クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【展覧会】 サンダーバード博
2013年08月17日 (土) | 編集 |
企画展 サンダーバード博
~世紀の特撮が描くボクらの未来~」

  2013年7月10日(水) ~ 9月23日(月・祝)
  於:日本科学未来館1F(お台場) 企画展示ゾーン
  HPはこちら

ファイブ、フォー、…という声に合わせて5号から順にコマ送りされるタイトル画面が、大変懐かしいかつての大人気TV番組サンダーバードに関する博覧会。今お台場で開催中です。小学校高学年のころ大いにハマっていました。
docu0040.jpg

IMG_0119.jpg
入口近くの大看板。入場前に気持ちが高揚します。

IMG_0116.jpg
国際救助隊基地

IMG_0097.jpg
ペネロープ(黒柳徹子さんの吹替)と執事のパーカー。いわゆる人形劇なのですが、スピード感あふれる演出で、それと感じさせない迫力がありましたね。

IMG_0107.jpg
ペネロープ号。フロント部分にミサイルを搭載しているのが、小学生の自分にはかなりの衝撃でした。目を丸くしていた記憶がありますね。脱線しますが、子連れ狼の乳母車の前に連射銃が内蔵されているのも、ゾクゾクワクワクしました。

IMG_0106.jpg
3号と5号。小学校時代お小遣いを貯めて、1号~5号までプラモデルを作ってたことを思い出します。大体500円くらいだったのですが、5号だけが600円と高くて、2ヶ月分のお小遣いでやっと買えました。5号は宇宙ステーションなので宙に浮いているものです。プラモデルは、鉄の軸で支えるようになっていました。

IMG_0102.jpg
メカで一番好きなのが、コンテナをポットを輸送する2号でしたね。4号やジェットモグラを搭載して現場まで輸送する勇姿が素晴らしかったです。ジェットモグラはプラモでも作りました。TVのように地底を掘り進むものだと思い込み、胸が張り裂けそうにワクワクしながらジェットモグラを完成させ、庭で実際に地面を掘らせてみました。そこで初めて、ただのプラモデルなんだと実感(^_^;) ドリルについたプロペラが欠けてしまいました。

IMG_0115.jpg
参加体験ゾーン。参加者前のスクリーンで燃え盛る町。2号が登場し消火にあたります。眼前に巨大な2号を見ることができるアトラクションです。

P8130005_01.jpg
特典つき前売り入場券に付いていた2号のプラモデル。右2つは会場で購入したグッズ。クリアファイルとピンバッチです。値段がそこそこならプラモデルで1~5号まで買い揃えようかと思っていましたが、今の時代だと3,4千円するものなんですね。そこで断念。ミニプラモで1機2000円弱なら買い揃えたかも(^^;)

★★★
3D映像などを含めても見学には1時間はかからないほどの展示内容。もう少し撮影に使われた現物などが多く展示されてればもっとよかったかもです。ただ、小学生のころの夢見がちな少年に片時フラッシュバックすることができた楽しい体験でした。
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
【Classic Live】 N響ほっとコンサート
2013年08月12日 (月) | 編集 |
NHK交響楽団
ほっとコンサート
 
8/4(日)14:00開演 
 於:NHKホール

1)バーンスタイン/「キャンディード」序曲
2)バッハ/組曲 第3番二長調から「ガヴォット」
3)ファリャ/バレエ音楽「三角帽子」から「近所の人たち」
4)ラヴェル/古風なメヌエット
5)ヨハン・シュトラウス二世/皇帝円舞曲
6)チャイコフスキー/歌劇「エフゲーニ・オネーギン」から「ポロネーズ」
7)チャイコフスキー/バレエ音楽「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」から
8)ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」から
アンコール:花のワルツ

指揮:山下 一史
バレエ:牧阿佐美バレエ団
NHK交響楽団


【紹介と感想】 
 定期公演がお休みの8月に毎年行われるほっとコンサート。今年のハイライトはバレエとオーケストラの競演。過去にはブラスバンド演奏が行われたり、本仮屋ユイカさんがトロンボーン演奏にチャレンジしたりなど、数々の面白い趣向が企画されてきました。ダンス音楽で軽やかにしかも華やいだ雰囲気で展開したプログラムですが、後半のチャイコフスキーのバレエ音楽から、牧阿佐美バレエ団による華麗で艶やかな舞踏が加わりました。
 バレエを目の前でみるのは初めての機会だったので、これは大変素晴らしい経験をさせて頂きました。N響定期会員には早めに前売りが購入できるメリットがありますので、一番前の席での鑑賞でした。至福の時を過ごすことができました。
 N響団員が総出で行う楽器体験工房も大変魅力的!コンサートマスターの篠崎史紀さん、クラリネット主席の伊藤圭さんとすれ違ったので深々とお辞儀。向こうはこちらを知らないのに、まあちょっと変な話ですね。

 チェロの首席が向山佳絵子さんだったようでしたが、違ってたらごめんなさい。篠崎史紀(マロ)さんが、「チェロの美しい旋律」などとプレッシャーをかけてた様子が面白かったです。

P8040251.jpg

★★★
 全曲通しでぜひ今度きいてみたいチャイコフスキーのバレエ音楽でした。
 レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
テーマ:NHK交響楽団
ジャンル:音楽
よっしぃ バイバイ(´ー`)/~~
2013年08月11日 (日) | 編集 |
今日は愛犬よっしぃ君とのお別れの日になりました。
8/14日生まれのよっしぃ君は、あと3日で15歳の誕生日を迎えるところでした。よっしぃにコメントを下さった方、記事を読んで下さった方に、改めてお礼を申し上げます。よっしぃ記事は今回が最終回です。

ここのところのうだるような暑さに参っていたためか、昨日から食欲がなく、立ち上がることもできない状態でした。夕方には呼吸が止まっていましたので、抱きかかえて病院に行きましたが、既に旅立ったあとでした。

会社が今日から数日お休みなので、明日から岐阜の郡上八幡に例によって近代建築めぐりに出かける予定でしたが、どうもよっしぃの様子が気になったので、急遽キャンセルにして、奥たまと家で様子を見守ることにしました。

ここ1年くらいは、高齢のため足腰も弱っていて、歩行もままならず、目も全くみえなくなっていて、すっかり老犬になってしまっていました。ほとんど1日の大半は寝てばかり。夜中も3時間おきにおしっこに連れて行かなければならず、また、多少ボケも入っていて長時間廊下をぶつかりながら徘徊するなどの要介護状態でもありました。元気いっぱいの頃はブログにもよく載せてたのですが、最近はあまり明るい話題でもないので、何となくブログ記事にするのがためらわれるような気がしていました。

P7240002.jpg
《ぬいぐるみのワイヤーフォックステリアと背中合わせに寝るよっしぃくん。今年7月》

ホントに親バカで恐縮なんですが、よっしぃ君には今回改めてありがとうと言いたいです。思い残すことは全くないすがすがしいお別れでした。

1)夫婦揃って家にいてやれるときというのは、1ヶ月のうち、数日あるかどうかです。自分の両親も含めて家族4人で見送ることができるときに、静かに息を引き取ってくれたことは、感謝してもしきれません。私たちのために今日を選んでくれたようにさえ思います。

2)長患いもせず、すっと消えていくような別れだったこと。

3)虫の知らせでしょうか。すっかり弱っていたよっしぃを膝枕して昨日一晩一緒に寝てあげられたこと。

4)妻にも寄り添って一晩寝ていたそうです。

5)父が昨日庭で草むしりしていたときにも、芝生の上で父に寄り添っていたそうです。

よっしぃは、家族みんなにお別れをしてくれてるんですよね。

あまりに意外だったんですが、涙はまったく出ませんでした。むしろひと仕事終えたような晴れ晴れとした気持ちです。

P6140002_20130811234336944.jpg
《ぬいぐるみのワイヤーフォックステリアを枕にしているよっしぃくん。今年6月》

ペット火葬車を手配して、夜10時半には骨壷に入って帰ってきたよっしぃくん。お墓に先に入って待っててね。
お誕生日プレゼントにいつもあげてたチーズバーガーだけど、今年はもう3回食べさせてたから大丈夫だよね!

困っているときこそ、しみじみと心にしみる人の情
1)郡上八幡の宿にキャンセルを入れましたが、事情をはなしたら、そういったことならとキャンセル料を取らないでくれました。
2)動物病院は主治医が不在で見てもらえませんでしたが、見習いの先生も最善を尽くしてくれました。
3)火葬の手配を、今日の今日で快諾してくれた業者の方。誠心誠意丹念な仕事をしてくれました。
4)ペットを人と同じお墓に入れることは違反なのですが、無理を承知してくれました。

それもこれも、全部よっしぃ君のおかげなんだよね!どうもありがとう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。