クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色の秘密 ルオー収蔵作品展 汐留ミュージアム
2009年03月15日 (日) | 編集 |
 色の秘密 ルオー収蔵作品展 汐留ミュージアム 2/4-3/22 (HPはこちら)

 s-2009-2-23-0002.jpg  s-P2220136.jpg


【汐留ミュージアム】
 この美術館は、パナソニック電工の東京新社屋の4階にあります。2003年に開設され、所蔵するジョルジュ・ルオー(1871-1958)の作品約200点を中心に公開しています。場所は、新橋から徒歩3分のところにあります。下の階ではパナソニックの住宅設備品の展示なども行われており、そんな中を抜けて美術館のフロアへと上がっていきます。

【ルオーの展示】
 ルオーと言えば、素朴な顔の長いキリストを多数残したことで有名です。どんよりした色合いの絵が何となく念頭にあったのですが、今回の展示は色彩豊かに描いた作品に注目しています。展示は約100点。残りの作品はまた別の機会にみることができたらと思います。

s-2009-3-14-0000.jpg  s-2009-3-14-0003.jpg
聖書の風景            キリストと子供

s-2009-3-14-0001.jpg  s-2009-3-14-0002.jpg
冬 人物のいる風景        飾りの花

 ルオーの絵は、細かいところまで描写せず、大胆な筆致で雄渾に描いていますが、そこに絶妙な構図やほのぼのした味わいがにじみ出てきます。モチーフとなるキリストについても、人間くささが出ていますね。

【旧新橋駅舎】
 汐留ミュージアムのすぐ近くに、新橋の旧駅舎が保存され、その中で鉄道資料の無料展示が行われていました。

s-P2220139.jpg  s-2009-3-14-00050.jpg
 ブルートレイン、寝台特急のプレートなどが旧新橋駅舎の2階に展示されていました。写真不可とのことでしたが、古い電車の資料だったら写真撮っても問題ないでしょうに。

現在ルーブル美術展が開催中ですね。期間は6月までですが、ぜひ早めに行っておきたいです。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。