クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都響 11/23 作曲家の肖像《ドヴォルザーク》
2008年11月25日 (火) | 編集 |
東京都交響楽団 
作曲家の肖像 vol.70 《ドヴォルザーク》
11/23(日) 14:00開演 於:東京芸術劇場

1. 謝肉祭
2. スラブ舞曲 1-1、2-2、1-8
3. チェロ協奏曲 
(チェロ:ルートヴィヒ・クヴァント)
アンコール バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番より サラバンド

東京都交響楽団
指揮:小泉和裕

    s-2008-11-24-0000.jpg

 【プログラムと感想】 
  「ドボコン大好き」の当方にとって、今回のプログラムは見逃せない内容でした。結論を先に言ってしまうと、大いにがっかりした内容でした。
 チェロのソリストは、ベルリンフィルの首席チェリストのルートヴィヒ・クヴァント氏。ホルンの主題提示も何とかうまくいって、これからというチェロの出だしは何とも調子っぱずれな音程で、以降オケともぴたりと息があってません。第2楽章前に調弦して音程は問題なくなったとしても、クヴァント氏が緩急をつけてソロフレーズを弾くたびに、オケとは微妙にずれが生じてしまっていました。
 現在ベルリンフィル来日中ですが、その合間の忙しい時間を縫っての出演だったのでしょうか。当日4時から川崎でベルリンフィルの公演があったようですが、そちらに駆け付けるのは無理だとは思いますが・・。リハーサルや最低限の打合せはできてたんでしょうか。指揮者を一顧だにするでもなくひたすらマイペースで奏で続けるクヴァント氏だけが目立った公演でした。あ、そうそう、チェロ協奏曲で、コンマス矢部さんのソロフレーズは甘美で非常に素敵でした。

 そのほかの、スラブ舞曲や謝肉祭は、都響なら当然これくらいできるでしょうよねという感じで、あまり印象には残らなかったです。前半25分、後半40分というプログラム編成もボリューム不足の感あり。どうせなら交響曲を1曲入れてほしかったです。そうしてれば、都響もその日のうちに名誉挽回できてたでしょうに。
 
【ドボコン、今年3本目】
 夢遊病者のようにドボコンを追いかけ続ける"もうやだ"。今年1回目は読響、2回目は東フィル、そして今回が3回目となりました。
 8/17  読響 指揮:橘直貴 チェロ:ユン・ソン (記事はこちら)
 10/19 東フィル 指揮:ミハイル・プレトニョフ チェロ:ルイジ・ピオヴァーノ(記事はこちら)
 11/23 都響 指揮:小泉和裕 チェロ:ルートヴィヒ・クヴァント

そして、来年は
 2/13 N響 指揮:カルロ・リッツィ チェロ:ミクローシュ・ペレーニ (詳細はこちら)にも参ります。

◎3本のうち、断然傑出していたのは、ピオヴァーノ、プレトニョフ、東フィルの演奏。東フィルの首席チェロ奏者としてゲスト参加もしていたピオヴァーノ氏と東フィルの呼吸はぴったり合っていましたし、気迫のこもった雄渾な演奏には感服しました。そしてチェロの出番まではかなり時間があるこの曲で、冒頭から目をそらさず指揮者に傾注している姿勢。さらに、アンコールで東フィルのチェロセクションと合奏してくれたこと。チームワークの良さと、ピオヴァーノ氏の謙虚でフレンドリーな態度にも感動しました。

やみくもにドボコン追っかけるのもそろそろやめるかなぁ。次のN響が良かったら、また追いかけそうですけど。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。