クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱狂の日5/3 ロ短調ミサ曲 コルボ指揮
2009年05月07日 (木) | 編集 |
ロ短調 ミサ曲 
5/3(日)18:45~
プログラム番号 146
 於:東京国際フォーラム ホールC

J.S.バッハ:ロ短調ミサ曲

ソプラノ:シャルロット・ミュラー=ペリエ アルト:ヴァレリー・ボナール テノール:ダニエル・ヨハンセン バス:クリスティアン・イムラー ローザンヌ声楽器楽アンサンブル (合唱団) 指揮: ミシェル・コルボ



 【楽曲と感想】 
 とにかく体がうち震えてしまうほど、とことん感動・心酔してしまいました。厳かで荘重な演奏には憂いを消し去ってしまうような心地よさを感じました。まるで天国を垣間見たようなそんな演奏でした。今回聴いた中では、最も記憶に残る公演でした。

 全曲通しで2時間ほどの楽曲なので、第1部終了後に15分の休憩がありました。その休憩さえ無駄なような、浸り続けていたいようなそんな気分でした。そもそも恥をさらすようですが、当方オペラや歌入りの楽曲は、ソリスト(歌手)の意気揚々としたオーバーアクション気味のパフォーマンスが苦手なんですよね。ベートーヴェンの「合唱付き」でさえ、聴くのに少し抵抗があるくらいなものですから(大恥)。そんな私にとっても、バッハの宗教曲では、丁寧に丹念に清らかに歌い上げる歌唱でしたので、自然に身をゆだねることができました。もっと俗に言えば、クラシック歌手の毒気がなく、楽器としての役割に徹した歌唱であるように思いました。こんなに素晴らしいのであれば、「マタイ受難曲」「ト短調ミサ曲」も聴き逃すべきではなかったかなと今さらながらに思ったりします。

s-P503040799.jpg
コルボさんのサイン会の模様。

2時間にもわたる大曲です。しかも気楽に聴けるような内容ではなく、居ずまいを正して聴くような性質の楽曲だけに、ふだん日常で聴くこともそうそうはない気がします。日常を忘れさせてくれるような至福のひとときでした(涙)。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。