クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラストフレンズ 第7話
2008年05月25日 (日) | 編集 |
 美知留(長澤まさみ)は、ついに宗佑(錦戸亮)に別れの電話をする。シェアハウスの仲間6人で、東武動物公園に出かけるが、タケル(瑛太)はトラウマの対象である姉(伊藤裕子)に出会い、動揺して美知留と先に帰宅する。一方、瑠可(上野樹里)は、性同一性障害(GID)という心の痛みを踏みにじる宗佑の企みに懊悩は深まるばかりである。そして、瑠可は仲間と別れ、シェアハウスを出て行くことを決意する。

 今回は、別離を決めるまでの瑠可の心理的な動きをトレースしてみたいと思います。
1)瑠可は、タケルに悩みを告白しようとする
 →逆にタケルから、愛の告白を受ける。タケルの愛には応えられないがため、心理的な溝ができる。

2)瑠可からタケルへの言葉 「美知留のこともっと好きになってやって。タケルが支えてやって」
 →瑠可は、「美知留の重荷になってはいけない」という配慮が働き始めています。

3)モトクロスの監督に、タケルのコーヒーカップを渡す瑠可
 →瑠可が、タケルの思いを暗に断ち切る象徴的なシーンです。

4)やつれ果てた瑠可を心配するタケルに
 →「人の悩みにいちいち首を突っ込むんじゃねえよ。人には死んだって言いたくねぇこともあるんだよ。」

5)美知留とタケルが、台所で寄り添っている姿を目撃する瑠可
 →取り乱すように、植木鉢を倒してその場から去る。

美知留に対しては、「思いを封印しなければならない」。ただ、美知留のことが心配でたまらないので、相談相手として美知留をタケルに託すしかない。でも、実際に2人の仲むつまじい様子をみていると、嫉妬心で頭がいっぱいになる。

こんな行き場のない状況に陥るまでの瑠可の心理的な動きが、短い流れの中で細かく描写されていました。

美知留の独白「瑠可、あのとき私があなたといられる時間、私の幸せの残り時間は思ったよりずっと少なかった」という悲劇の幕開けともいうべき言葉が、頭から離れません。

余談:東武動物公園のアルパカは可愛いですよ。ホワイトタイガーやキリンの赤ちゃんもお勧めです。もうキリンの赤ちゃん大きくなってるでしょうね。行ったの3年前ですから(・_・;)

過去のブログは⇒ 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

宗佑は、何やら不穏な動きを続けてます。視界から早く消えてくれって感じなのですが(^^ゞ
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング

先週ラストは、ルカがカミングアウトしよう・・・って時にタケル君、まさかの告白。「ルカ、君が・・・好きだ」...
ラスト・フレンズ 第7話

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
4のシーンはすっごく印象的でした。
タケル自身も絶対に言えない事を秘めてるわけで・・・。
5でのルカの嫉妬心・・・植木鉢を倒した後
自転車に物凄い顔して乗ってましたよね(^^;;

東武動物公園って行った事ありません。
アルパカってなんだろう・・・とyoutubeで映像見てきました!きゃーこれは馬?ひつじ?らくだ?何とも言えない可愛さですー!!

私の記事の紹介を入れてくださって
本当に恐縮でございます m(__)m
2008/05/25(Sun) 13:38 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
ですね~
すごい形相をしてましたよね。もうあの時点で、どんづまり状態だったんですよね(+_+)

アルパカに興味を持って頂き、うれしいです。そそ、ラクダ、ウマ、ヒツジともつかない摩訶不思議な(^^ゞ生き物です。今日はまじめ系のネタ書くのしんどいなと思ってたので、アルパカの記事書いてみます。
2008/05/25(Sun) 20:35 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先週ラストは、ルカがカミングアウトしよう・・・って時に タケル君、まさかの告白。 「ルカ、君が・・・好きだ」
2008/05/25(Sun) 13:23:17 |  がちゃ子通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。