クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ・フォル・ジュルネ 祝★10周年
2014年05月07日 (水) | 編集 |
 【ラ・フォル・ジュルネ 2014】 

P5030069.jpg

 毎年GW(5/3-5/5)に開催される「熱狂の日」音楽祭は今年で10年目を迎えました。今年のテーマは過去10年の集大成的な「10人の作曲家と祝う10回記念」 ベートーヴェン、モーツァルト、ドヴォルザーク、シューベルト、ヴィヴァルディ、ショパン、ブラームス、チャイコフスキー、ラヴェル、ガーシュインの10人です。

 また、今年からは東京国際フォーラムの各会場、よみうりホールに加えて、大手町ホールが新会場として加わったのも楽しみの一つです。大手町ホールは今年の3/28にこけら落とし公演が行われたばかりの新築ホールです。大手町ホールの詳細はこちら
P5030080.jpg

 【鑑賞の履歴と足跡】 
 例年は3日開催のうち、1日だけにしぼって集中的に鑑賞していましたが、今年は初めて複数日参戦!5/3と5/4の2日間出かけました。5/3分はメイト向けの先行抽選予約で購入しましたが、5/4分は「明日も行きたい」とふと思い立ったため会場で前日購入しました。

 当方の目玉としては、1)大好きなピアニストのアンヌ・ケフェレックさんの公演、2)ラヴェルの楽曲を含むプログラム、3)クラリネットを含む室内楽プログラムという3つの柱を狙って参加しました。以下の計6プログラムです。

【5月3日】
112》11:35 モーツァルト: クラリネット協奏曲、フルートとハープのための協奏曲 
183》14:30 ベートーヴェン:「月光」 ラヴェル:「鏡」
114》16:00 ラフマニノフ: ヴォカリーズ、ピアノ協奏曲2番
125》17:45 ラヴェル: 序奏とアレグロ、弦楽四重奏曲  
【5月4日】
272》12:45 ショパン:チェロソナタ、ピアノ三重奏曲
273》15:00 ブラームス:3つの間奏曲 シューマン:交響的練習曲

 【グッズも楽しみ!】 
ラ・フォル・ジュルネグッズのショッピングも会場での楽しみの1つですね。

P5060105_02.jpg
左から、Tシャツ、ミニポーチ入りクッキー、白青のクリアフォルダー

 また周辺ショップでは、指定品目を購入したり、所定金額以上の買い物をすると、熱狂グッズがもらえます。今年は日替わりで色違いのポーチのプレゼント。熱狂のピアノポーチ!
P5050100_01.jpg
 初日は青、2日目は黄色、3日目は赤。2日目までゲット!うれしがりやの当方は、例年熱狂グッズ収集に奔走するのです‥。ファミリーマートでは800円以上の買い物をした方にという条件ですが、11時頃に着いたのではすでに品切れ。フォーラムアートショップでは3000円以上のグッズ購入が条件。だとすると、当方がねらったのは、ホールAの出口右にあるホットドッグ屋さん(4R Danish Cafe)。LFJランチセット(ホットドッグと飲み物とサラダのセットで800円)を連日食べてグッズを入手しました。

★★★★
 明日から各プログラムの感想を書いていきます。今年で10回目とのことですが、当方が参加し始めたのは恥ずかしながら第4回目のシューベルトからだったかと記憶しております。初期の頃は5~6日間開催という時期もあり、今と比べてもかなり大きなスケールで実施されていたようですね。
 ただ、震災の2011年には、震災の影響で使えない会場もあったり、予定された公演が中止されたりと苦戦続きでしたが、関係者やアーチストの結束で何とか開催にはこぎつけられました。「こんなときに音楽なんて」という向きもありましたが、音楽祭の開催という強い意志とみんなの音楽を愛する気持ちが国難を救う一助になったかもしれません。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。