クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都響 第672回定期 12/16
2008年12月18日 (木) | 編集 |
東京都交響楽団
第672回定期演奏会 Bシリーズ
 
12/16(火)19:00開演 
 於:サントリーホール

1. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
 ピアノ:小山実稚恵 
  2. ベルリオーズ:幻想交響曲
指揮:ステファヌ・ドゥネーヴ
東京都交響楽団



    s-2008-12-17-0000.jpg



 【演目と演奏について】 
 今年2月の都民芸術フェスティバルでも、都響の「幻想」を聴きました(記事はこちら)。このときに感じた圧倒的迫力と深い感動が忘れられず、またも「都響の幻想」を追って、このコンサートに行ってきました。

 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番は、小山さんの情緒纏綿たる演奏に琴線を大きく揺さぶられました。小山さん自身この曲を愛好されていることもあり、堂々たる存在感と、絶妙な間の取り方は余人の追随を許さないだけのスケールの大きさと深い余韻を感じました。第1楽章のカデンツァでは息を呑まんばかりの緊迫感ときらびやかな調べを堪能できました。
 ドゥネーヴ氏の指揮は、メリハリのある統制のとれた演奏でしたが、小山さんのツボをはずさず押さえていたかというと、若干疑問が残りました。自分なりの解釈で猪突猛進突っ走る感性の指揮者というイメージで、協奏曲でのソリストとの豊潤なハーモニー、円熟味という域に達するにはまだ少し若いのかもしれません。

 ベルリオーズ:幻想交響曲では、ドゥネーヴ氏の本領が思う存分に生きていました。豪快で闊達な演奏には息をつく間もなく、躍動感があふれ、都響の力量が余すところなく発揮されていたと思いました。前述の2月の都響では、梅田俊明氏の指揮で、あとあとまで気になって仕方がないくらいの名演を聴かせてくれましたが、今回はそれよりもはるかに凌ぐ名演だったと思います!
 金管の咆哮、弦楽器の一糸乱れぬ緊迫感、コールアングレの陰と陽。「舞踏会」での身を躍らせたくなるようなあふれんばかりのリズム感、「野の風景」での牧歌的風景を体現させる抒情美、「断頭台への行進」での絞首台へ引き連れられていくようなリアリティとスリル感、「魔女の夜会の夢」で鳴り響く鐘の音に溶け込んでいくような夢幻美。超弩扱の迫力と、ベルリオーズの醸し出すまさに「幻想」をみた印象でした。

 ぜひぜひ「都響の幻想」はお勧めですよ!また演奏機会を探して馳せ参じたい気持ちでいっぱいです。ただ、今回のドゥネーヴ氏の指揮にまさる勢いはなかなか求めても得られない完成度だとは思うのですが・・。演奏後も絶賛の拍手は楽団員が退席するまで延々続きました。
 愚考を恐れずに言うとすれば、今回の演奏は、レヴァイン指揮・ベルリンフィルの豪快で力強い奔放な演奏スタイルにどちらかというと近い演奏かと思いました。

カリスマ的オーラを放つドゥネーヴ氏の指揮には、今後とも目が離せません。ハープが両翼に配されているのもユニークでしたが、ハープの音で包まれるような独特の音響効果が出てましたね。
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
おお!!
このコンサート、喉から手が出るほど行きたかったんですよね・・・(^^;; その前で、ちょいとコンサートに行き過ぎた事もあり、行けませんでした(><) 小山さんってこの3番を特に愛されてるんですよねー。1楽章のカデンツァ、あれはもう会場で聴いてたら鳥肌もんじゃないっすか!?くぅー行きたかったよぉ!!ドレスは赤系でしたか?小山さんって曲に合わせて色を選ぶようなので、ラフマニノフの時は赤系多しです^^ 

都響の幻想、心しときますね。
私は今年、杉並公会堂で聴いた、日フィル/西本指揮の幻想に度肝抜かれちゃったんですよね・・・。

PS・・・
グリーンチャンネルのカレンダー
やっぱり当たりました(笑)^^
ありがとうございます m(__)m
2008/12/20(Sat) 02:59 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
がちゃ子さんへ
さすががちゃ子さん!小山さんのドレスは赤系でした。曲のイメージにもぴったり合ってますね。カデンツァは独壇場ですね。固唾を呑んで聴いたって印象でしょうか。体が前のめりになってしまうのを感じました(笑)。

西本さんや、日フィルでも幻想の聴き比べをしてみたいですね。都響はなかなか放送で流れませんのでもったいないです。読響はなぜだか定期公演を放送せず、公開公募によるコンサートを収録するんですよね(謎)。曜日が都合悪くて公募にはいけないだす。

カレンダー、私の方もザクザクものです。グリーンチャンネルもゲットしましたよ~ 飾るものを選り好みする感じになってしまいました(汗)
2008/12/20(Sat) 15:42 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。