クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【美術館】 香山(かごやま)園 
2010年06月24日 (木) | 編集 |
s-docu0010.jpg
元はお城だった広大な敷地に、明治に再建された建物(中では美術・工芸品の展示)と風雅の趣深い庭園が併設されています。小田急線鶴川駅北口 徒歩5分。月火水が休みなので注意。

この記事自体、庭園、美術館、建物のどれで分類するか迷いますね。工芸品も室町時代からの茶器や陶器などきわめて貴重なものがそろっており、富岡鉄斎の屏風絵は一見の価値あり。
係りの方も大変親切で、展示品の説明も丁寧にしてくださいました。

s-docu0011.jpg
s-P6190056.jpg  s-P6190053.jpg

s-P6190057.jpg  s-P6190068.jpg

とても落ち着ける空間です。建物の中も、調度や家具、欄間、照明にいたるまでさまざま見所満載です。

★★★★
紅葉のころには、より庭園の魅力も増すと思います。鶴川駅周辺にはほかに、西山美術館(ロダン、ユトリロ専門)や武相荘(白洲次郎旧宅)などもあります。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
【展覧会】 語りかける風景 ザ・ミュージアム
2010年06月23日 (水) | 編集 |
 語りかける風景 ストラスブール美術館所蔵
5/18~7/11

BUNKAMURA ザ・ミュージアム・渋谷(HPはこちら)

 「コロー、モネ、シスレーからピカソまで」という副題がついたこの展覧会。コローが3点、モネ、シスレー、ピカソ1点ずつとタイトルの画家たちの作品はさほど多くありません。著名で人気のある画家をキャッチコピーにしたのでしょうが、メインはヨーロッパ風景画のコレクションが時代や潮流を通して通観できる展覧会です。

s-0001.jpg
展覧会案内のこの絵は、シスレー「家のある風景」です。曲がりくねった坂道と大木からのぞく家、晴れ渡った空とが印象に残る作品です。

s-0004.jpg
カミーユ・ピサロ「小さな工場」
ピサロの風景画には、必ず人が描かれてます。息吹が吹き込まれ生きた温かみのある人物です。急速に工業化が進む中、世間の人々はまだまだ実感がなさそうで驚きをもってみているようです。

s-0005.jpg
クロード・モネ ひなげしの咲く麦畑

ひなげしのほの赤い色合いと夕暮れの曇った空。モネの大胆な筆致が特徴的です。

展覧会自体は★★★くらいの評価。81作品の展覧会。じっくり選んで見られますね。何となくポスターの歌い文句に釣られましたが、実態は風景画家の作品がメイン。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
【Classic Live】 ベルリン交響楽団 6/20
2010年06月22日 (火) | 編集 |
ベルリン交響楽団 
6/20(日)15:00開演 
 於:サンシティ越谷市民ホール(HP)

1. シューベルト:交響曲第7番「未完成」
 2. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
  ピアノ:アンドリュー・フォン・オーエン

 3. ベートーヴェン:交響曲第7番
〈アンコール〉
ドヴォルザーク:スラブ舞曲 1番
ブラームス:ハンガリー舞曲 6番、1番
エルガー:エニグマ変奏曲  ニムロッド

指揮:リオール・シャンバダール
ベルリン交響楽団


s-100620.jpg

【ベルリン交響楽団とサンシティ公演】 
 一昨年の9月にも来日し、そのときも聴きに行きました。そのときの記事はこちら。同じサンシティホールです。
 サンシティでの来日公演は恒例行事となりつつあるのでしょうか。本公演での盛況ぶりからしても、サンシティホールでももっと数多くクラシック公演を招致して欲しい気がします。特に日曜日公演!もうやだはサンシティホールの会員なのですが、少し行きたい公演が少ない気がしているんですよね。

【演奏曲目と感想】 
 未完成は、一昨年の公演でも聴きました。弦の響きが重厚で安定感がありますね。シャンバダール氏の指揮は、スピード感がありますが、手堅くオーソドックスですね。
 ラフマニノフの2番は、貴公子然とした風貌のアンドリュー・フォン・オーエン氏のピアノ。若干オケとのテンポにずれがありましたが、堂々とした迫力のある演奏。豪快・颯爽という印象。
 ベト7は、のだめカンタービレでテーマ曲的に使われたこともあり、最近プログラムには多く取り入れられるようになってますね。ところが、もうやだはめぐりあわせの関係か?生でベト7聴くのは初めてだったんです。とてもフレッシュな感覚で聴けましたし、音がたたみかけられてくる迫力に酔いしれました。チェロも2パートに分かれて演奏される箇所があったんですね。これも初めて気付きました。
 アンコール曲は、スラブ舞曲、ハンガリー舞曲は楽しく盛り上がる演奏でした。エルガーのエニグマ変奏曲。これはとてもハーモニー豊かな素晴らしい作品ですね。とても興味を抱きました。 
  
★★☆ 
 シャンバダール氏の日本語のMCやサービス精神あふれるパフォーマンスも楽しかったです。ドイツ人らしい?氏の胴周りはすごいですね。当方は不参加でしたが、ピアノのオーウェン氏のサイン会も行われました。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
【四季折々】 本土寺の紫陽花・菖蒲
2010年06月21日 (月) | 編集 |
本土寺(松戸市) 紫陽花と菖蒲 
 千代田線北小金駅から徒歩10分のところにある本土寺(HPはこちら)は、夏の紫陽花と、秋の紅葉の名所としてとても有名な日蓮宗のお寺。入園料500円

 2週間くらい前にも、「そろそろかな」と訪れましたが、まだ紫陽花がごくわずかにしか咲いてませんでした。菖蒲をみるなら、明治神宮、向島百花園、堀切菖蒲園などもいいですね。紫陽花なら鎌倉のあじさい寺、箱根のケーブルカーなどが有名です。本土寺の魅力は、紫陽花と菖蒲が両方楽しめることですね。

 s-P5300364.jpg
 本土寺の山門です。北小金駅からの参道がかなり長いですね。
 花・紅葉の季節にはミニツアーも開催されてます。お寺の住職のお話と、寺内の見所案内、そして懐石弁当がセットになっています。

s-P6180009.jpg
五重塔を背景にして撮るのがベストでしょうか。

s-P6180023.jpg
菖蒲池の周囲には紫陽花が。菖蒲と紫陽花のツーショットです。

s-P6180016.jpg
最後に菖蒲の花。雨模様でしたが、どちらの花も雨に濡れて生き生きとしています。

★★★★
本土寺は、紫陽花のころと紅葉のころ、年に2回は訪れています。昨年の紅葉もとても良い写真が撮れたんですよ。ブログお休み中の期間でしたが、こちらもUPしましたので、紅葉の本土寺(記事はこちら)もぜひご覧になってみてください。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:花の写真
ジャンル:写真
【建物探訪】 東京カテドラル聖マリア大聖堂
2010年06月16日 (水) | 編集 |
s-P5260296.jpg

護国寺・江戸川橋から徒歩15分。見上げるような高さとそびえたつ壮麗さが印象的です。
昭和39東京カテドラル聖マリア大聖堂は、丹下健三が設計。丹下健三氏は東京オリンピックで使われた代々木第一体育館、東京都庁舎などを設計しています。
上空から見ても十字の形になっています。

s-P5260301.jpg
右は鐘塔。見上げると立ちくらみがしそうな高さです。

s-P5200000.jpg
大聖堂の奥には、ルルドの洞窟があります。神聖な雰囲気が漂ってきます。

★★★
江戸川橋から昇る坂はとても急ですね。周辺には野間美術館、永青文庫、椿山荘など旧跡・名所も点在しています。次回は永青文庫です。レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
ブログをとことんなまけて・・
2010年06月16日 (水) | 編集 |
s-P5060003.jpg

改めて再開しようにも
1)何から書こうか決まらない
2)季節外れのネタばかりたまっちゃった
3)書き方を忘れちゃった

何度か意を決してUPしかかっては挫折
「あぁ 書けない」(・o・) トホホ
でもやっぱり書きたいんです。

もうやだの近況は
1)いつも通り元気です
2)仕事が多少多忙気味
3)趣味が命的生活

私もうやだ、心境、環境特に何も変わりません。
ご心配をおかけして、本当にすみませんでした。

s-P5210257.jpg    s-P5040208.jpg
 
お休み中にしていたトピックといえば、こんなこと???
これも記事にできたらいいな(^^ゞ

ごあいさつも多々怠ったままです。少しずつお詫びに回りたいと思っています。
本当に申し訳ありません。
テーマ:どーでもいいこと。
ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。