クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【CDチェック】 ドビュッシー ソナタ集 
2008年01月25日 (金) | 編集 |
1.フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ 2.シランクス 3.チェロ・ソナタ
4.ヴァイオリン・ソナタ  PAL-1093 日本クラウン(廃盤)

フランス・フェスター(Fl) ヤープ・シュレーダー(ヴィオラ) エドワルド・ウィッツェンブルグ(Hp) アンナー・ビルスマ(Vc) ゲラルド・ヴァン・ブレイク(p)

オランダ人奏者によるドビュッシーのソナタ集。風景画のような感覚、自然に没入したたゆたうような感覚を覚えます。リズム感とは縁遠いのですが、甘美な夢の世界に誘われるような心地よい気分になります。本盤は廃番ですが、同じようなドビュッシーソナタとして、下のような作品があります。シランクスを聴いていて、ジャズ奏者エリック・ドルフィーの「イン・ヨーロッパ」での無伴奏フルートソロと似た感覚を覚えました。思わぬところに接点があるものですね。

スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。