クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri) Favorite Artists1
2008年04月25日 (金) | 編集 |
深く敬愛するアーティストのコレクションを1回1人ずつ紹介させて頂きたいと思います。ジャンルはさまざまで、コレクションは極めて中途半端です(^^ゞ

ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri)
 1937年生。ギリシア人女性歌手。「全世界で300万枚以上のレコード、450枚のアルバムを発売し、15カ国の言語(ギリシア語、フランス語、英語など)で約1500曲の歌を発表した。また、世界中で230以上のゴールドおよびプラチナディスクを記録している。世界で最も、レコードの売り上げが多い歌手の一人であり、その売り上げ枚数は、2億3000枚以上ともいわれる。(Wikipediaより)」
 2004年70歳記念コンサートの際に引退を表明し、フェアウェル・コンサートとして2008年7月のアテネでのコンサートにて終止符を打つ予定。

 透明感・清涼感のある歌声には、人の心を和ませ癒す魔法の力があります。聴き飽きた名曲でもこの人の歌声で聴くと新鮮です。残念ながら、さよなら公演の日程に日本は含まれていません。当方の心の寄る辺とも言うべきアーティストの引退は、誠に淋しい限りです。さすがに渡航して追いかけるまでは無理です。残り少ないコンサート、ぜひ頑張ってください。

 お願げぇでございますだ<(_ _)> 4分ナナ・ムスクーリのオンリー・ラブを聴いて下さりませm(__)m
 2000年に放映の「百年の物語」(松嶋菜々子)でも使われていた曲です。
 

 日本のファンサイトではこちらが有名
 ナナ・ムスクーリの公式ファンクラブサイトはこちら

当方のコレクションはまだまだ少ない下記7枚。どのCDを買っても絶対失敗がないというのも、不世出のアーティストたるゆえんでしょうか。



つたないブログですが、ポチっとお願いできたらm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:お気に入りアーティスト
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます♪♪♪
v-436
リンクいただいた【ナナムスクーリを囲んで】です。どうもありがとうございました。
素晴らしいCDのコレクションですね。v-424v-424v-424
ベスト版は同じものがダブって、といってもフランス語だったり英語だったりして、後悔しないこともあるのですがv-12ということも、、、
日本ではマイナーなナナさんをどうぞ宜しくお願いいたします
2008/04/25(Fri) 08:14 | URL  | サチ #7G.FTnRs[ 編集]
光栄ですm(__)m
サチ様
つたないサイトにお越し頂きありがとうございます。いつもサイトを拝見させて頂き、ナナさんの情報をチェックさせて頂いています。

日本では応援サイトも少ないので本当に貴重な情報源です。海外の情報も網羅されているので役に立っています。引退後も微力ながら応援していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

ご指摘のようにダブリもちょくちょくありますが、CDももっともっと集めたいと思っています。ナナさんの場合、英語、ギリシア語、フランス語、スペイン語ですべて微妙にニュアンスや表現も異なってきますので、同じ曲でもそれぞれに価値がありますよね。当方はスペイン語のなめらかさが特に好みです。
2008/04/25(Fri) 08:58 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
ありがとうございましたぁ~m(__)m
v-436もうやださま、こちらこそ光栄ですぅv-402
二年前、フェアウェルコンサート中と知り、ナントカ日本にもファンがいるとナナさんサイトに知らせたいと始めたささやかなブログですが、サイトメーターというカウンターをつけチェックしても日本からの訪問者は本当に少ないですv-406
おそらく、高齢化によって、CDになってからの市場が小さくなり、プロモーターさんにとって魅力がなくなったのかと推測します。
韓国のブログ投稿の多さを知り、もう、びっくりしております。若い方に人気があるって凄いですね。羨ましいです。どうぞ宜しくお願いいたします。
2008/04/25(Fri) 18:28 | URL  | サチ #7G.FTnRs[ 編集]
本当にさびしいですよね
サチさま。サイトのきっかけは、フェアウェルコンサートだったんですね。私ももっと早くからアンテナを貼っておけばよかったです(>_<)

確かに日本では、70年代に来日しただけで、その後はなかなかなじみの薄いアーチストになってしまいましたよね。韓国では複数公演があったようにサイトで拝見しましたが、そういった人気の高さがあったからなんですね。

年齢層が高い人だけに留めておくのはもったいないアーティストです。自分の若い頃は、日本のポップスチャートでふつうに、フランスのフランスワーズ・アルディ、シルヴィ・バルタン、イタリアのジリオラ・ティンクエッチィなど国を問わずヒットしていた時代が少し懐かしい気がします。
2008/04/26(Sat) 00:33 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
素晴らしい!!

もうやださん♪ こん**は!
凄く好きですよ、このナナムスクーリ良いですね!
素晴らしい癒しの歌声!
何かCD買ってきます!
AmazonへGo!
2008/04/26(Sat) 02:38 | URL  | JUNE@Vo/P #7SQNuQME[ 編集]
まったく、時代が、、、、、
時代が変りましたね、、、、、
>日本のポップスチャートでふつうに、フランスのフランスワーズ・アルディ、シルヴィ・バルタン、イタリアのジリオラ・ティンクエッチィなど国を問わずヒットしていた時代が少し懐かしい気がします。
・・・・本当に懐かしいですね♪♪♪
2008/04/26(Sat) 13:19 | URL  | サチ #7G.FTnRs[ 編集]
コメントうれしいです!
>Juneさま
 コメントありがとうございます。
 聴いて頂いてとてもうれしいです!
 また機会をみて紹介していきたいです。
 
>サチさま
 そうですよね!時代の推移を感じます。
 また、サチさんのサイトでナナさんのこと、いろいろ勉強させてくださいね。
 ありがとうございます。
 
2008/04/27(Sun) 08:18 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。