クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴンゾウ 伝説の刑事 最終回が楽しみ!
2008年09月07日 (日) | 編集 |
ゴンゾウ~伝説の刑事 テレビ朝日(水9) HPはこちら
いよいよ9/10(水)が最終回。中盤以降のたたみかけるストーリー展開で、奥行きのある興味深いドラマという印象。(序盤でのブログ記事はこちら。)

【ストーリー】
  ヴァイオリン奏者の天野もなみ(前田亜季)殺人事件の犯人と目された岡林(白井晃)は佐久間静一(筒井道隆)の銃弾に倒れ、事件は解決と思われた。白井が犯人とされた根拠は、もなみと同時に銃弾を受け一命を取り留めた遠藤鶴(本仮屋ユイカ)の「犯人は足を引きずっている」という証言、凶器であるイカヅチ(銃)を保有していたことの2点である。
 捜査本部も解散しほっとする空気が流れる中、盗品整理をしていた黒木(内野聖陽)は、もなみを盗撮した画像の入ったSDカードを発見し、その中の1枚から飯塚早苗(遠野凪子)を割り出し事情を聴きだす。早苗は幼少時からライバルであったもなみに対する逆恨みを抱いており、何気なく行きずリの男に「殺してほしい」と話したという。その男は「この世界に愛はあるの?」とつぶやいたという。
 3年前に黒木の最愛の人杏子(池脇千鶴)の最期の言葉でもあった。そこから黒木は、杏子の最期の言葉は、黒木への恨みつらみなどではなく、犯人の手掛かりを伝えるメッセージだったと初めて気づく。
 犯人とされた岡林の取り巻きでもあった乙部(内田朝陽)は、鶴(本仮屋ユイカ)に向かって「この世界に愛はあるの?」とつぶやく。乙部が真犯人である可能性が・・・。というところで、最終回へ。黒木にとっては、自分の最愛の人への復讐劇でもあるのだった。 

【ゴンゾウの苦悩とは?】
 備品係として覇気のない日常を送っている黒木の心の深淵を描いた第7話。とても奥の深い内容でした。殺害された暴力団員の事件を捜査する黒木の前に現れたのは、かつて一家心中から命を救ったことのある少女・杏子(池脇千鶴)。
 まだ幼い杏子に、「困ったときはいつでも助けに来るからな」「大きくなったらお嫁さんにしてやるからな」と励ます黒木の回想シーン。しかし、眼の前の成長した杏子は身を持ち崩し、夢も枯れ果てた自堕落な女になり下がっていた。「どうして一番来てほしいときに来てくれなかったの」と訴える杏子。そんな杏子を愛情をもって励ますゴンゾウは、やがて杏子を真に愛するようになり、ついには結婚の約束をする。そして、「もう2度と一人ぼっちにしないで」という杏子の願いを聞き入れて、備品係をあえて志願する黒木。しかし杏子の明かした犯人のアジトに向かう黒木であったが、留守の間に杏子は銃弾に倒れ、「この世界に愛はあるの?」という最期の言葉を絶望の言葉として受け止め、逃れられない苦悩の中に落ちていくのであった。杏子の胸には、天真爛漫な少女時代に黒木がプレゼントしたフランス人形がしっかりと抱きしめられていた。
 
【千鶴ちゃんすごい!】
 このドラマを再度取り上げたのは、池脇千鶴ちゃん(あえて敬意を表して"ちゃん"づけに)の好演!かつては爽やかで清楚な少女役が魅力だった池脇千鶴。「新春ドラマスペシャル鉄道員(ぽっぽや)/青春編(2002年、テレビ朝日)」での無垢な少女役や、「正月スペシャル 向田邦子新春ドラマ あ・うん(2000年、TBS)」での家族愛に育まれた清潔感のある少女役、「火曜時代劇大奥(2003年、フジテレビ)」での気丈な娘役など、印象に残る役柄は数々ありますが、ここではかつてのイメージとは正反対の腐りきった自堕落な女を見事に演じきっていました。27歳という女優さんとしての芸の幅を広げる時期でもあるんでしょうね。名優内野氏に真っ向勝負で負けてませんでしたね。
 敏腕刑事だった黒木が、廃人同様になってしまうような苦悩を抱くに至る重要なテーマに関わるエピソードです。ときには天使、ときには醜女というギャップのある難しい役どころだったと思います。
 
 【残る謎は?】
(その1)飯塚早苗は、行きずりの男(乙部?)にもなみを殺して欲しいとつぶやいたことから、犯人はもなみ殺害を実行します。ということは、かつて杏子も愛人の暴力団員を殺すように、犯人に頼んだことがあるということでしょうか。

(その2)犯人の動機は一体なんでしょうか。何気なく話した一言だけで、本当に実行に移してしまうのはなぜなんでしょう。「普通ではないから」という理由だけでは済ませてほしくない気がします。
 
あっさりと流してしまえる程度の刑事ドラマと思いきや、見れば見るほど深みにはまってしまう骨太な人間ドラマでした!
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遅くなりましたが、ゴンゾウの記事書いたのでトラックバックさせてもらいました。(o*。_。)oペコッ
犯人の動機・・確かにピンときませんでしたね。
でも、全体を通してみてなかなか面白いドラマでした♪
終ってしまって残念です。

2008/09/15(Mon) 12:20 | URL  | レイコ #XQniAfnc[ 編集]
待ってました!
TBありがとうございますm(__)m
レイコさんの記事楽しみにしていました。
当ブログでも、人気記事のトップに「ゴンゾウ」が来てるんですよね。それだけ人気が高かったんですね。ただ、もう1回記事書くのはネタ不足なので見送ります。
2008/09/16(Tue) 01:54 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゴンゾウがとうとう最終回をむかえました。 「内野さんが刑事ドラマかぁ~きっと面白い事をやってくれるんじゃないか?」とは思ってましたが...
2008/09/15(Mon) 12:14:24 |  OH!スーパーレイコちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。