クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーツァルトの遺言 
2008年06月03日 (火) | 編集 |
 石井宏著「帝王から音楽マフィアまで」(新潮社)を読みました。
 「音楽マフィアが操るクラシック」や「カラヤンはこうして堕落した」などの記事は、非常に辛口な内容で度肝を抜かれましたが、「モーツァルト、その知られざる遺言」には心から感動しました。

 「モーツァルト、その知られざる遺言」。内容を簡単に紹介します。
 ホルン協奏曲第1番は、長らく「1番」とされてきたが、近年の研究によるとこの曲はモーツァルト晩年の絶筆で、ジュスマイヤー(レクイエムを補筆完成させた人物)によって完成された。この曲にはホルンのソロパートに「バカ、出番だよ」「うまいぞ、へたくそ」「ここは次はうまくやれよ」などの野次が書き込まれている。この野次はモーツァルトと親しかったロイトゲプに当てて書かれたものである。一見悪口のようだが、いたずら好きのモーツァルトが気心を許した間柄である証拠とされる。

 ロンドンに向かうハイドンと別れる際、モーツァルトは「これが最後の別れのような気がする」と話している。死期を既に悟ったモーツァルトは、果たせなかった友人たちとの約束を果たすために、「ピアノ協奏曲27番」、「弦楽五重奏曲(K614)」、そして、親しかった旅回りのシカネーダー座長のために「魔笛」、妻の世話を頼んでいる司祭シュトールのために「アヴェ・ヴェルム・コルプス(K618)」、悪友であったクラリネット奏者シュタードラーのために「クラリネット協奏曲」を書いていく。そして、最後の義理を果たすべく、ホルン奏者ロイトゲプのためにホルン協奏曲を書きはじめるが、第2楽章の40小節目まで書いたところで、ついに絶筆となった。「うまいぞ、へたくそ」などの野次は、ロイトゲプに対するモーツァルトの遺書でもあったのである。

 筆者の「ピアノ協奏曲第27番」に対する寸評があまりにも素晴らしいので、引用しておきます。
 「淡彩の水墨画のようにすべての色を落として、淡々と描かれている。それは秋の斜陽の中にひとり残された枯れ枝のようでもあり、この曲に彼岸の響きを感じる人は多い
 そして、ピアノ協奏曲27番以降の作品について筆者は「生涯のそれまでに書いた音楽とはその内容を一変させている」と述べています。

 当方、「ピアノ協奏曲第27番」「クラリネット協奏曲」という晩年に書かれた作品に限りない愛着と畏敬の念を覚えます。「身も心も洗われるような」「体から煩悩が消失してしまうような」「息を止めて瞑想したくなるような」そんな比類のない名曲だと思います。このブログでもクラリネット協奏曲の聴き比べをしたりと、思い入れたっぷりなわけですが、その理由の一端を筆者は言い当ててくれた気がして、小躍りする思いでした。筆者はこの稿について「私の心からの愛情告白」とも述べています。

 かなり極端な意見ですが、これらの晩年の作品群がなかったら、モーツァルトは、ハイドン・ヘンデル以上に賞賛・評価される作曲家とはなり得なかったのでないかとさえ思います。

他の内容も非常に面白いので、また機会があったら紹介させて頂きます。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング

   
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
モツのクラリネット協奏曲、
2007年だったか、N響/ザビーネ・マイヤーでの
演奏をテレビで見ましたが、素晴らしかったです。年間ソリストで選ばれてたのかな、たしか・・・。モツP27も、2楽章にいつもホロリ・・・。熱狂の日でモツの時、小山さんが弾かれましたが、それが素晴らしくて・・・!こちらの本、分厚くなければ(笑) 読んでみたいと思います^^

(分厚いのは、漫画も苦手なわたくし・・・恐縮です、笑)
2008/06/04(Wed) 22:41 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
軽く読める感じの本ではないんですが、随筆が1冊の中に10編くらい入ってまして、1編ずつは20ページくらいです。この著者かなり辛口です。こんなこと書いていいの?って感じ(笑)

ザビーネ・マイヤーはCl協のCD何枚か出してますが、どれも気品があって素敵ですね。N響との共演も記憶に残るステージでした。モーツァルトの熱狂の日のときも、小山様でお聴きになったんですね。さぞかし、味わい深いモーツァルトだったでしょうね。うらやましいです(^^)v
2008/06/05(Thu) 02:02 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。