クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れえぬロシア 国立トレチャコフ美術館展
2009年05月22日 (金) | 編集 |
 忘れえぬロシア 国立トレチャコフ美術館展
 Bunkamura ザ・ミュージアム 4/4-6/7 (HPはこちら)

s-2009-5-17-0001.jpg
 19世紀末から20世紀初頭までのロシア画家の作品が75点集められた展覧会です。ペローフ、シーシキン、ヴェレシャーギン、クラムスコイ、レーピン、ポレーノフ、セローフらの作品がトレチャコフ美術館から寄せられました。展示は風景画、肖像画とジャンルや作風によってブースが分けられています。ここでは紹介できませんでしたが、トルストイ、ツルゲーネフ、チェーホフらの文豪の肖像画もとても個性あふれるものでした。

【クラムスコイの「忘れえぬ女」】
 美術展のタイトル画になっているのはクラムスコイ作の「忘れえぬ女(ひと)」(1883年)。謎めいた麗人は、当時の封建的ロシア社会に逆らっているかの印象を受ける斬新な姿なのだそうです。クラムスコイは、自作の絵を公開せず自宅のアトリエに飾っておいたそうで、死後の回顧展にて初めて一般公開されたのだそうです。

s-2009-5-20-00010.jpg
 髪をほどいた少女 クラムスコイ(1873年)

 こちらもクラムスコイの作品。描かれた人物の内面が反映されているような瑞々しさが表現されている作品ですね。

【印象に残った作品】
 どの作品もそれぞれに心打たれるものがありましたが、当方が強くひかれたのは、ワシーリエフの物悲しく陰影を帯びた情景。
s-2009-5-18-0000.jpg
雨が降る前 ワシーリエフ(1870-1年)

 制作期間が5~6年しかなく夭逝したワシーリエフは、作品の数も極めて少ないですが、とても印象的な風景を描きました。本展覧会では3作展示されています。

s-2009-5-20-0001.jpg
 ニコライ・カサトキン 恋のライバル(1890年)

 写実主義から印象派への流れが汲み取れる作品です。厳しい冬の風景ですが、少女たちの華やいだ様子と人物を描く優しいタッチが印象的です。

トレチャコフ美術館のトレチャコフとは、美術収集家の人名から採ったもので、トレチャコフコレクションを集めた美術館なのだそうです。ロシア革命前夜のロシア画壇を丹念にたどることができます。6/7まで!興味のある方はぜひお急ぎくださいませ。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。