クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローラ・フィジィ(Laura Fygi) Favorite Artists 4
2008年08月07日 (木) | 編集 |
深く敬愛するアーティストのコレクションを1回1人ずつ紹介させて頂きたいと思います。今回は第4回。ジャンルはさまざまで、コレクションは極めて中途半端です(^^ゞ
ローラ・フィジィ(Laura Fygi)
 1956年アムステルダム生まれのオランダ人の女性ジャズボーカリスト。彼女のハスキーヴォイスは、闇のしじまに溶けていくような独特の時間の流れと空間を感じさせるボーカルです。心の痛みをなめてくれるような優しさと、都会の孤独と寂寞さを片時の間忘れさせてくれるような安らぎをもった甘酸っぱいボーカルテイストだと思います。

 日本では、デビュー作「瞳のささやき」からの同名曲がテレビドラマ「さよならをもう一度」の主題歌に採用され、爆発的なヒットを記録。毎年のように来日し、ジャズクラブでのライブを行っています。

【Discography】
1. 瞳のささやき(Introducing) '92 ・・・デビュー作。スタンダード集
2. クロース・イナフ・フォー・ラヴ(Bewitched) ’92 ・・・ウィズ・ストリングス。
3. コルコヴァード(The Lady Wants To Know) ’94 ・・・ボサノヴァ集
4. レイトリー(Turn Out The Lamplight) ’95 ・・・ポップスカバー集
5. 風のささやき~ミーツ・ミシェル・ルグラン(Watch What Happens) ’97 ・・・ミシェル・ルグラン作品集  
6. ドリーム・ユア・ドリーム(Dream Your Dream) ’98 ・・・TVドラマ主題歌カバー集
7. ファースト・ライヴ!(Live) '98
8. ラテン・タッチ(The Latin Touch) '00 ・・・ラテンサウンド集
9. チェンジ(Change)'02 ・・・オリジナル曲集
10. AT RONNIE SCOTT'S '04 ・・・ 2枚目のライブアルバム
11. ランデブー(RENDEZ VOUS) '07 ・・・フランス語によるスタンダード集

【お薦めは?】
 どのアルバムも完成度が高く、出来不出来の差もほとんどありません。あえて思い入れの強いアルバムを3枚選ぶと、
 1位「瞳のささやき」、2位「コルコヴァード」、3位「ラテン・タッチ」となります。

【瞳のささやき】
 何と言っても、どこまで行っても、この曲につきるでしょう。

まずは、オリジナルのクリスタル・ゲイルから
 "Don't it make my brown eyes blue"(このブラウンの瞳まで青くなりそうよ)というこの曲のオリジナルは、カントリーのクリスタル・ゲイルで大ヒットしました。腰の下までの長い黒髪で、哀愁を帯びたフレーズを絶え絶えと歌う雰囲気が、多くの人の心をわしづかみにしました。

 

 当方、クリスタル・ゲイルも大好きでして、都会的な雰囲気をもった泥臭くないカントリーという新しいジャンル・シンガーとして注目していたものです。当時はLPを数枚持っていましたが、今はベスト盤CD以外は入手しづらい状況です。
 この曲の訳詩についての興味深い検討がこちらにあります。

続いて、ローラ・フィジィのカバー・バージョンを
 ハーモニカの絶妙なからみに要注目!



【ハーモニカおじさん】
  瞳のささやきのハーモニカは、ハモニカおじさんことトゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)。哀愁漂うハーモニカとローラ・フィジィのハスキーボイスが見事にブレンドされて、筆舌に尽くせぬ絶妙の快適空間を創出してくれます。
  彼の参加する「コルコヴァード」所収の2曲目「It Might As Well Be Spring」も、手放しでお勧め。

 トゥーツ・シールマンスの名盤は、ビル・エバンスとのデュエットアルバム「アフィニティ(Affinity)」でしょう。理知的なビル・エバンスのタッチに微妙にからまってくるハーモニカとのコラボレーションに、胸を射抜かれてしまいます。トゥーツ・シールマンスの参加したアルバムは、かなり集めて追いかけ続けましたが、この「Affinity」を超えるアルバムはありませんでしたね。
BE AFFINITY
Affinity

ローラ・フィジィの公式HPはこちら ディスコグラフィー、写真なども満載です。

当方のコレクションは下記9枚。ライブ盤2枚とランデブーはまだ持ってませんm(__)m



第1回 ナナ・ムスクーリ /第2回 アンヌ・ドゥールト・ミキルセン / 第3回 リサ・エクダール もよろしくお願いいたします。

「おいらも好きだよ。」「聞いてみたらまあまあ良かったよ。」ってなコメントでも頂けたら、涙を流して喜びまするm(__)m
にほんブログ村 音楽ブログへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。