クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風のガーデン 最終話
2008年12月20日 (土) | 編集 |
風のガーデン」(番組HPはこちら)の最終話

 過去の記事: 番組紹介記事 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
 
【あらすじ】
 ルイ(黒木メイサ)と腕を組んでヴァージンロードを歩く貞美(中井貴一)は、お芝居だと知りつつも、感動で涙がこみ上げてくる。結婚式後、貞美は家族のもとで療養することにする。貞美は、結婚式がお芝居だったことを知っていたとルイに語り、「もう芝居は止めよう」と話す。また、貞美のキャンピングカーは、結婚式の花婿役を務めた修(平野勇樹)にプレゼントするようにルイに頼む。
 そして、ますます病状が悪化する貞美は、父(緒形拳)と娘の温かい看護を受けながら、家族を笑わせようとわずかに残る気力をふりしぼってジョークを口にする。

 内山妙子(伊藤蘭)は、貞美の看病をしたい旨貞三に訴えるが、貞三は家族だけで見守るからと丁重にその申し出を断る。

 最後の闘いの後、貞美は他界する。貞美の死後、理容室のエリカ(石田えり)と貞美の想い出を語る貞三。「カンパニュラの恋」で世に出た茜(平原綾香)に、カンパニュラの押し花を渡すルイ。春がきて、貞美のキャンピングカーがあった場所には、エゾエンゴサクの花が咲き乱れていた。

【岳とガブさん】
 旭川で花の手入れをする岳(神木隆之介)にふと聴こえたガブさんの声。
「ナツユキカズラの花言葉は何ですか?」
「今年の冬に降るはずの雪です。」
 一陣の風が岳を通り過ぎていきました。岳に別れの言葉を告げるように。富良野の初雪を見る前に去っていった貞美を暗示しているようでもあります。

【貞美を語る貞三とエリカ】
 貞美の49日も過ぎた12月23日。貞三は小玉理容室に散髪にひょっこり現れる。

貞三:「結婚式のシナリオもあんたが本当の原作者でしょ」
エリカ:「あれはただ」
貞三:「いいんですよ。貞美は本当に喜んでいました」
エリカ:「すみません」
貞三:「ただ、あの芝居ばれてましたな」
エリカ:「先生もそう思われますか?」
貞三:「ええばれてました。知っててあいつ協力してくれたんです」
エリカ:「ですよね」
貞三:「です。あいつはもともとジョークを言ったり、いたずらをすることが大好きだった。」
エリカ:「先生も淋しくなっちゃいましたね」
貞三:「それこそ悪いジョークですよ。死ぬ順番が全く逆です」

 このシーンに最も強い感慨を覚えました。にこやかに話す2人の胸に去来する貞美の姿は、大天使ガブリエルにさえ思えるのではないでしょうか。緒形さんの最期のセリフでもありました。とにかく、人懐っこくあたたかく人を惹きこんでしまう、素敵な、とびきり素敵な笑顔です。そして口元には一抹の淋しさを背負った笑顔でもありました。
 役者としての緒形拳さんが私たちに最後に見せた笑顔の贈り物。胸にしっかり刻みつけておきたいと思います。

 そして、緒形さんの番組中での最終シーンは、眠っている岳の頭をやさしくなで、廊下の窓の初雪にふと目をとめるシーンでした。まるで神木君に「大きく育てよ。立派な役者になれよ」と言っているようでもありました。

【エゾエンゴサク】
 翌年の春。ガーデンの岳は愛犬ホタルの幻を追いかけます。たどり着いた場所には、エゾエンゴサクの花が咲き乱れていました。かつて貞美のキャンピングカーが止めてあった場所です。「来年の春、楽しみに待ってろよ。ここら一帯に咲かせてみせるから」と話していた貞美の言葉が耳元で聴こえるような気がしますね。
 キャンピングカーで生活しながら、時間をみつけて球根を植え続けていましたね。キャンピングカーの置いてある場所だけがぽっかりと穴が開いたようです。

【終わりに】
 緒形さんの訃報を聞いた直後に始まったこの倉本ドラマ。今日はどんな緒形さんがみられるかと毎週木曜には家に帰るなり、このドラマにかじりつきました。ついに最終回も見終わってしまいました。心底淋しいですね。緒形さんの記事を書くことももうないんですよね。
 ドラマの最後に、「緒形拳さん、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします」とありました。わたくしも、まったく同じ言葉を重ねたいと思います。

 巧みな演出・描写と、名優たちの秀演で、人間の心のひだまでがはっきりと映し出されるような素晴らしいドラマでした。緒形さんとの共演という財産を、若い共演者たちには大きく育つ糧にしていってくれることでしょう。黒木メイサ神木隆之介、新人の平野勇樹、初演技だった平原綾香。本当に名演技でしたよ。中井貴一さんにも、一期一会ともいうべきこのチャンスをステップに、大大大俳優へと歩んでいって欲しいです。
 
 初回の冒頭部でボケ老人を演じた大滝秀治さん、貞三を諌める姉の役だった草笛光子さん、大ベテランとの競演でも、さらに輝きを増したドラマだったと思います。

初回のレビューから長丁場でしたが、お読み頂いた皆様には、深く感謝いたします。ふと物思いにふけってしまうここ数日です。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:風のガーデン
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
ワタシは飛び飛びで見ていたのですが、やはり最終回、大泣きとまでは行きませんが、ぐっとこみ上げてくるものがありました。

ワタシも、最後のテロップに関して同じ思いです。
素敵なドラマでしたね。
2008/12/20(Sat) 16:09 | URL  | トリコ #-[ 編集]
トリコさんへ!
トリコさんもご覧になってたんですね(^_^)/
泣かせる設定って感じではなかったので、しみじみじわっと感動する感じの最終回でしたよね。とてもいいドラマだったと思います。

トリコさんは海外でも、日本の番組がほとんど見られるんですね(^^) すごいですね。
2008/12/22(Mon) 09:02 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
こちらにもお邪魔します
おくればせながら、とびとび見た穴を見たい場合を。。。。。
http://www.veoh.com/search.html?type=v&searchId=273035021430193014&search=kaze+no+garden
2008/12/24(Wed) 18:54 | URL  | サチ #7G.FTnRs[ 編集]
>サチさま
どうもありがとうございます。こちらでぜひまた復習してみたいと思います。とてもありがたいです。
2008/12/27(Sat) 09:10 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。