クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本フィル 179回サンデーコンサート(10・5) 見聞録
2008年10月06日 (月) | 編集 |
日本フィルハーモニー交響楽団
第179回サンデーコンサート
 
10/5(日)14:00開演 
 於:東京芸術劇場

1. シベリウス:交響詩「フィンランディア」 
  2. モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
 3. ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
《アンコール》
 ・ チャイコフスキー:「眠りの森の美女」より「ワルツ」

指揮:西本智実
ピアノ:田部京子(2)



s-2008-10-6-0000.jpg

 【演目と演奏について】 
 「フィンランディア」は、少しアップテンポなすべり出しから、あふれ出てくる洪水のような旋律に魅了されました。金管の伸びやかなフレーズにも、終盤の怒涛のような展開にも西本智実さんのタクトが冴えわたっていました。
 「モーツァルトのピアノ協奏曲21番」は、端正できりりと締まった田部京子さんのピアノを滑らかで落ち着いた弦楽器群がうまくサポートしていました。ゆったりとピアノを歌わせる場面では、こまやかな指揮者の気配りが伝わってきました。西本さん、田部さんとくれば、コンサートマスターも江口有香さんであれば、女性の大三角形構図ができるところでしたが、今回のコンサートマスターは木野雅之さん。どっしりと足場を固めた手堅いサポートだと感じました。
 「展覧会の絵」は、今プログラム中では最も出色な演奏でした。各種楽器による主題提示を際立たせ、豪華絢爛たる一大絵巻が構築されていました。サックスのソロの醸し出す夢幻的世界は情緒纏綿たるものがありますね。また、打楽器群の正確でインパクトのある演奏も、この曲の持ち味を大いに引き出していました。金管楽器も、温かい音色で情感豊かに奏でていましたが、もう少し音が抜けて来た方がメリハリがきくように思いました。

 【西本智実さんについて】
 会場は、普段の演奏会よりも女性の比率が高いように感じました。しかも満員札止めというのは、国内オケの定期演奏会ではそうそうあるものではありません。人気実力ともに最高ランクなんですね。
 西本さんの指揮ぶりを生で見るのは初めてでしたが、流れるようにとてもスマートな動きですね。ふだん演奏会では、コンバスから、ファゴット、ハープ・・と全体をくまなく見渡しながら聴いているのですが、すっかり西本さんのパフォーマンスに釘付けになり、指揮者ばかりに目が行ってしまいました。
 西本さんはロシアに留学し、ロシアのオケを長年振ってきたこともあって、とりわけアンコール曲のチャイコフスキーが最も印象に残る名演でした。ムソルグスキーの展覧会は、ラヴェルが編曲したこともあってフランスのエッセンスやモードが注入されていますが、フランスのエッセンスもうまく引き出していたという感想を持ちました。フランスものもどしどしプログラムに取り入れてほしいです。

【西本さんサイン会】
 演奏会終了後、サイン会が行われました。CD購入時も押しくらまんじゅうしながらでしたし、サイン会の行列も3階奥まで伸びていたりと、すべてが西本さんならではの超弩級!
 行列で待つ間、大勢の女性ファンの会話がどんどん耳に飛び込んできました。毎回追っかけていたり、数枚のDVDを購入したり、西本さんにどんどん話しかけたりとか、ちょっぴり目がテン状態(・o・)。クラシック界の花形スターなんだなぁということを体感しました。

s-2008-10-6-00010.jpg

 当方はと言うと、「ありがとうございます」と満面の笑みで臨んだら、がっちりと力強い握手をしてくださり、しかも長い時間(と感じました(〃▽〃)ポッ)。足が地につかない(浮遊?)状態で会場を後にしたわけです。

西本さんの次回日本フィルでの登場は、2009年3月15日のサントリーホールでの「くるみ割り人形」全曲の演奏会です。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
すごーい!サインに握手もしてくれるなんて、嬉しいですね☆
やはりどの世界にも追っかけはいるんだなーw
西本さんはTV・雑誌やCMにも引っ張りだこで人気の方ですもんね~♪
キッカケはミーハーな気持ちからだったとしても、たくさんの人が気軽にクラシックを聴けるようになるのは素敵な事だと思います!
2008/10/06(Mon) 14:56 | URL  | くり #-[ 編集]
くりさんへ
さすが、よくご存じですね!西本さんの人気はハンパじゃないですねぇ。追っかけさんたちの気合いの入り方にもびっくりしちゃいました。宝塚顔負けですね。
おっしゃるようにクラシックを身近なものにしてくれてる功績も大きいですね。女性指揮者自体、世界でも貴重なのだそうです。
2008/10/07(Tue) 06:31 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
遅くなりました・・・・。

木野さんのドッシリ感は見るからに・・・(以下自粛!
女性ファン、多いでしょう・・・!?私もですけど(笑) 最初はあの雰囲気に戸惑っちゃうでしょう!でもでも西本さんって、人気同様の実力もあるんじゃないかなーって強く強く思っておりまする。あとカリスマ性も感じたり。去年、横浜で聴いた西本氏の悲愴・・・これはもう、私が今まで行ったコンサートの中でもBest3で忘れられないものでした!
2008/10/08(Wed) 02:01 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
がちゃ子さんへ
ふだんと雰囲気は一風違いましたが、郷に入っては・・で、楽しんできました。
指揮者としての実力ももちろん、しっかり実感してきました!次も行ってみたいと思います。がちゃ子さんに教えて頂いて、本当に良かったと思ってます(^_^)/
席は9列目の左の方(P協のときは左側を狙います)。サインの行列、男1人で並んでまして。がちゃ子さんが「まさかこいつじゃないよな・・」と思われただろう人が「もうやだ」です(爆)
2008/10/09(Thu) 09:29 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ゴージャスな時だったわ~ とにかく大興奮ッ 
2008/10/11(Sat) 16:29:22 |  がちゃ子通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。