クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bill Evans 2: Live In Tokyo
2008年04月04日 (金) | 編集 |
最近本気で拍手することがめっきり少なくなった。背筋がぞくぞくして拍手していた頃、アート・ペッパートシコ・タバキン・ビッグ・バンドに身を乗り出して拍手していた頃が懐かしい。

【Bill Evans/Live in Tokyo】
《Song Lists》
1. Mornin' Glory 2. Up With the Lark 3. Yesterday I Heard the Rain 4. My Romance 5. When Autumn Comes 6. T.T.T.T. (Twelve Tone Tune Two) 7. Hullo Bolinas 8. Gloria's Step 9. On Green Dolphin Street
《Personnel》
ビル・エバンス:Bill Evans (Piano),エディー・ゴメス:Eddie Gomez (Bass),マーティー・モレル: Marty Morrell (Drums).
《Recording Data》
Recorded Live in Tokyo, Japan (January 20.1973)郵便貯金ホール 司会:いソノてルヲ

 もう28年も前のこと。ビル・エバンス急逝の報を聞いて、当時来日が予定されチケットも買っていた当方は、愕然として腰から砕け落ちた。"I will say good-bye""Affinity""You Must Believe in Spring"などの時期には確かに同時進行で追いかけることができていた。そのとき、彼は何回目かのピークを迎えていたはずなのに。

 それだけに、この"Live in Tokyo"の聴衆がうらやましく妬ましい。"Up with the Lark"や"My Romance"の拍手のタイミングの絶妙さは何だ?あまりにも素晴らしい聴衆・通人たち!こんな素敵な聴衆の中に混じることができていたら・・、と悔やまれてならない。どちらの曲でも、ビル・エバンスが主題をとてもデリケートに提示した後、やわらかに包み込むような拍手がホールに響く。その拍手に後押しされるように生き生きとした端正でメロディアスなフレーズがこぼれ落ちんばかりに続いていく。

s-UP.jpg
(主旋律だけのごく簡単な聴き書きなので、音符の長さは正確ではありません。ご容赦をm(__)m)

 このアルバムは、もう100回は聴いていると思うが、聴くたびにいまだに居ずまいを正したくなるような緊張感を覚える。世界に誇れるビル・エバンスファンが集ったこの東京ライブこそが、当方のビル・エバンスBEST1アルバムである。

 そして、"Up with the Lark"もワルツである。ビル・エバンスのワルツは当方の最も魅力的なキーワードでもある。前回のブログもご参照ください。名司会のいソノてルヲ氏も既に1999年に物故されています(黙祷)

つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング

スポンサーサイト
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
ジャック・デ・ジョネット
今晩は!
不躾に2度目のお邪魔をします。

懐かしくて、嬉しくなってしまいました。
何故って、『 聴衆がうらやましく妬ましい 』・・・・っの、私は一人なんですから!

このコンサート、色々な意味で?結構覚えてます。
1.ドラムがジャック・デ・ジョネットではなくて、ガッカリした事。
2.観(聴)衆がクラシックコンサートかの如き状態で、静かで大人達だった事。(私が子供だったと言う事か?)
3.二人で行ったんだけど、その後お仕舞いになった事。

未練がましく、チケット今でも持ってます。
1月20日(土)PM6:00開演 郵便貯金会館
1階・け列・36番



2009/03/04(Wed) 22:46 | URL  | take10n #-[ 編集]
こちらこそ 感動しました!
take10n様、読んで頂いてとてもうれしいです。その場に居あわせてらっしゃったんですね。まさに生き証人ってことで、本当にうらやましいです。生でお聴きになったら、どんなにか素晴らしかったでしょうね。take10n様にとって、大切なマイルストーン(一里塚)的なコンサートだったんですね。

 ジャック・デ・ジョネットから急遽変更だったんですか?ジャック・デ・ジョネットは一昨年のThe Quartet でも切れ味鋭いドラムさばきで健在ぶりを見せてくれました。

 自分自身は行けなかったのですが、何だか懐かしい思い出を共有できたような気がして、とてもうれしく思います。貴重な体験をお聞かせくださってありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2009/03/05(Thu) 01:42 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。