クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふたりの奇跡 シャルル・アズナブール
2009年01月17日 (土) | 編集 |
51ItHNKh9bL__SL500_AA240_.jpg
ふたりの奇跡 
 
 稀代のシャンソン歌手、シャルル・アズナブールと不世出のキラ星歌手たちとの珠玉のデュエット集です。心をわしづかみにされてしまうような迫力と、凄味をひしひしと感じます。黙想して歌の中に自らも没入して一体化したいような衝動にさえ駆られてしまいました。何だろうこのあふれんばかりの歌心。丁々発止火花を散らすというスタイルとも違いますね。歌っている2人は、どちらが主役でもありません。心を1つにして歌い上げています。そして単純に×2ではなく、∞×∞によって出来上がった作品群ですね。とにかく濃いですよ。のめりこみますよ。1曲、一瞬たりとも聴き逃せない、そんな迫力と内容を持ったCDです。

ふたりの奇跡
シャルル・アズナブール
 


《DISK1》
1. 君と私 with セリーヌ・ディオン
2. 哀しみのヴェニス with フリオ・イグレシアス
3. 船は去った with プラシド・ドミンゴ
4. 八月のパリ with ラウラ・パウジーニ
5. 帰り来ぬ青春 with エルトン・ジョン
6. それがわかれば with ジョニー・アリデー
7. 愛のために死す with ナナ・ムスクーリ
8. 恋は一日のように with スティング
9. ラ・ボエーム with ジョシュ・グローバン
10. 君の名 with キャロル・キング
11. 青春の思い出 with ポール・アンカ
12. 想い出をみつめて with ヘルベルト・グレーネマイヤー
13. ひとりの若者 with エディット・ピアフ

《DISK2》
1. 帰り来ぬ青春 (英語) with エルトン・ジョン
2. 声のない恋 with ライザ・ミネリ
3. 恋は一日のように (英語) with スティング
4. ヤング・アット・ハート with フランク・シナトラ
5. 愛のために死す (英語) with ナナ・ムスクーリ
6. 忘れじのおもかげ(シー) with ブライアン・フェリー
7. 青春の思い出 (英語) with ポール・アンカ
8. 君と私 (英語) with セリーヌ・ディオン
9. ラ・ボエーム (英語) with ジョシュ・グローバン
10. 船は去った (スペイン語) with プラシド・ドミンゴ
11. 君の名 (英語) with キャロル・キング
12. それがわかれば (英語) with ジョニー・アリデー
13. 八月のパリ (イタリア語) with ラウラ・パウジーニ
14. 想い出をみつめて (ドイツ語) with ヘルベルト・グレーネマイヤー
15. エヴリバディ・ラヴズ・サムバディ・サムタイム with ディーン・マーティン          


 本作は2008年12月にリリースされた作品。 聴けば聴くほどお気に入りの曲が増えてきそうですが、今一番のお気に入りはナナ・ムスクーリ(大好きなアーチストです!過去の記事はこちら)とのデュエット曲「愛のために死す」です。
 セリーヌ・ディオン、フリオ・イグレシアス、プラシド・ドミンゴといった歌の化身ともいうべき驚異的な歌唱力をもった歌手たちとの共演はもちろんですが、エルトン・ジョン、スティング、ブライアン・フェリーらのロックシンガーとの共演は、実に味があります。独特の表現力にすごいインパクトがあります。
 ジャンルを超えた豪華な共演です。表現の方法は違っても、道を極めた人にとっては、「音楽のジャンルなんて関係ないね、音楽は1つなんだよ」っていうメッセージとしても受け止めました。

 一昨年のシャルル・アズナブールのさよなら公演では、涙ながらに別れを告げました。こんな素敵な形で再会できる喜びをかみしめています。
 さよなら公演では年齢を全く感じさせない熱唱と魂の叫びに、胸をえぐられる思いでした。後ろの座席にいたアメリカ人が、「私にとって『ラ・ボエーム』は青春そのものです。ボストンから飛行機で駆けつけました」と上気した声で英語で私に話しかけてきました。「わたくしとて全く同じ思いです。」とうまく言えず「Same to You」とか何とか答えた覚えがあります(滴汗)。

【CD屋めぐり】
 下品な話ですが、CD屋を物色しているときって、途中でおしっこがしたくなることが多いんですよね。それだけ延々時間をかけて物色しているからかもしれません。
 HMVではまずクラシック売場で、まとめて買ったら20%引きというコーナーをうろうろしてたら、1枚は決まっても他が決まらず断念。次にジャズボーカルをいろいろ見てたら欲しいのもいくつかありましたが、「これ持ってたっけ」という不安が。よく同じの買っちゃうんですよね。ぼけかかってますので(^_^;)それで、ここもあきらめてワールドコーナーへ。ハワイアンのテレサ・ブライト、ブラジルのガル・コスタ欲しいなあと思ったけれど、ここでも重複購入かという不安がよぎりました。トイレに行って帰ろうと思ったとき、このCDみつけました。ポイントが2500円分あったのでラッキー!700円でゲット!

 こんなCDが去年の暮に出てたなんて初めて知りました。情報過多の時代ですが、本当に欲しい情報って耳に飛び込んでこないもんですね。DM商法じゃないけれど、「このおっさんには、これとこれを売りつければ必ず買うから、うっしっし。超わかりやすいばかだなぁ。パブロフの犬じゃねぇんだから(爆笑)」というような悪徳商人がいて商売してくれたら楽なんですけどね。もうやだは絶対喜んでひっかかりますよ。

【デュエットアルバムでは】 
 デュエットアルバムでは、こんなアルバムも大好きです。
410NDAS43XL__SL500_AA240_.jpg
 イヴ・デュテイユ  ぼくと彼女たちの間には
 これも当方にとって100点満点の作品。リアーヌ・フォリー,エンゾ・エンゾ,ジャンヌ・モロー,ヴェロニク・サンソンら女性シンガーとのデュエット。男女の語らいや談笑が伝わってくる味わい深い作品です。シャンソンの醍醐味がふんだんに詰まっています。
 
41TYFQPFZRL._SL500_AA240_[2]  516P612SM9L__SL500_AA240_.jpg
 フランク・シナトラ Duets  Duets II
 豪華な共演者には驚くばかりです。しかも晩年の絶唱!声に衰えの出てきたシナトラの「聴かせる技」をご堪能下さい。

かっこつけずに生の心情を並べると、「うげっ、何これ」「うひゃ~ たまらん」「うーん、まいった~」「けぇ~ やめて~」そんな言葉にならぬ溜め息がこぼれ出てきます。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:シャンソン
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。