クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緒形拳さんの遺作ドラマ 風のガーデン
2008年10月08日 (水) | 編集 |
【風のガーデン】
 風のガーデン(HPはこちら)は、10月5日に急逝した緒形拳さんの遺作ドラマとなりました。このドラマは、9月28日にクランクアップしているので、緒形拳さんは、闘病中であることを伏して最期の仕事をやり遂げたことになりました。
 脚本家倉本聰さんの富良野三部作(北の国から、優しい時間に続く)3つ目の作品となります。余命わずかな主人公の医師(中井貴一)が、絶縁状態になっている北海道・富良野市の家族の元に戻るまでを描く作品と紹介されています。
 前作の「優しい時間」も親子・夫婦の情愛をきめ細かく描く感動作だっただけに、今回の作品も緒形拳さんの遺作ということも含めて、絶対見逃せないドラマです。名優緒形拳が私たちに残すメッセージ、そして倉本聰さんのライフワークとしての渾身作が、私たちに訴えかけるものはどのようなものなのでしょうか。

《キャスト》
白鳥貞美 - 中井貴一  麻酔科医。ガンを抱える。
白鳥ルイ - 黒木メイサ  貞美の娘。
白鳥岳 - 神木隆之介  貞美の息子。知的障害を抱える。
内山妙子 - 伊藤蘭  看護師長。
二神達也 - 奥田瑛二 株不正取引の黒幕。
白鳥貞三 - 緒形拳  貞美の父。訪問医。
氷室茜 - 平原綾香 無名の歌手。貞美の恋人。

【個人的雑感】
 緒方拳さんの訃報に接して、大きな驚きと喪失感を抱いてしまったことは事実です。死の床で津川雅彦氏の手を握りながら「お前身体大事にしろよ!良い映画沢山創ってくれよな!治ったら、うなぎ喰いに行こうな、白焼きをな」という言葉を残したそうです。ドラマ主演の中井貴一のこともほめていたと津川雅彦氏のブログ(こちら参照)には掲載されています。
 緒方拳さんの出演ドラマ・映画は数限りなくあります(こちら参照)が、映画「楢山節考」、「復讐するは我にあり」、「鬼畜」などでは、人間のすさましいまでの性を迫真の演技で表現していました。山田洋次の時代劇三部作でも欠かせない役者さんでした。
 個人的には映画「砂の器」の巡査役が最も好きな役です。ピアニスト和我英良を育てた田舎(亀嵩)の巡査役です。慈愛にみちあふれた優しい巡査なのでしたが・・(ネタバレ避けます)。近年のドラマでは、「ブラックジャックによろしく」での冷徹な役が強く印象に残っています。

 遺作が倉本聰さんの作品、最期は津川雅彦さんに看取られながらというのも役者冥利に尽きるのではないでしょうか。「風のガーデン」を居ずまいを正して見てみようと思います。役者人生を駆け抜けた緒形拳さんのご冥福をお祈り申し上げますm(__)m

ポール・ニューマンの訃報もショックでした。個人的には、「ハスラー」(「ハスラー2」よりも「ハスラー」!)と「スティング」は、体にしみこんでいるくらい自分にとって価値がある映画です。「ハスラー」の退廃的な世界は、心臓がとまりそうなくらいの迫力がありましたね!はにかんだ照れくさそうなポール・ニューマンの笑顔大好きでした!!
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:風のガーデン
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
緒形拳さんの訃報には驚きました。
本当に良い役者さんでしたね。残念です。
映画の撮影を無事終えて、打ち上げにもちゃんと出たそうです。
だから周りの人はみんな気がつかなかったみたいです。
打ち上げに出たのが2日で入院が4日とか言ってました。
ギリギリまで普通に仕事をこなす所・・本当に心粋が伝わってきました。

津川雅彦さんもブログやってるんですね!
お年なのに・・びっくりしました。
2008/10/08(Wed) 11:48 | URL  | レイコ #XQniAfnc[ 編集]
生涯役者
突然の訃報、残念でなりません。
まさか8年もの間、病気と闘っていたとは・・・。
きっと、この作品を撮り終えるまでは休むものかと、気丈に頑張っておられたのだろうなと察します。
治ったら、「次郎長三国志」を観ると津川さんと約束していたそうです。
緒形さんにはぜひ観てもらいたかったです。

津川さんや緒形さんもそうですが、最近は年配の方でも結構ブログやってるんですよね~!しかも面白い!!
2008/10/09(Thu) 09:09 | URL  | くり #-[ 編集]
コメントうれしいです!
>レイコさんへ
 最後までけじめをつけた緒形拳さんの役者魂にも脱帽ですよね。逆に最後まで区切りをつけられたことだけは、緒形さんにとっては悔いの残らない晴れ晴れとした気持ちも持てただろうなと、少しほっとする部分もあって、複雑な気持ちです。
津川さんのブログ、なかなか充実しているようですよね。精神年齢が若いのでしょうかね。

>くりさんへ
 8年の闘病生活は長いですよね。そんな様子を画面では微塵も感じなかったのがすごいです。あの頃も既に病んでらっしゃったのだなあと述懐したりしています。最期の床でも「次郎長三国志」が話題の中心になってたみたいですね。これを受けて、津川さんにも日本映画界を背負っていって欲しいと切望します。私も次郎長早く見に行かなくちゃ・・(^^)v
2008/10/09(Thu) 09:41 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
緒形さん・・・本当にビックリしました。
少し前テレビで拝見した時、痩せたなぁ~、老けたなぁ~とも感じてましたが、70歳を超えてましたし、まさかこんな事になるとは思ってもみませんでした。素晴らしい役者さんでしたよね。私にとっては、楢山節考と、以前記事にも書いた事ありますが鬼畜が忘れられないーっ。緒形さんが演ずる人間の奥底にある怖さ、残酷さ・・・子供ながらに大変ショックを受けたのを覚えております。津川さんが最期を見守ったそうですが、津川さんと言えば長門さん(兄)は南田さんの介護をされてるそうですね。こうして時代は変わっていくのか・・・なんてしみじみ痛感しちゃっております。緒形さんのご冥福をお祈りいたします。
2008/10/11(Sat) 16:37 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
がちゃ子さんへ
緒形さんの鬼畜は本当に記憶も鮮烈に残ってますよね。楢山節考も忘れたいくらい怖かったです。打って変って、「帽子」「風のガーデン」と晩年の作品は、人間味がにじみ出てくるような枯れた役ですね。

南田さんの介護のこと知らなかったです。長門裕之さんは、ホントの愛妻家なんですね。記事をみていたら、介護費用も多額にわたるので、弟の映画「次郎長三国志」に出演するなどで捻出しているそうですね。
2008/10/12(Sun) 08:00 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。