クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】庄内神社/藤沢周平記念館 (鶴岡散策13)
2014年06月05日 (木) | 編集 |
【庄内神社】
P5060297.jpg
旧藩主酒井氏を追慕して庄内住民により1877(明10)年に建てられた神社。桜の花も終わりの時期です。

P5060298.jpg
天井絵は、宮司の母石原和子さんが制作し、2011年から設置されているもの。庄内藩酒井家の家紋「かたばみ」と裏紋「おもだか」のほかに、サクラやウメ、キク、ユリ、ボタン、キキョウなど日本の花が並びます。この件を報じるニュース(こちら

P5060299.jpg

P5060301.jpg

【藤沢周平記念館】
P5060302.jpg庄内神社の斜向かいに、鶴岡市生まれの時代小説作家藤沢周平の記念館があります。

時代小説作家というと、司馬遼太郎、山岡荘八、池波正太郎、柴田錬三郎などその世を席巻した大家が次々と現れ、君臨してきた感があります。藤沢周平氏も一つの大きな波、大きな節目を作った作家の一人ですね。

★★☆
浅田次郎の時代小説もとびきり秀逸ですよね。佐伯泰英の居眠り磐音 江戸双紙はなお続刊中ですが、現在45巻までにいたる大作。家人は揃えて読んでいますので、私も隠居したらぜひ読んでみます。 レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。