クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風のガーデン 第4話
2008年10月31日 (金) | 編集 |
風のガーデン」(番組HPはこちら)の第4話

 過去の記事: 番組紹介記事 第1話 第2話 第3話 
 
【あらすじ】
 白鳥貞美(中井貴一)は、札幌のよさこいソーラン祭りに出場する長女のルイ(黒木メイサ)を客席から涙ながらにそっと見守る。同じ日に貞美は、友人の水木医師(布施博)にバイパス手術を施された後、ホテルの部屋でルイの訪れるのを待つが、同じ頃ルイは来るはずもない恋人を待ち続けていた。
 翌日貞美は周囲の目を気にしながら、亡き妻の墓参と、風のガーデンをひそかに訪れ、成長した長男岳(神木隆之介)を遠巻きに見守る。
 貞美の異変に気づいた内山妙子(伊藤蘭)は、病気のことを明かさない貞美を責め、翌朝には病院長(小野武彦)に報告させる。

【甘酸っぱい青春】
 ルイ(黒木メイサ)は、妻子ある男性に無我夢中で周囲がまったくみえません。父に会う気はないと毅然と言い放つルイ。
 恋愛に盲目になればなるほど、もっと肝心なことを見落としてしまうことってよくありますよね。特に若い時期はみんなそうだと思います。後になって考えると、「どうしてあんなに無茶なことをしたんだろう」とか、「知らず知らずにまわりの人に迷惑をかけてしまっていた」というような経験はありませんか。そういう「若気の至り」、「悔恨の塊」こそが青春なのかもしれません。

【印象的な場面】
 こっそり富良野を訪れる貞美。イングリッシュガーデンのあたたかいたたずまいの中に誘い込まれるように入ると、そこにひょっこり現れる岳。長らく会っていない岳を遠巻きに見て涙ぐむ貞美。貞美は飛び出したくなる気持を必死で抑えていました。

 同級生との会話。ざっくばらんな花屋の同級生との会話が、過去の遊び人としての貞美と現在の貞美の大きいギャップを感じさせて、印象的でした。鋭いつっこみにたじたじとなる貞美。そんななかで、貞三のことは「赤ひげ先生」と語られていました。やっぱりひとかどの人物なんですね。

 養蜂業者の息子が帰ってくることを喜んでいた石山の息子が登場しました。「さんざん悪いことをして反省がない」と以前語られていましたが、さすがに手が早いようですね。早速ルイに目をつけたようです。ちょっとこれからドキドキです。
 
 看護師長の内山が、貞美を問い詰める場面は圧巻でしたね。「なぜ私に言ってくれないの」という叫びには万感の思いが込められていました。病院長に「最後まで働かせてくれ」と訴える貞美の気持にも想像を絶する悲壮さがありました。

 大天使ガブリエルを例に、暗に父親の過ちのことをしみじみと語る岳と貞三。最後はたじたじになって逃げ出してしまう貞三。「移り気」なことが「いけないこと」というのがうまく岳には伝わらなかったようです。

【私事:蜂飼ってました】
 小学生のころ、九州の祖父が趣味で蜂を飼いはじめました。再三スズメバチがミツバチを襲ってくるのでいつも監視しておかなければならず、虫取り網をもっては撃退していました。少しでも目を離すと数十匹のミツバチが殺られてしまいましたね。当方も含め、家人もスズメバチに何回か刺されました(+_+)。ミツバチと違ってものすごく痛いんです。顔が腫れあがります。
 群れが大きくなると、新しい女王蜂が誕生して、それを中心に分蜂といって、新しい集団が誕生し、巣箱を出ていきます。蚊柱のように、女王蜂をてっぺんにして千匹くらいの蜂が群れをなして飛んでいきます。分蜂しないように、女王蜂が誕生したらすぐに新しい巣箱へと導かなくてはいけません。
 うっかり新しい女王蜂を見逃してしまうと、蜂の群れを追いかけて行って虫取り網で回収してしまう必要があります。その作業がこわいのもありますし、随分必死で大変だったのを覚えています。
 群れを見つけて回収してきたのはいいのですが、地元で生息している地蜂だったりしますとがっかりです。生来生息している地蜂は、蜂蜜を取るためのミツバチとは種類が違いまして、蜂蜜の品質が大きく劣るんですよね。養蜂用のハチは、背中も綺麗に黄色く輝いていますが、地蜂は背中が若干黒ずんでいます。

 番組中でも何の花の蜜かということが話題になっていましたね。イングリッシュガーデンで採れる蜜の味はさぞかし、美味なのでしょうね。当方たちが飼っていた蜜蜂は、巣箱が最大で4つくらいまでになりまして、全部で10リットルくらい蜂蜜が採れました。そのときのハチミツは、レンゲ畑で採れるミツが中心でした。美味しかったですよ。加工していませんので、少しおくとカチコチに固まってしまっていましたね。1年もしないうちに祖父も飽きてしまい、分蜂をそのままにしておいたら、全部いなくなってしまいました。
 
 緒形拳さんの出てくる場面は、居ずまいを正してみていますね。枯れた味わいはしっかりかみしめてみたいと思っています。あと何回緒形拳さんに会えるのか、ドラマの回数が残り少なくなってくるのが、とても寂しい気がします(T_T)
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:風のガーデン
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。