クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LFJ 2011 プログラムが白紙に!?
2011年04月15日 (金) | 編集 |
毎年心から楽しみにしているラ・フォル・ジュルネ。今年は5/5の公演チケットを4枚購入していました。

今日届いた
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2011 フレンズメールマガジンには、

全日程プログラムの全面白紙が決まり、全ての販売チケットを払い戻す旨書かれていました。
理由は、アーチストの来日が困難であること、電気設備の不具合が特定のホールでみつかったことなどが書かれていました。期間内には改めて別のプログラムが組まれるそうです。

実に、実に残念ですが、全面白紙に立ち至ったことにとやかく申すつもりは全くありません。
苦渋・急遽の決断だった背景はよく伝わってきます。ただ2点言いたいことがあります。

1.公式HP上に 今現在(4/15 11時時点)プログラム全面再編の告知がないこと。
 チケットぴあでの販売ページでは4/14夜に公式HP上に発表されるとあります。

2.所持しているチケットが、新しく組まれるプログラムには使えないのでしょうか。
 チケットを楽しみに購入した人たちへの配慮があると嬉しく思います。 
 希望者には払い戻しをしつつ、若手演奏家で代役を立てるとか?
 時期、場所を変えてでも公演が行われるようにして頂くとか?

以下、LFGメールマガジンで届いた文面です。

「熱狂の日」フレンズ メールマガジン 2011.4.15
Vol.198 【重要】ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2011 開催について

「フレンズのみなさま、いつも音楽祭をサポート頂きありがとうございます。
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2011「タイタンたち」
の開催について、みなさまに重大な変更をお知らせいたします。

東日本大震災後の一連の余震をうけて、再度東京国際フォーラム内の点検を実施した結果、一部ホールに電源系統の不具合を確認しました。
また、福島第1原子力発電所における事故において国際原子力事象評価尺度がレベル7に引き上げられて以降、出演アーティストたちの来日キャンセルが重なり、予定通りのプログラムを実施することが困難となりました。

これらの状況から、誠に残念ですが「タイタンたち」をテーマとした今年のラ・フォル・ジュルネは内容を変更して開催せざるをえなくなりました。
すでに販売した公演チケットは、全て払い戻しさせていただきます。

本日よりフレンズ先行販売をスタートする予定だった5月2日(月)の東日本大震災復興支援コンサートの開催も見送ります。

イベントを心待ちにしていらしたお客様ならびに関係者の方々には多大なご迷惑をお掛けいたしますことを、心より深くお詫び申し上げます。

このような逆境ですが、私共は形を変えてでも公演を続行し、可能な限り最高のものを提供したいと考えております。また、この状況下でも来日の意向を示しているアーティストもいらっしゃいます。
これまでのプログラムは白紙に戻し、新たな驚きをみなさまと共有すべく使用するホールを限定し、企画を練り直し、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)に東日本大震災の復興支援を願うコンサートを行うことといたしました。
詳細内容とチケット販売については4月22日(金)にご案内する予定です、
お待ちください。

フレンズのみなさまには新たなラ・フォル・ジュルネの挑戦を応援いただきますようお願い申し上げます。(以下略)」
  
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。