クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京富士美術館 八王子
2009年06月07日 (日) | 編集 |
  西洋絵画コレクション
 東京富士美術館(八王子)(HPはこちら)

 八王子からバス。当美術館は、3万点のコレクションを誇り、常設展示も古今の名品が揃っています。じっくり見学すると優に1時間はかかります。

 代表的な作品を紹介するとなると、どの作品も価値が高くて全部を紹介しなくてはいけなくなってしまいますので、ここは思い切って個人的に好きな作品を。

s-2009-6-7-00060.jpg
少女と犬 ジョシュア・レノルズ 1780年頃
 あったかい雰囲気が伝わってくる作品ですね。犬のうれしそうな表情が印象的です。先のルーヴル展でも可愛らしい少女の絵が出品されていました。こちらにも掲げています。

s-2009-6-7-0005.jpg
モディリアーニ  アレクサンドル博士 1909年
 モディリアーニを支援した医師です。25歳のときの作品。後の作風の面長な表情、なで肩などの特徴は出ていますが、色を重ねて奥深い表情を出している点は、後の作風とは異なります。

s-2009-6-7-0006.jpg
ルノワール 赤い服の女 1892年
 柔和な表情のふくよかな女性が、まろやかな色彩に溶け込んでいます。赤のモチーフがとても優しい印象を受けます。

s-2009-6-7-0004.jpg
ローランサン 2人の女
 夢みるような乙女をテーマにパステルタッチの優美な作品を描き続けたローランサンの持ち味がよくでている作品。スカーフの柔らかさや、黄色の布地が印象に残ります。


 私もうやだが、最も推したいのは次の2点。
s-2009-6-7-0002.jpg
カミーユ・ピサロ 春、朝、曇り、エラニー 1900年

s-2009-6-7-0003.jpg
カミーユ・ピサロ 秋、朝、曇り、エラニー 1900年

 2点は連作です。印象派のさきがけとなったカミーユ・ピサロは、穏やかな田園風景をテーマにした作品を数多く残しています。ピサロの絵をみると、心が和み、胸がすくような感慨を覚えます。

ナポレオン王妃の豪華ディアラも展示されていて、そのまぶしさに息をのみました。実はこのティアラをこっそりデジカメに収めたのですが、その後デジカメを紛失。悪いことはしちゃいけませんね。
 見つからなかったので新しいデジカメをドンキで買いました(^^ゞ ちなみに当方OLYMPUSの大ファンでして、それ以外のカメラは持ちません。アナログカメラ時代から数えてOLYMPUSのカメラは5代目になります。
レンタルCGI

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。