クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Without You / 海老原淳子 【CD Review】 
2008年06月13日 (金) | 編集 |
Without You /海老原淳子 【CD Review】
s-2008-6-11-00020.jpg

 ☆海老原淳子さんは、都内のライブハウスを中心に活躍されているプロのジャズボーカリスト・ピアニスト。日本ジャズ界の雄、増尾好秋氏をプロデューサーに迎え、満を持して発売された初CDには、海老原さんのジャズへの深い思いと愛情がぎっしり詰まっています。

海老原淳子さんのHPはこちら
海老原さんのブログはこちら
CDの販売方法はこちら

 ★海老原さんは、当方のつたないブログにも足を運んでくださっており、それがご縁で海老原さんとはブロともにもなって頂いています。ど素人の当方がこんな素敵なCDに対してコメントすること自体、不遜かつ僭越極まりないです。失礼や認識不足は重々承知の上ですが、「とにかく多くの方に聴いて欲しい」と思うがゆえの勇み足と一笑くださいませ(深々)。

《Songs》
1. Without You 2. Sometimes I'm happy 3. Medley(Cheek To Cheek、How High The Moon、Honeysuckle Rose) 4. La Novia 5. Teach Me Tonight 6. Rhythm Of The Rain 7. Close Your Eyes 8. Hallelujah I Love Him So 9. You Are My Sunshine 10. Just Squeeze Me

《Personel》
海老原淳子(vocal=all songs, piano=1.3.4.6.9) Mark Soskin(piano,keyboard=2.3.5.7.8.10) Tony Marino(bass=all songs except5) Marko Marcinko(drums=all songs except5) Chip Jackson(bass=5) Macello Pelliterri(drums=5) 中村誠一(tenor sax=3)

《Notes》
produced by増尾好秋  Sunshine Avenue Label / released on 2008/5

《Review》
(1)Without You(Music & Lyrics by 海老原淳子)
◆海老原さんが、長い間温めてきたオリジナル曲。抒情的なイントロに続く海老原さんのモノローグのようなつぶやき。生きることの重さ、つまずき、悔恨、それでいてどこか懐かしいような、そんな想いが込められた曲のように思いました。切々と歌う情感豊かな海老原さんのボーカルに脱帽。冒頭を飾るにふさわしい名曲ですね。
(2)Sometimes I'm happy(Music by Vincent Youmans/Lyrics by Irving Caesar)
 ◆ファンキータッチのマーク・ソスキンのイントロに乗って、ブルージーな海老原さんのボーカルが展開します。ダイナ・ショアジョー・スタッフォードらの白人ボーカルとサラ・ヴォーンカーメン・マクレエらの黒人ボーカルとでは、曲の表現が大きく2分されるスタンダード曲ですが、海老原さんのボーカルは黒人ボーカル的な力強くジャジーな名唱です。
(3Medley(Cheek To Cheek、How High The Moon、Honeysuckle Rose)
 ◆ここでの3曲のメドレーは圧巻です。当方が、最も繰り返し聴いてるのがこのメドレー。中村誠一氏の渋いテナーを含むピアノカルテットが、海老原さんのボーカルを強力にプッシュしています。中村さんの中音域の響きを生かした味わい深いアドリブフレーズに感動する間もなく、次は、海老原さんのパワフルなスキャットに驚嘆します。3曲で10分超えの大熱演です。
 ◆「Someteimes I'm Happy」「How High The Moon」「Honeysuckle Rose」は、サラ・ヴォーンの「アット・ミスター・ケリーズ」にも収録されている曲です。特にここでの「How High The Moon」は、ド迫力に圧倒されてしまい卒倒状態になります。それ以来、他の歌手でこの曲を聴いても何も感じなかったのですが、本当に久しぶりにいい演奏にめぐり会えた気がします。
(4)La Novia
 ◆アヴェ・マリア。誰もが知っている古典的名曲を海老原さんのオリジナルスタイルで印象的に聴かせてくれます。ブルージーな雰囲気を醸し出しながら、歌詞を一言一句丁寧に情感たっぷりに歌い上げています。海老原さんの素敵な祈りの世界ですね。
(5)Teach Me Tonight
 ◆海老原さんは、しっとりとキュートな歌声で哀感たっぷりに歌い上げています。マーク・ソスキンのピアノが、魅惑的なボーカルをさらに引き立てていますね。抜群のサポートです。曲によって七色の声を変幻自在に使い分けることができるなんて、素晴らしいですよね。
(6)Rhythm Of The Rain
 ◆60年代後半に大ヒットしたカスケーズの「悲しき雨音」ですね。当方は、このポップス・クラシックをジャズで取り上げた例は他に知りませんでしたので、とても新鮮に響きました。パワフルなボーカルの中に、雨の日のけだるい気分をどこか背負っているようなユニークな出来栄えです。
 ◆海老原さんは、「Without You」でもそうですが、「雨」の歌が何となく似合うようなアンニュイな雰囲気も持ち味ですよね。スー・レイニーの「雨の日のジャズ」というCDが大好きなので、ついそんな感慨を覚えました。
(7)Close Your Eyes
 ◆トニー・マリーノのベースが印象的なナンバー。最近のボーカルアルバムでも取り上げられることの多い曲で、ノラ・ジョーンズステイシー・ケントなどのCDにも収録されていますね。解釈の難しい曲だと思いますが、メリハリの効いた海老原さんのボーカルはとても魅力的です。
(8)Hallelujah I Love Him So
 ◆ブルーステイストたっぷりに仕上がっています。海老原さんの力強い歌声が楽しめる作品です。この曲も綾戸智絵安富祖貴子らも取り上げていますが、いろいろな解釈ができる曲でもあるわけでしょうね。聴き比べも楽しいです。
(9)You Are My Sunshine
 ◆独創的なアレンジで、ポピュラーソングを料理しています。ブルージーな哀感漂う海老原さんのピアノソロに耳を奪われます。歌詞の聴かせどころとツボをしっかり押さえた歌唱力とリズム感はさすがですね。
(10)Just Squeeze Me
 ◆ブルース調スローバラード。海老原さんのボーカルは、ワイルドさとソフトさの絶妙なバランスがすばらしいですね。ややもすると退屈だったり、アクが強すぎたりするスローバラードですが、じっくり聴ける仕上がりです。

《雑感》ポピュラーソングから、ジャズのスタンダードまでバラエティに富んだ曲の数々が盛り込まれていますよね。楽曲ごとに七色の声とピアノスタイルを使い分けている海老原さんの力量に舌を巻きました。海老原さんの音楽人生がますますバラ色に輝きますように!

海老原さんのブログは、気さくなお人柄がよく出ているとっても素敵なブログですよ~
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング

 

Blogをご覧になって頂いている皆様、こん**は!今日はCD販売に関してお話します。ちなみにCDはこんな感じです。LIVEを直接聞きに来られない方から、『何処で手に入れれば良いのですか?』っと言うお問い合わせが多く、、、、メールにてご連絡後郵送っと言う形を取らせて頂く事にしました。メールアドレスは、私のHPの扉にある『メール』をクリックしてください。メールフォームが立ち上がりましたら、〒郵便番号、ご住所、お電話...
CD販売に関して…

スポンサーサイト
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
初めまして~
おいらも読ませていただきましたよ~(^^)/

一応、あっと思って自分の方も見てみたらコメント頂いてましたね、おおきにです^^

まずはこちらにと思いまして…

とても丁寧に書いておられて感心しました!
CDのライナーノーツだったらこんな感じなんだろうなぁ~
おいらのではちょっと主観が強く出すぎてますから~笑

淳子さんのコメントを待とうかと思いましたが、僭越ながら先に書かせていただきました

こうやって、彼女のCDがもっとたくさんの人に聴いてもらえたらいいですね

では、またよろしくお願いしますね~(^^♪
2008/06/13(Fri) 20:07 | URL  | John #dp6IxwUE[ 編集]
ありがとうございます!
ご覧頂いてうれしいです。
生半可な内容なのでお恥ずかしい限りです。

先にJohnさんのを読んでしまうと、引きずられるような気がしました(^^ゞので、書き終わった後でしっかりチェックさせていただきました。

Johnさんの視点は、なかなか切れ味が鋭くてとても参考になりました。ぜひ海老原さんを応援していきたいですね(^^♪
2008/06/14(Sat) 19:43 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
有り難うございます!!!

読みましたぁ!!!!
もうやださん、有り難う!
Johnさんのも素晴らしかったけれど、もうやださんのも素晴らしい!!
こんな素晴らしいお二人にレビューを書いて頂けるなんて、私って超~幸せものですよ。
有り難うございます。
私のBlogにCDレビューとしてお二人のBlogをご紹介させていただこうと思います。
本当に有り難うございます。
(きっとJohnさんも読んでいると思ってお二人っとか書いちゃいました!)
2008/06/30(Mon) 06:37 | URL  | JUNE@Vo/P #7SQNuQME[ 編集]
コメント頂戴しまして、本当に恐縮です。
喜んでいただけて、私もとっても幸せな気分です♪独りよがりなところなんかも多々あるのですが、そこはどうかお許しくださいませ。

それより何より、聴いて本当に素晴らしいCDでしたよ~!携帯プレーヤーに入れていつも聴いてますよヾ( ~▽~)ツ

8月は休みに予定をほとんど入れてませんので、ライブにもぜひお邪魔したいと思っています。
増尾さんのときも聞き逃してしまって、すごく残念に思っていますm(_ _)m
2008/06/30(Mon) 17:41 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。