |
【満月はいつなの?】
 昨日、一昨日と会社帰りにみた月が、「満月かなあ」とすごく気になったので、調べてみたら1/11(日)12:27に満月になるのだそうですね(こちら参照)。昼間なのではっきりとはみられませんね。
 家でもいつも1人で騒いでまして、「今日が満月なんじゃん?違うかなあ」となぜか気になってしまうんですよね。ですので、左下に「月の満ち欠けと星座」を表記するブログツールをアップしてみました。

 別に江戸時代などの古い時代に思いを寄せることもないんですが、満月の夜なら灯りがなくても結構明るいもんですね。さすがに本は読めないですが。

【キーワードランキング】
 どんなキーワードで当ブログがヒットするかをベスト20で示すブログツールもアップしました。アップしてからの集積ですので、今のところ「20世紀少年」が多いですね。「何カト見聞録」で3つヒットしていますが、これはもうやだ自身です(^^ゞ 会社の休み時間か、ネットカフェからアクセスするときに検索しています。これ邪魔ですね(>_<)。リンクして頂いているブロ友様のサイトを検索して、そこのリンクから飛ぶ方がいいかなぁ・・・

【太陽の塔が、ともだちの塔に?】
 大阪万博跡地に永久保存されている岡本太郎氏の太陽の塔が、1/19に「ともだちの塔」に変身するイベントが行われるそうです。熱いですね。めちゃめちゃ熱いです。大阪まで見に行こうかちょっと迷ったくらいです。こちらに詳細記事。 

満月って正確には一瞬なんですね。てっきり一晩中だと思ってました・・・。確かに1日のうちでも満ち欠けは続いてるからですよね。こんな調子だから理系科目はほんとに全くダメなんですよね。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:どーでもいいこと。
ジャンル:ブログ
ありふれた奇跡
2009年01月11日 (日) | 編集 |
 ありふれた奇跡(HPはこちら) フジテレビ木曜夜10時

 山田太一脚本によるフジテレビ開局50周年記念ドラマ。連続ドラマの脚本は12年ぶりになるそうです。かつて一世を風靡した「男たちの旅路」「ふぞろいの林檎たち」などの脚本でも有名です。

【ごく簡単なあらすじ】
 駅で見かけた男(藤本誠/陣内孝則)が列車に飛び込もうとしていると感じた中城加奈(仲間由起恵)と田崎翔太(加瀬亮)は、とっさに男を後ろから押さえつけて自殺を止める。男は「死のうとなんかしていませんでした」と激昂するが、警察官権藤(塩見三省)は好意からしたことだとして、2人の若者をすぐに解放する。

 2人は初対面だったが、駅で別れた後で、翔太は加奈の後を追う。2人はメールをやり取りする仲になるが、どうもちぐはぐな関係のままである。そんなとき、藤本が2人にお礼がしたいという強い希望を警察官権藤に訴えたことで、藤本、権藤、加奈、翔太が再び集まることになった。

 2人に対して、「なぜ自殺しようとしてると感じたのか」という問いかけ、さらに「ひょっとしたら2人も自殺を考えたことがあったのではないか」という心に突き刺さる質問で第1回は終わります。

【感じたこと】
 山田太一さんの脚本は、いい意味でいちいち引っかかる会話が多いですね。加奈のメールアドレスを知りたがる翔太に、「いつもそうやってメールアドレスきくの」と絡んだり、相手の心に揺さぶりをかけるようなえぐったセリフが多用されています。相手が言葉に窮したり、必死に言い返そうとする問答が独特ですね。

 加奈や翔太の家族が丹念に描き出されています。可奈の祖母(八千草薫)、母(戸田恵子)、父(岸部一徳)。翔太の父(風間杜夫)、祖父(井川比佐志)らのキャストがそれぞれ息吹を吹き込まれた存在感のある登場人物として、人間模様が展開されていきます。芸達者ぞろいなので本当に楽しみです。

 映画「それでも僕はやってない」でも、優柔不断で存在感の薄い今どきの若者像を好演した加瀬亮ですが、ここでも何ともつかみどころのない青年像を演じています。やはり彼ならではの芸風なんでしょうか。

ありふれた奇跡は、たぶん毎回記事書くことはしないと思います。また印象に残るドラマがあったら記事を書きたいです。今季ドラマでは、他に「トライアングル」を見ました。豪華キャストのわりには話の中身がもう一つかなという印象でした。レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
日本フィル 第51回さいたま定期
2009年01月10日 (土) | 編集 |
日本フィルハーモニー交響楽団 
第51回さいたま定期演奏会
1/9(金) 19:00開演 於:大宮ソニックシティ

1. チャイコフスキー:戴冠式祝典行進曲
2. チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
3. ドヴォルザーク:交響曲第9番《新世界より》
《アンコール》
ドヴォルザーク:スラブ舞曲第10番

日本フィルハーモニー管弦楽団
指揮:アレクサンドル・ラザレフ


s-2009-1-10-0000.jpg

【ラザレフ氏の圧倒的存在感!】
 明日以降のラザレフ氏の就任披露公演に先駆けて、さいたま定期でラザレフ氏の快演を聴くことがができました。みなぎる緊張感、あふれる躍動感、まばゆいほどの色彩感、精緻な構想力にすっかり陶酔・心酔してしまいました。
 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、ドヴォルザークの新世界というと、数々の演奏を耳にしてきた、ある意味手垢にまみれた楽曲です。こんなスタンダードな名曲であっても、ラザレフ氏の入魂の演奏では、総毛が逆立つほどの緊迫感をひしひしと感じました。
 新世界の第2楽章では、牧歌的な哀愁というよりも切々と胸を打つはりつめた情感を感じてしまいました。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ8人でのアンサンブルでは、涙腺をくすぐられてしまうようなえもいわれぬ感動を覚えました。
 一方で、フルオーケストラによる高潮感、絶妙な間をとりつつテンポを自在に操るドライブ感の秀逸さ・・・。うまく言いつくせませんが、何ともこんな感激できる演奏に出会えたことを心から感謝したい気持ちでいっぱいです。
 比べるのは不遜だとは思いますが、先に聴いたベルリン交響楽団での「新世界より」(記事はこちら)でのように楽曲を自家薬籠中のものとして、楽しんで演奏するというスタイルも味なものがありますが、今回の日本フィルのように全員がわき目も振らず全力疾走するスタイルには圧倒的なド迫力を感じました。もっと言えば、ベルリン交響楽団の演奏は伝統にもとづいたパターンの組合せ、言わばイージーオーダー的な演奏。今回の日本フィルでは、既成のパターンを一切リセットし1から組み立て直す仕立て服のような演奏とでも言えるでしょうか。そこに斬新さ、真新しさを感じました。

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。山田晃子さんは、22歳の新進気鋭のヴァイオリン奏者。ラザレフ氏の手厚いサポートのもとで、十分にその魅力が表出されていました。張りのある魅力的な音色から、クライマックスに向けての雄渾な弓遣いなど、とても楽しみなヴァイオリン奏者です。オケとの息も見事にぴったりで、寸分の狂いもなくオケとかみ合っていた点も、ラザレフ氏の類まれなる実力の1つでしょう。

 【日フィルに変革をもたらすラザレフ氏】
 日本フィルHP(こちら参照)でも、日本フィルに「変革」をもたらすラザレフ氏というキャッチフレーズがみられます。ラザレフ氏の就任で、日本フィルは変わりましたね!楽団員全員がラザレフ氏の要求に必死に食らいついてという真摯な姿勢が明らかに見てとれましたし、しっかり求めるものをつかみつつありますし、楽団員と指揮者とのいい意味での緊張感と一体感が結実しつつあるように感じました。ぜひぜひラザレフ氏の求める高みにさらに迫っていってほしいと思います。
 どちらかというとふだんは、アットホームで余裕のある雰囲気の日本フィルですが、今回の演奏では、退路を断たれた狼たちとでも言うのでしょうか、精神一到ともいえるひたむきさをもった闘士たちにさえ思えました。尊敬できるマエストロに応えるため、自分たちのありったけの力を発揮しようとする意気込みから、大きな変革の兆しをくみ取ることができました。

  【首席指揮者ラザレフ氏】 
  2008年9月~2011年8月までの3年間、日本フィルの首席指揮者を務めることになったアレクサンドル・ラザレフ氏の就任披露公演は、
2009年1月10日(土)第328回名曲コンサート サントリーホール
2009年1月11日(日)第181回サンデーコンサート 東京芸術劇場
2009年1月16日(金)17日(土)第607回東京定期演奏会 サントリーホール
 と続きます。今回のさいたま定期と同じプログラムが、1/10で演奏されるほか、1/16・17にはプロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクトvol.1が始まります。

 ラザレフ氏のリハーサル風景は、日本フィルHPのこちらで紹介されています。「マエストロ・ラザレフの場合、リハーサル自体がとても練られているんです。とにかく無駄が無い。長々と説明するタイプではなく、必要な点だけを確実に着々と詰めてゆくのです。その意味では非常に計画的かつ合理的なのですが、それが決して機械的ではないんですね。」(上記からの引用文)。演奏を聴いていても無駄がないテキパキとしたリーダーシップぶりがうかがわれました。

 向けられる拍手の対象は自分ではなく、楽団員なのだ、そして聴衆の皆さんなのだということをジェスチャーで何度も繰り返し示していたラザレフ氏。人柄がよく表れている気がしました。

  過去の日本フィルの記事は、さいたま定期50回第175回日本フィルサンデーコンサートさいたま定期49回さいたま定期48回さいたま定期47回さいたま定期46回
 
来期さいたま定期(2009.3~2010.1)では、ラザレフ氏の公演は組まれていません。聴くとすれば、都内の公演チケットをねらっていくしかありませんね(^_^;)。もうやだのここまでの手放し礼賛記事はそうそうないですよ(爆)
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
テンプレート 替えてみました!
2009年01月09日 (金) | 編集 |
 前回の七福神のテンプレートは、わずか1週間の寿命(+_+)
 松飾りやお供え餅も1/7まででしたからね。
 七福神めぐりもたいてい7日までです。

 もうやだが愛用しているテンプレートは、pnekoシリーズ。
 (こちらのHPにテンプレ集があります/FCブログ用)
 3カラム(横に3列あるタイプ)で、可愛くポップなもの。
 これ以上可愛らしいガールズポップ系にもあこがれるのですが、あまりやり過ぎると男性としてのアイデンティティを喪失してしまいそうで怖いです(爆)

 こんなのとか、こんなのとか、やたらと可愛いですね。そのうち、こちらでも使わせて頂くと思います。

やっとこさ新年の第1週が今日で終わりですね。休みボケでめちゃめちゃしんどかったです(^_^;) 会社に遅刻してきたり、病欠した人に、「自分の方があなたの何万倍も来たくないんだから!」と意味が全く分からぬやつあたりをしちゃいました(恥)。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
都道府県を漢字1文字で表すと?
2009年01月09日 (金) | 編集 |
【百人一首】
 お正月恒例の百人一首。「ここまで読んだら札が取れる」という文字を決まり字と言いますね。

「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」の場合は、1文字読んだだけで札が取れます。
(例)らさめのつゆもまだひぬまきのはに  きりたちのぼるあきのゆふぐれ

ところが6文字めでやっと札が特定できるものもあります。
(例)あさぼらけりあけのつきとみるまでに よしののさとにふれるしらゆき
あさぼらけじのかはぎりたえだえに  あらわれわたるせぜのあじろぎ

  詳しくはこちらのHPをご覧ください。 ちなみに、もうやだは、決まり字のかけらも知らないレベルです。
 
【発想が飛躍しますが・・・(^^ゞ】
 都道府県を漢字1文字で表すとしたら?って話に飛びます。
 「岩」だったら「岩手」、「神」なら「神奈川」。この辺は問題ないですよね。

 それでは、「福」と表される都道府県は? 「福島」「福岡」「福井」?特定できませんよね。「島」とあったら?「福島」「島根」「鹿児島」?

 「都道府県を漢字一文字で表記する必要性がないよ」とお思いでしょうが、こんな例があるんですよ。皆さんほとんどなじみがないことだと思いますし、一生知らなくてもいい知識かもしれませんが、ちょっとお付き合いください。

s-2009-1-2-0000.jpg

 競輪の出走表です。7レース(右の一番上)の出走表をご覧ください。
 選手名(浜口健二)、年齢(41歳)の下の1文字は、所属する都道府県です。
 「高」とあるのは、「高知県」ですね。

 競輪では所属都道府県を一文字で表しています。とにかく紙面を節約するための苦肉の策ですね。1枠から順に、高⇒高知、神⇒神奈川、三⇒三重、群⇒群馬、静⇒静岡、高⇒高知、青森⇒青まではわかりますね。「井」これは福井です。

 何で「福井」が「井」かと言うと、「福」だと「福岡」、「福島」もあって特定できないからです。「井」なら他にこの漢字を用いる都道府県がないので、「福井」と特定できるんですね。

 それなら、「福島」と「福岡」はどう表すんでしょうか?
 「福島」は「島」と表します。
 「島根」「鹿児島」もあるのですが、「島根」は「根」。「根」を使う都道府県が他にないから、「根」=「島根」と特定できるんですよね。同じく「鹿児島」は「鹿」です。
 「福岡」は「福」か「岡」です。「岡」は「岡山」とかぶります。「岡山」を「山」にしたら、今度は「山口」「山形」「山梨」とかぶります。「だったら、もういいや。」てんで「福岡」は「福」

上の出走表で確認すると・・
 第8レース1枠の長野和弘選手の「福」は「福岡」。
 第11レース6枠の青森伸也選手の「島」は「福島」です。

【大阪と大分?】
 大阪は「大」、大分は「分」と表記します。
 11レースの2枠安東広高選手の「分」は「大分」ですね。
 同じく11レース9枠の中沢央治選手の「大」は「大阪」です。

【愛知と愛媛?】
 愛知は「愛」、愛媛は「媛」と表します。
 9レース6枠の松木竜也選手の「媛」は「愛媛」
 10レース2枠の滝川秀嗣選手の「愛」は「愛知」
 「愛知」を「知」とすると、「高知」とかぶります。「高知」は「高」で特定できますので、「愛知」は「愛」としておくわけですね。

 【まとめると・・・】
頭文字で特定できない都道府県の表記方法は次の通りです。
 愛知⇒愛 愛媛⇒媛 大阪⇒大 大分⇒分 島根⇒根 長崎⇒長 長野⇒野 福井⇒井 福岡⇒福 福島⇒島 山口⇒山 山形⇒形 山梨⇒梨
 他のギャンブル、競馬、オートレース、競艇などでも選手の出身都道府県が記載されていますが、書いてあっても飾り程度のものでしかありません。ところが、競輪の場合、同県、近県同士でライン(グループ)を作りますので、だれとだれがラインを作るかを予想する際に、この都道府県がとても重要になってくるんですよね。

 ここ数年全く足を洗っているんですが、ふとみた出走表で「島」とあったら「福島」、「愛」とあったら「愛知」って、難なく読み取れましたので、やはり昔取った杵柄とでも言うんでしょうね。堅気の人?(謎)にはできない芸当なのかもorz

意味のない記事ですが、妙にこだわってしまいました。たぶん興味を持って頂けないだろうと思いますので、今回限りの気まぐれな記事ってことで、ご容赦をm(__)mレンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング 
テーマ:競輪
ジャンル:ギャンブル
コンサート失敗談
2009年01月08日 (木) | 編集 |
コンサートでありがちな失敗を話題にしてみます。

Question:次のうち、もうやだがやらかした失敗はどれ?
 1)コンサート会場に、チケットを持ってくるのを忘れてしまった。
 2)前売りを買っていたのに、コンサートがあることをすっかり忘れていた。
 3)コンサートに遅刻して、次の曲まで外で待たされた。
 4)同日同時刻のチケットを間違って買ってしまった。
 
答えは3つです。正解でないのは、1つだけ。
テーマ:LIVE、イベント
ジャンル:音楽
20世紀少年 第2章 もうやだの「よげんの書」?
2009年01月07日 (水) | 編集 |
20世紀少年 第2章 最後の希望 
いよいよ20世紀少年の第2章が、1/31から上映されます。(第1章のレビューはこちら)
 s-09010704.jpg

 公式HPはこちらですが、ここをチェックしていたら、なんと!映画との連動企画として、

「特別展「1970年大阪万博の軌跡」 2009 in 東京」
 なるものが、東京上野の国立科学博物館にて、開催されるのだそうです。
 開催期間は、2009年1月22日(木)~2月8日(日)の16日間と短期ですね。
 詳細はこちらをチェックしてください。本作では1970年に実施された "大阪万博" が重要なキーワードとなります。

 展覧会の案内には、当時を知る人に「あの感動」を再び甦らせ、博覧会を知らない世代に「あの感動」を伝えます。この機会を是非ともお見逃しなく。とあります。

 もちろん、もうやだは大阪万博を知らない世代です???が
 ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
 こんなものを発見してしまいました。

s-09010701.jpg  s-09010703.jpg

 誰のかなぁ?父の保有物かなぁ?と往生際の悪い態度はこの際悔い改めますm(__)m
 「はいはい×100、確かにもうやだのものです!いやぁ懐かしい(T_T)」
 母の背中におんぶされ、おしゃぶりをくわえながら会場を回ったのを思い出します。
 (もういいって、誰も聴いてませんから!)

 さらに、もうやだの「よげんの書」まで発見!
s-09010705.jpg

こっちは20世紀少年の本物。
これじゃなくて、みつけたのはこっち!

s-09010706.jpg

s-09010707.jpg

TBSラジオ系列の全国ネットで放送されていた
オールジャパンポップス20
の1973年年間チャートです。

第14位に14164ポイントを集めた
T.REXの20thセンチュリーボーイがランクインしてますね。
この曲、20世紀少年のテーマ曲でもあります。

 それにしても、我ながらマメですね~
カセットに録音したラジオ番組を、「テープを止めては書き、止めては書き」して書きとめたランキングノートです。今もそうですが、好きなことには妙にマメなんですよね。

 3歳にして、英語の筆記体を書いているもうやだは神童という名をほしいままに・・・
 まだ言うか!パーンチ!! o(*゚ペ)==○))))☆★☆"((/*ω*)o

当時の書体と比べると、今の書体は全然違う感じですね。オールジャパンポップス20のDJは、土井まさるがやってました。土井まさるがお休みのときピンチヒッターとしてみのもんたがやってたこともあります。「みのみのもんた、みのもんた」って言ってたマイナーな頃が懐かしいです。もうやだ版のよげんの書は、おいおい公開していきます。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:20世紀少年
ジャンル:映画
2008 秋ドラマ まとめ
2009年01月06日 (火) | 編集 |
 遅ればせながら、2008年秋ドラマのまとめ記事です。
 「もうやだの感想」では、最後まで見たドラマを 
 A:秀逸、B:良好、C:もうひとつ に分類しました。さらに、
 ×:途中でやめた、…:初めから見なかった  となっています。

 タイトル

(公式HPへリンク)

記者評価

順位

読者投票

順位

もうやだ

感想

風のガーデン12
ブラッディ・マンデイ23×
ギラギラ25×
流星の絆41
OLにっぽん511×
夢をかなえるゾウ612
SCANDAL66
チーム・バチスタの栄光69
小児救命912
七瀬ふたたび99
イノセント・ラブ117
サラリーマン金太郎1114
Room Of  the King1316
オー! マイ・ガール1314
セレブと貧乏太郎158×
スクラップ・ティーチャー164×


最後までみたドラマは、簡単に感想を触れてみます。

【風のガーデン】
 製作スタッフの情熱とひたむきさが伝わってきた秀逸ドラマ。緒形拳さんの遺作ということでも、衆目の関心を大きく集めました。名優の一世一代の演技と、それにインスパイヤーされた中井貴一、黒木メイサ、神木隆之介の情感あふれる名演に胸を熱くしました。全話のレビューを書きました。詳しい感想はそちらで語りつくしています。

【流星の絆】
 詐欺師と被害者という二面性をもつ三兄妹の少し不思議な絆を描いた作品。全話レビューを目指しましたが途中で挫折。親の仇を取るという深刻なテーマに、コミカルな要素を取り入れるという難題に挑んだクドカン脚本を十二分に満喫しました。
 後半2話での話の急展開は、思わず手に汗を握りました。柄本明の告白、ビニール傘の柄についた擦り傷、犯人と対決する二宮和也という一連の流れは、大変な緊迫感がありました。二宮和也の堂々たる演技ぶりにも脱帽。
 柄本明は、殺人が行われていた間、家の外の植え込みにいたのに、家人の悲鳴や物音をなぜ聴いていなかったのか、聴こえていたら中の様子を探るのでは?という疑問。二宮和也が詐欺をはたらいたことを三浦友和に許してもらう部分はハートフルな気持ちになりましたが、実は親殺しの犯人が三浦友和だとわかったときは、そのギャップが最後まで埋まらない気分でした。

【SCANDAL】
4人の魅力的な女優によるコミカルタッチなミステリードラマ。個性的な女優さんによる会話のキャッチボールや家庭像がとても興味深く、楽しめました。戸田菜穂の失踪の意味が、わかるようでわからない感じでした。遠藤憲一、光石研、小日向文世らの名脇役がしっかりと足場を固めてくれていたのも、高評価です。ただ、話の展開に振り回された視聴者に、最後にもう少し納得のいく結末が用意されていたらというのが惜しまれます。

【チームバチスタの栄光】
 謎に一歩ずつ迫っていく仲村トオルと伊藤敦史のコンビが軽妙なタッチで描かれており、医学的な知識をふんだんに用いた迫真のサスペンスドラマでした。犯人探しの興味をもたせるため、原作とは結末を変えていたようです。
 ただ、麻酔科医城田優の動機は、伊原剛志が視力に問題があることをチーム全員が知っていながら手術を続けていたことに疑問を抱いていたから。鶴見辰吾の動機は、娘の手術を執刀した伊原剛志が視力に問題があるかどうかを確かめるためということでした。これが果たして殺人の動機になるもんなのでしょうか。確かに、伊原剛志は後継者を育てる方向にいくべきだったかもしれませんが、人に恨まれるようなことはないという気が・・。個人的には何となくしっくりきません。

【七瀬ふたたび】
 最後の結末がはちゃめちゃで、内容を盛り込みすぎており、ばたばたと味方の超能力者が倒れていく過程で、みている私の方が思考停止状態になってしまいました。もう少し丁寧に描き上げる手法が取られていればと思います。
 敵役の悪超能力者として起用されていたのは、消臭プラグの殿様に扮している今井朋彦。CMとは正反対に、不気味な雰囲気を醸し出していましたね。

【イノセント・ラブ】
 支離滅裂な印象を免れません。奇跡的に意識を回復する内田有紀。生命維持装置を平気で着脱する香椎由宇、成宮寛也。当てつけに結婚式場で飛び降り自殺を図る内田有紀。現実離れした話でしかなかったかなという印象。平田満は白夜行と同じような極悪な父親役でしたね。

【オー・マイガール】
 さして取り上げるドラマでもなさそうですが、意外に光る部分も多々ありました。鹿賀丈史、YOU、古田新太らの名脇役をみられただけでも価値は高いです。子役の吉田琴里、飼い犬のビワちゃんもとても可愛かったです。速水もこみちの三枚目役は案外面白くて捨てがたい味がある気がしますね。
 
明日は昨年1年のドラマ回顧をしてみましょう。レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
七福神めぐり
2009年01月05日 (月) | 編集 |
 当ブログのテンプレートを新年用に替えました。これって七福神ですよね。

 そう言えば、わが住所地の三郷(みさと)市にも七福神巡りのコースがあったことを思い出しました。三郷市には3つの七福神ルートがあるんですよ。家の近所にある弁天池からスタートするコース(彦成めぐり)に向かいました。(詳しいコースなどお知りになりたい方はこちら) 

 s-P7210032.jpg
s-P8100057.jpg
 よっしぃは、弁天池のほとりにたたずんでいます。
 こちらの飛び石を渡るとき、よっしぃはドジなのか、池ポチャします(^^ゞ

 この弁天池からのスタートで、自転車で往復約3時間くらいのコースです。七福神なので7か所でよさそうなものですが、実は弁天様が4か所、大黒様が2か所あって、計11か所をめぐります。

 1つ1つ紹介する必要もないでしょうから。ある程度端折ります。

 11か所それぞれにスタンプが置いてありまして、それを押して回り、完成したのが下の色紙。
s-P1020260.jpg
 
 全部ではないですが、絵馬も売っていました。絵柄がわりと可愛いんですよね。
s-P1020267.jpg

毘沙門天                 恵比須様
s-P1020239.jpg   s-P1020249.jpg

 西善院                 延命院(虚空蔵)
s-P1020247.jpg    s-P1020237.jpg

1/24(土)9:30~ ぶらり途中下車の旅 右上の虚空蔵(こくうぞう)の様子がTV放映されるそうです。いつもこの番組を見てる方は、ぜひチェックしてくださいね。
s-P1020236.jpg

短かったお正月休みも終わりですね。今日からまたお仕事開始です!そう言えば、今年の抱負・・・。ヤフオクを久々に復活しようかと。気が向いたら詳しい記事書きます(^^ゞレンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:埼玉県
ジャンル:地域情報
新日本フィル ニューイヤー・コンサート 2009
2009年01月04日 (日) | 編集 |
新日本フィルハーモニー交響楽団
ニューイヤー・コンサート2009
 
1/3(土)14:00開演 
 於:すみだトリフォニーホール

J・シュトラウスⅡ:「こうもり」序曲/芸術家カドリーユ/ポルカ「雷鳴と稲妻」/ワルツ「美しき青きドナウ」 
   ベートーヴェン:ロマンス第2番(vn:田村安紗美)
 《休 憩》
J.シュトラウスⅡ:ワルツ「皇帝円舞曲」
ブリテン:「音楽のマチネ」よりワルツ
シベリウス:「祝祭アンダンテ」
レスピーギ:交響詩「ローマの松」よりアッピア街道の松
《アンコール
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ「憂いもなく」/ラデッキー行進曲

新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:下野竜也
司会:榎本有紀子


【一年の計はお正月にあり!】 
 このコンサートでは、こんなタイトルがつけられていました。指揮者上野竜也氏や司会者の榎本有紀子さんらが加わって鏡開きが行われました。来場者には祝い酒が振る舞われ、獅子舞も登場しました。
s-P10300021.jpg

会場内には、祝祭ムード満点の緞帳がかけられていました。
s-P1030005.jpg

 【内容紹介】
 新年を寿ぐとても楽しい雰囲気の演奏会でした。演奏自体を云々するのは無粋ですね。ベートーヴェンのロマンスでは、第2ヴァイオリンの首席奏者田村安紗美さんがソリストを務め、甘くせつない調べを聴かせてくれました。
 上野さんも普段とは違って、エンターテイナーぶりを発揮してくれていました。若々しくて溌剌としたイメージの演奏ですね。アンコールのラデッキー行進曲では、指揮棒の先に手の形をしたものを差し込んで、客席に向かって拍手の合図をしてくれました。「大きく」とか「小さく」とかって指示がホントにわかりやすくて楽しかったです。オケに対しても、あんな風に体全体でニュアンスを伝えているんでしょうね。「楽団員にとっても、指示がとてもわかりやすくて演奏しやすいだろうなあ」などと思いました。

 新年1発目のコンサートでしたが、十分楽しんできました。ローマの松の終わりには、爆竹の音とともにくす玉が割られ、紙テープが会場いっぱいにあふれました。

【ウィンナワルツを極めよう!】
 「シュトラウス大全集」という11枚組のCDがあるんですよ。ウィーンフィルの歴代指揮者による演奏がニューイヤー・コンサートを中心に全部で146曲収録されています。これで、シュトラウス父子の作品はほぼ網羅できます。
 圧巻なのは、CDの11枚目で、指揮者違いのラデッキー行進曲が怒涛の8連発で収録されているんです。これはコアですよ~ ディープですよ~ ウィーンフィルと各指揮者のスタンスが肌で感じ取れてとても興味深いです。現在廃盤のようです。かく言う私も購入したわけではなく、図書館で借りて録音したものを持っているんですよね。
 
家を出る前にテレビをつけたら、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをやってまして、バレンボイムの「雷鳴と電光」が耳に飛び込んできました。当コンサートでも聴くことができてとても幸せな気分です。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
ボケネタ その3
2009年01月03日 (土) | 編集 |
 もうやだのボケ話、第3弾です。一応お正月3日で打ち止め。
 明日からは多少まじめな記事にします。

【もらふにゃの空手生活】
 もうやだは日々通勤電車の中で宅配のスポーツ紙を読みます。
 読み終わると携帯ゲームというのが日課です。
 最近はまっているのが、「もらふにゃ空手生活」という携帯ゲーム。

【何とも大人げない(>_<)】
 通勤帰りの電車で、携帯ゲームに夢中になっていたもうやだ。
 そんなとき、隣の席のお兄さんが、爆睡状態でどんと倒れかかってきたのでした。
 せっかく、野球のフライを取るゲーム(もらふにゃ空手生活にあるミニゲーム)でハイスコアが取れそうな時だったのでムキになって、お兄さんを押し返してしまいましたとさ(^_^;)

 もうやだは、あんまり普段怒ったりすることがないんですよ。飲食店で注文の品が間違えられても、随分待たされても、はたまた髪の毛が入っていても、「まいっか」と思っちゃうんですよね。ところが、このときばかりは、瞬間的にヒートアップしてしまいましたね~。何となく価値観が狂ってるような気もします(滴汗)

 ちなみに、「もらふにゃ空手生活」とはこんなゲーム。 


 そしてまた、「ふにゃもら4コマ生活」というブログパーツを左下の最下部に加えました。なかなか可愛らしいですよ~。

携帯ゲームで遊んでいると、長い行列でも意外に苦ではありませんね。待ち時間のイライラ解消にも最適です。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
テーマ:▼どうでもいい話
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。