クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Classic Live】 N響 11月A定期 エド・デ・ワールト ワルキューレ第1幕
2012年11月15日 (木) | 編集 |
NHK交響楽団
第1739回定期演奏会
 
11/11(日)19:00開演 
 於:NHKホール

1)武満徹 遠い呼び声のかなたに
2)武満徹 ノスタルジア 
~アンドレイ・タルコフスキーの追憶に
3)ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕(演奏会形式)

指揮:エド・デ・ワールト
ヴァイオリン:堀正文 1)2)

エヴァ・マリア・ウェストブレーク(ジークリンデ)
フランク・ファン・アーケン(ジークムント)
エリック・ハルフヴァルソン(フンディング)
NHK交響楽団


武満徹は日本を代表する作曲家。日本のオケが海外公演を行う際にもプログラムに取り入れられていることが多いように、海外での反応も大変良い作曲家です。ここでは堀正文氏のソロヴァイオリンをフューチャーした作品2点。1曲目は管弦の大編成、2曲目は弦だけのアンサンブル。2曲目は、風の中に漂っているように、ただただ身を任せて心地よさに包まれてしまう作品。全編を流れる堀正文氏のヴァイオリンソロが光りました。

続きまして、演奏会形式でのワルキューレ第1幕。エド・デ・ワールトの指揮は、端正できめ細やかで大変好感が持てますね。エヴァ・マリア・ウェストブレークの情感豊かな表現に心を射抜かれました。

★★★
 当方、N響A定期と日フィル東京定期の会員です。オケの定期公演というのは、幅広いプログラムが聴けてとても楽しいです。ただし、自分の苦手や無知なプログラムにも遭遇しますが、そこはむしろ勉強・学習と思って楽しんでいます。
 レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。