クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林家木久扇&二代木久蔵親子W襲名披露公演 見聞録
2008年06月22日 (日) | 編集 |
こしがや落語会
林家木久扇&二代木久蔵親子W襲名披露公演
《日時・場所》
6月20日(金) 18:30開演 於:越谷サンシティ小ホール
《出演》
林家木久扇(木久蔵改メ)・林家木久蔵(きくお改メ)・林家きく姫・林家彦いち・柳家花緑

《演者・演目と寸評》
林家ひろ木:「金明竹(きんめいちく)」 大阪弁の加賀屋の使いがくる前のところでオチをつけてました。余芸として三味線を披露。「もう終わりますから」ってのが面白かったですよ。

林家きく姫:「やかん」 知ったかぶりの隠居がやかんの語源を苦し紛れに説明する噺。歯切れとテンポがいいですね。

林家彦いち:「京浜東北線風景」 京浜東北線に乗り合わせた時に見聞きした光景を落語にしたもの。キレる若者がすごく怖いわりにはお母さんに携帯かけてたんですね(^_^;)

柳家花緑:「禁酒番屋」 酒の持ち込みをチェックする屋敷前の番屋。酒をカステラや油と偽って持ち込もうとする酒屋だが、そのたびに発覚して番屋の役人は酒盛りを始めます。役人に一泡吹かせるために一杯食わせるために酒屋は小便を持ち込むという噺。
 先代の柳家小さんの十八番。寄席で先代の噺きいたことがありますが、役人の「控えておれ」という一喝は迫力ありましたね。孫にあたる花緑も、役人の滑稽さを上手に演じていました。なかなか風格もでてきましたね。

林家木久扇:韓流スターをネタにした噺。この人の映画ネタ、彦六師匠ネタは人柄が出ていて大好きなんですよね。木久扇については過去にこんな記事(記事中一番下の方)を書きました。

林家木久蔵:「竹の水仙」 左甚五郎が宿賃代りに作った竹細工が、細川の御殿様に300両で買ってもらえるという噺。発声がはっきりしていて威勢がよく、なかなか堂に入ってきましたね。興行を重ねてめきめき腕をあげてきているんでしょうね。

《余談1 父の愛》
 当方襲名披露の席って大好きなんですよね。演者が壇上に横一列に並んで「とざいと~ざい」という口上から始まり、各人が襲名芸人に対して次々と悪口とも褒め言葉ともつかないことを言って笑いをとり、最後に三本締めで締めるんです。
 今回は息子の木久蔵をとにかく盛り上げようとする木久扇の献身的な子煩悩ぶりm(__)mが、むしろ親しみをもって感じ取れました。親父さんの想いに応えてぜひぜひ頑張ってくださいね!

《余談2 カーロック・ホームス》
 NHK教育の「知るを楽しむ」の「歴史に好奇心」では、柳家花緑が歴史探偵カーロック・ホームズ、林家きく姫がワトソン君として案内役をつとめています。今回も2人出てまして、何となくうれしく思いました。

《余談3 けちゅうら?》
 当方幼い頃から父には「このけちゅうらが!」とよく戒められています。奥タマには「調子こんでるからだよ」とかなり頻繁に言われます。けちゅうらとは父の出身である大分県南部の方言で「図に乗る。いい気になる。ヘラヘラする。」そんな意味です。
 今回もまさしくこの「けちゅうら」ぶり全開!終演後にお客を見送る木久扇・木久蔵親子に厚かましく握手をしてもらっちゃいました(^_^)/
 手拭いを買ってサインもしてもらいました~ε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o

s-2008-6-21-0000.jpg

とにかく何かにつけ、いつもうれしがっている「もうやだ」なのでした。能天気ってのも当たってる?m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:落語
ジャンル:お笑い
コメント
この記事へのコメント
サイン!
落語の会場でもサインをしてくださったりするんですねー。お見送りまで!?素晴らしいです。林家木久扇氏はいつも笑点でオバカ扱い!?(山田くーん。キクちゃんから全部とっちゃって!) ですが、物凄く頭が良いんだろうなぁー。歌丸師匠にも、いつまでも元気で活躍頂きたいな。(って、笑点ネタ、恐縮です)
2008/06/22(Sun) 22:49 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
笑点ネタ頂いてとてもうれしいです(^^)v 歌丸、木久扇あたり(山田君でさえ)も骨董品的に時代を感じさせるようになってきちゃいましたよね。落語ではふだんサインとかお見送りとかは見たことないんですが、キクちゃんは、本当にサービス精神旺盛ですね。お客あっての噺家ってこと信条にされてるのだと思います。2代目木久蔵はいいお父さんをもって幸せですね。
2008/06/23(Mon) 03:55 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。