クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ミュージアム フレンズ
2009年02月11日 (水) | 編集 |
ザ・ミュージアム フレンズ

 渋谷Bunkamuraのザ・ミュージアムでは、ザ・ミュージアム フレンズ(詳細はこちら)に加入すると次回以降の展覧会を割引価格で鑑賞できます。当日売りで大人1400円とやや高めな料金ですが、こちらを利用すると1回800円弱とお得です。

 3/22までに申し込むと、向こう3回分の展覧会が2200円で鑑賞できます。次回は「国立トレチャコ美術館展」、その次が「だまし絵」展、その次が「ロートレック・コネクション」の3つの展覧会が対象となります。申し込みは美術館の出口付近の図録売場にて。
  今までは関心は持っていたのですが、ついつい見逃していました。展覧会のお立ち寄りの際には、もし興味がおありでしたら、出口付近をお見逃しなく。

【逆行したりしますか?】
 展覧会で、ひと通り作品を見終わったらそのまま帰りますか?もうやだは、出口付近で「もう1回あの作品に会っておきたい」「目に焼き付けたい」と思うと、ずずず~っと順路を逆流して、印象深かった作品だけを最初からもう1度鑑賞することがあります。

 最近はブログでも感想を書いているので、印象に残る作品とは以前よりも長く向き合うようにしていますね。

【音声ガイドを聞きますか?】
 音声ガイドを聞いて、説明文を上から下まで読んで、絵の解説文をくまなく読んで、ビデオ上映をみて・・・という真剣なファンも多いですよね。

 もうやだは音声ガイドを借りたことはないんですよね。絵の解説や、細かい解説文もパスして、絵だけと向き合うようにしています。知識よりも感覚を研ぎ澄ませて、肌身で感じたいという気がするからです。生意気なコメント誠に申し訳ありませんm(__)m

絵のまん前に立って長時間動かない人、同じく絵のまん前に立って絵ではなく、絵の解説文を読んでいる人・・・こういうのはちょっと勘弁してほしいですね。絵の前でいろんなことを人が話しているのを聞くのは好きですね。全然ピント外れだったり、知ったかぶりだったり、蘊蓄だったり、鋭い感想だったり、いろいろで楽しいですね。
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。