クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューイヤー・コンサート 2008
2008年01月05日 (土) | 編集 |
お正月に、NHKで毎年放映されるウィーンフィルのニューイヤーコンサートを鑑賞しました。フランス人指揮者のジョルジュ・プレートルが初めて招かれました。

プログラムも定番のヨハン・シュトラウスものよりも、異国情緒あふれる選曲が特徴的でした。軽快なリズム感の中で、ウィーンフィルの団員も心地よくタクトに身をゆだねながら演奏している雰囲気が伝わってきました。

演出としては、オーストリアで今年サッカーのヨーロッパ杯が行われることを加味して、プレートルがコンサートマスターにレッドカードを出したりして、観客の笑いをとっていました。また、ダンサーが客席にも踊りこむ場面もユニークで面白かったです。

やっぱりアンコールのラデツキー行進曲を聴かないと新年は過ごせませんね(^^ゞ
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。