クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸 落語家ベスト150
2009年02月13日 (金) | 編集 |
 週刊文春に 堀井憲一郎氏が選ぶ、江戸落語家ベスト150という記事が掲載されていました。ベスト10位までは次の通り。新年号の記事なので、少し古い記事ですね(^^ゞ

順位噺家
1柳家小三治
2立川志の輔
3春風亭小朝
4柳家権太楼
5春風亭昇太
6立川談春
7立川志らく
8柳家喬太郎
9柳家さん喬
10柳亭市馬


 やはり何と言っても第1位は、柳家小三治で不動でしょうね。古今亭志ん朝亡き後、その双肩に落語界を背負って立っているという印象を受けます。2位以下はかなりの団子状態ですが、もうやだがベスト10を選ぶとしたら、

【もうやだの選ぶ 落語家ベスト10】
 第1位:柳家小三治
 第2~10位(順不同):五街道雲助柳亭市馬古今亭菊之丞瀧川鯉昇立川志の輔柳家さん喬柳家喜多八柳家花緑春風亭昇太
 
 となるでしょうか。五街道雲助、柳亭市馬、古今亭菊之丞、瀧川鯉昇、柳家喜多八あたりの噺家は、客にこびず、奇をてらわず、純粋に話術で客を惹きこんでいくオーソドックスな噺家です。品位を保った謙虚な立ち居振る舞いが実に粋ですね。もうやだとしては、そういうスタイルに江戸の粋を感じます。

 世評の高い春風亭小朝と柳家権太郎はどうも苦手。小朝は若隠居のような妙に悟ったような、ある意味人を食ったようなところが苦手です。権太郎は、先代小さんの伝統を踏まえていますが、何となくお客を無理やり巻きこもうとする強引さがちょっと気になってしまいます。
 立川流は、寄席ではなかなか見られないので、個々の独演会かテレビでみるくらいですが、それぞれ個性的で才能あふれてますよね。根強いファンも多いです。

歴代落語家ベスト3を選ぶなら、三遊亭円生、古今亭志ん朝、柳家小三治の3人を選びます。先代柳家小さんは4位かな?円生師匠の落語百席は、もうやだにとっての落語の金字塔。名人というより、職人といった芸風がぴったりの円生師匠だと思います。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。