クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古川展生 みゅーじん(音遊人) 9/21 見聞録
2008年09月27日 (土) | 編集 |
 みゅーじん(音遊人)のHPはこちら

【古川展生氏の活躍】
 25歳で都響の首席チェリストに抜擢された古川展生氏は、オーケストラでの活動のほかに、2007年には古武道というトリオでのクラシカルユニットを結成し、幅広い活動を行っています。
 古武道とは、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)との3人での活動ですが、ユニット名は川展生、妹尾、藤原山とそれぞれの名前から取ってるんですね。
 そのほかにも、映画「おくりびと」でのチェロ演奏でも脚光を浴びましたね。

【感じたこと】
 後進の育成にも尽力しており、教えているときは別人のように厳しい姿勢で臨んでいました。それだけ真剣に熱意を持って指導しているということなんですよね。
 ライブ会場での古武道のサイン&握手会は、女性ファンの長い行列!男性がほとんど並んでなかったのですが、実際男性の自分としては列に混ざるのは少し恥ずかしいでしょうね。
 古川氏の明るいキャラクターもあって、都響のチェロセクションは非常に生き生きとしたイメージがありますよね。氏の貢献度大です。

ちなみに先のブログで紹介したメンバー紹介の小冊子では、古川展生氏の音楽かとしてのモットーは「一匹狼」、趣味は「食べ歩き」だそうです。もっともっとビッグになって欲しい若き巨匠です。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。