クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻想聴き比べ4 ガーディナー指揮 ORR
2008年08月01日 (金) | 編集 |
ベルリオーズ幻想交響曲 作品14 

   ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)
  オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク〈ORR〉
1991年9月16-18録音
PHCP-5093    


 ガーディナー(1943-)は、オリジナル楽器を用いてロマン派以降の作品を演奏するためのオルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク〈ORR〉を1990年に組織・創設し、演奏活動を行っています。ガーディナーのレパートリーとしては、古典派以前の作品だけでなく、フランス近代、イギリスの作品も得意としています。

 オリジナル楽器(特に金管楽器)を用いての幻想。ここでの演奏は、現代では主流となっている鋭角的で研ぎ澄まされた響きとは大きく異なっています。ある種牧歌的ともいえるし、またモーツァルトのディヴェルティメントを聴くかのような興趣があり、非常に新鮮かつ鮮烈です。
 和みとくつろぎの要素をもった幻想とも言えるこの演奏では、緩急、強弱、陰陽の演じ分けだけでなく、音色の剛柔という新しい要素までも意識させてくれます。

  牧歌的、楽興的な部分だけに着目すると、2楽章「舞踏会」、3楽章「野の情景」での演奏だけが際立っているようにとられるかもしれませんが、4楽章「断頭台への行進」でのダイナミックで息をのむような迫力も兼ね備えた演奏であり、全体を通して非の打ちどころのない、新たな発見と感動の連続と言ってもよい秀演ですね。

 当方、携帯プレーヤーに10種類前後の幻想を入れて、常々愛聴しています。そんなこともあって、幻想はある程度慣れっこになっており、滅多に驚き・感動というのはなくなってきています。そんな状態で「おお~っ!これはすごいんでないかい?」と思えたこの演奏は、数ある幻想CDの中で、楽にベスト5入りは果たすでしょう。幻想ファンなら是非とも座右において欲しいCDです。



【幻想の鐘】
鐘の聴き比べ動画です(各2分×19種類)。きょへ~っ!うげっ!あまりにもマニアック過ぎる(+_+) 当方ですら、全部ちゃんと聴いてませんので、くれぐれもほどほどにm(__)m
【ニコニコ動画】ベルリオーズ 幻想交響曲 第五楽章 鐘聴き比べ


幻想の鐘について研究したこんなページもあるんですよ~♪すごすぎません?
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。