クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【建物探訪】旧山辺学校校舎(松本散策1)
2014年06月10日 (火) | 編集 |
旧山辺学校校舎
P3090106.jpg
撮2012.3.9
文化財県宝
竣工1885(明18)年
場所長野県松本市里山辺2930-1
公開100円 山辺学校歴史民俗資料館として公開(HP)
大工の棟梁佐々木喜十によって建てられた擬洋風建築。開智学校がギヤマン校舎と呼ばれるのに対し、山辺学校は障子学校と呼ばれ親しまれています。和風の部分が色濃く出ている特徴を表現していますね。

開智学校とならぶ松本市の明治期学校建築。一番のお目当てお開智学校などは松本市街中心部なので、後にとっておき、まずは一番遠方で行きづらい旧山辺学校へ向かいました。

P3090075.jpg
八角塔の先端には東西南北の文字の書かれた避雷針。

P3090109.jpg
裏正面からの景観。

P3090080.jpg
館内は郷土資料の展示。

P3090083.jpg

P3090099.jpg
江戸時代の駕篭ですね。

P3090097.jpg
当時の教室。

P3090096.jpg
こちらは大教室。

P3090084.jpg
機織り道具。

P3090074.jpg

★★★★★
松本駅付近でレンタサイクル(HP)を借り、約5キロぐらい東にある旧山辺学校校舎を目指しました。とにかく当方方向音痴なので、3時間近くさまよった果てにようやくたどり着きました。結局何一つ見学できずに帰るのかという絶望感さえ、途中で漂ってきました(^^;)  レンタルCGI
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:建物の写真
ジャンル:写真
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。