クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加山又造展 国立新美術館
2009年02月25日 (水) | 編集 |
加山又造展
 於:国立新美術館(東京六本木) 2月7日(土)~3月22日(日) 詳細はこちら。 

【展示の紹介】
 日本画の巨匠加山又造(1927-2004年)の大回顧展。展示品数は約100点ほどで、花鳥風月を主題とした屏風絵、裸婦像、水墨画から工芸品にいたるまで、さまざまなスタイルの絵が展示されていました。時期によって作風もテーマも大きく異なっていますね。

 もうやだが最も惹かれたのは、雪月花をテーマとした、四季・自然の変化を描いた作品群でした。細かい部分にも繊細な感性を研ぎ澄ませながら、細部を丹念に1つ1つ積み重ねて巨大なスケールの作品として仕上げている点が、とても感慨深く思いました。

s-2009-2-23-0001.jpg
春秋波濤(1966年)

s-2009-2-23-000411.jpg
月と秋草 1996年

小さな秋草、桔梗、すすきなどがとても可憐に描かれていて、月の温かみとあわせて印象に残った絵です。

s-2009-2-23-000511.jpg
七夕屏風 1968年

動物をテーマにした作品群にもとてもよい絵がたくさんありました。玲瓏で皓々と光る月が印象的ですね。期間は3月2日まで。興味のある方はお急ぎください。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。