クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流星の絆
2008年10月19日 (日) | 編集 |
 「流星の絆」TBS金曜22:00~ (番組HPはこちら)
  
【あらすじ】
 有明3兄弟、功一(二宮和也)、泰輔(錦戸亮)、静奈(戸田恵梨香)は、両親を14年前に殺害され、時効まであと3ヶ月。警察の捜査もむなしく犯人の見当がつかない状態で、3人は自分たちで犯人を見つけ出して復讐することを誓いあっている。
 功一は、林ジョージ(尾美としのり)の経営するカレー屋で働いていて、そこには毎日ハヤシライスを食べにくる客に戸神行成(要潤)がいる。また、泰輔はDVDの安売りショップで働いていて、行動力はあるが思慮にやや欠ける。静奈はOLをしているが、上司のいじめにあっている。

【宮藤官九郎 脚本の楽しみ】
 クドカン脚本の魅力の1つは、テンポの良い会話の応酬です。このドラマでも、幼い3兄弟が流星をみに家を抜け出すときのやりとりや、寝そべって流星を見ている3人の絆がハートフルに描かれていました。 クドカン常連の尾美としのりや、要潤の不思議キャラぶりは、まさにクドカンマジックです。何を考えているのかわからない、謎につつまれた人物です。

 今回一番楽しかったのが、ホスト杉浦太陽を罠にはめるべく、うさぎ(ふりかけちゃん)を抱いた戸田恵理香がゴスロリキャラで誘惑する場面でした。漫画の画面を織り交ぜていて、それが新鮮な効果を出していましたね。スピード感にあふれ、迫力ある動きを漫画の画面を使って表現していました。

 カナダからの手紙のエピソードは、完全なパロディーですね。タイトル画面まで出まして、しかもその背景がカラオケ画面そのものでしたね。平尾正晃、畑中葉子の生歌もちょこっと聴けました。

【思うこと。今後の展開は?】
 クドカンは、視聴者に対して次々に仕掛けをしてきています。仕掛けに気づくと抜群に楽しいのですが、見る側が意味を解さないと何でもないシーンになってしまいます。テンポが早いので、あちらこちらにワープしてしまう印象があります。まずはしっかりクドカンに食らいついていくことが肝要かと。ちなみに、戸田恵理香にポストイットを貼るのは、当方のツボとはずれていて少しも面白いとは思いませんでした。

 評価は今後の展開次第となりますが、「殺人」という「決して笑えない・笑ってはいけない」事実をも笑い飛ばしてしまうことになるのでしょうか。抱腹絶倒のシーンから、悲劇の主人公たちの現実とのギャップがどのように埋められていくことになるでしょうか。会話のキャッチボールは満足できても、果たして主人公たちに感情移入できるのか、初回だけの感想ですが、少し不安な要素もある気がします。

クドカンの常連さんがこれから出てくるのでしょうか。船越英一郎、阿部サダヲ、塚本高史あたりの出演が待ち遠しいです。次回は中島美嘉も出てくるようですね。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:流星の絆
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
ドラマ・・・今はブラッディ・マンディしかまともに見てないッス(^^;;
余談ですが、三浦春馬君・・・美しいわ~!
もう、v-10な顔して2週見入ってしまいました(笑)
またいつか、もうやださんとドラマブログ、書きたいなー。
2008/10/20(Mon) 00:33 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
がちゃ子さん、こんばんは~
今、ブラッディ・マンデイ2回分立て続けにみてました。吉瀬美智子とか、芦名星とか女優陣はかなりの曲者が揃ってますね。
これから記事書いちゃいます。見たら何でも書いちゃうんですよね(^^ゞ 上地の2つも見たんですが、書く糸口がなくってどうしよっかなあ・・。
三浦君、先日のガリレオで初めて知りました。興味持ってみてみます~

がちゃ子さんのお気に入りがあったら、ぜひまたドラマブログ書きませうね。
2008/10/20(Mon) 01:04 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
原作とのギャップが
「白夜行」や「容疑者Xの献身」のようなつもりで1話目を観て、あれれ??って思っちゃいましたw
そうか、クドカンだったと・・・・orz
今後の展開をどう持ってくのか気になります☆
2008/10/20(Mon) 16:05 | URL  | くり #-[ 編集]
クドカンファンなので、これだけは見ようと決めてました。
うん。なかなか良い感じがしました。
一回目はとりあえず紹介みたいなものですもんね。
今後がとっても楽しみです(*´∇`*)

クドカンは面白さの中に、ほろりもちゃんと入れてくると思うので殺人事件も大丈夫だとおもいます。
2008/10/21(Tue) 12:54 | URL  | レイコ #XQniAfnc[ 編集]
コメントありがとうございます!
>くりさんへ
 そうなんですよね。「白夜行」のような雰囲気かと思っていると、全然違うクドカンワールドでしたよね。なかなか楽しめそうな気はしますね。

>レイコさんへ
 私もクドカンファンなので、しっかりついて行こうと思っています。おっしゃるとおり、きちんと肝心なところは抑えてくるでしょうね。毎回頑張ってみたいと思っています。笑いのつぼにも大いに期待しています。
2008/10/21(Tue) 18:32 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。