クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レニングラード国立歌劇場管 12/21 一橋大学でのコンサート!
2008年12月21日 (日) | 編集 |
レニングラード国立歌劇場管弦楽団 第13回くにたち兼松講堂 
音楽の森コンサート
 
12/21(日)14:30開演 
 於:一橋大学兼松講堂

1. グリンカ:序曲「ルスランとリュドミラ」
   2. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 
ピアノ:ウラジミル・ミシュク
 アンコール:ショパン ノクターン20番
3. チャイコフスキー:交響曲第6番
4. チャイコフスキー:花のワルツ
指揮:宮城敬雄
レニングラード国立歌劇場管弦楽団


 【ごくごく簡単な感想】 
 宮城敬雄氏は、一橋大学のOBで50歳から指揮を勉強し始め、海外のオケとの共演歴もある指揮者です。氏は高輪プリンツヒェルガルテン(HPはこちら)のオーナーでもあります。今回氏が「悲愴」を振るのは初めてなのだそうで、リハーサルで計7時間をかけての本番だと話しておられました。
 
 演奏の内容はというと、全般的に音の流れが分断されてしまう部分が多く、拍自体が揃ってなかったり、また、音が澱んでしまう場面も気になりました。個々の力量やオケの実力は高いと思うのですが・・。別のコンサート評(こちら参照)ですが、私もほとんど同じ意見をもちました。当方は多言を費やさず、こちらを参考にしてくださいませ。私もオケを振ってみたいなぁ。それにしても先立つものが・・ってところでしょうか。

 ミシュクのピアノは、情感たっぷりのメランコリックな演奏で、心に響きました。ミシュク氏のアンコール曲は、ショパンのノクターン第20番。「風のガーデン」の主題歌、平原綾香の「カンパニュラの恋」でも今旬の曲ですね。切々と心に響く演奏でした。
  クリスマス用に用意されたというアンコール曲「花のワルツ」は、踊りだしたくなるような楽しい雰囲気でした。

【一橋大学に突入!】 
s-PC210203.jpg
 会場は一橋大学内の兼松講堂(上の建物です)。文化遺産としての価値もある古色漂う建物です。
珍しい演奏会場ですので、それだけでもこの演奏会に飛びつきました。それと・・、この時期第九ばかりですからね。「おっ、第九じゃない演奏会だ」ってのもチケットを購入した理由でした。
s-PC210204.jpg
 会場内の様子はこんな感じ。

 ところで、一橋には大昔受験で来たことがあります。みごとに?不合格でした。高校時代のお勉強の9割方は数学に時間をかけてましたね。数学はとにかくセンスが悪い、ひらめきがない、応用力がない・・などなど向いてないもいいところでした。考えても考えてもわからないんですよね(T_T)。結局マンモス私学に進みましたので、この数学にかけたお勉強時間はまったくの無駄!最初から私立文系の3教科だけなら無駄な勉強しなくてすんだのに(^_^;)。などとつまらぬことを考えながら、キャンパスを散歩してました。

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング 
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
またきました♪
この時期第九じゃないっていいですね。♪
グリンカは聴いた事がありません、、、
ところで、もうやださん ごめんなさい。
前のコメントに私もクラシックは詳しくない と
書いていますが、私もではなく 私はの間違いですから~v-404
♪音符♪も読めないような私が 、なんて、、、。
本当間違えたのです。
又遊びに来ます。♪


2008/12/22(Mon) 20:30 | URL  | whitypearl #-[ 編集]
兼松講堂
懐かしいですね、私もここでコンサート聴いたことあります、学生の頃。
…って、あたかも一橋大出身みたいですね。
学生の頃コンサート聴いたって、別にウソじゃ無いですよ、高校生の時でしたが(笑)。金昌国さんのフルートでバッハなどを聴きました。演奏は良かったのですが、隙間風が抜ける様な建物で音響は劣悪でした。今は改修されているのでしょうか?
2008/12/22(Mon) 20:42 | URL  | golf130 #8jHFfXP.[ 編集]
コメント感謝です!
>whitypearl さんへ
いらっしゃいませ(^_^)/ぜひぜひお気になさらずに・・。私も詳しいようでもあり、詳しくないようでもあり・・・(笑)。どうか気安くお考えいただいて(^^)v

第9じゃないコンサートを探す方が大変なんですよね。第9を年に複数回聴く人もいるんでしょうかねぇ。またぜひ遊びに来てくださいね。

>golfさんへ
 やばいっす(爆)。アタック25の児玉清氏以外にも一橋OBが・・とか思っちゃいました(笑)。高校生のときにいらっしゃったんですね。
 音響効果は望むべくもないですね。ヒーターを入れるとうなるような音がするようなので、演奏時にはヒーターを切ってました。本来のステージは狭いので、卓球台の大きくて頑丈なようなものをおいて場所を拡張してまして、そのうえでピアノやチェロやコンバス・・。響きが澱んじゃいますかね。戦時下の慰問公演のような風情?それはそれで含蓄の深い趣向ではございました(#^.^#)
2008/12/23(Tue) 12:14 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
凄いっ!!!
一橋を受験されただけでも凄いっす!
私の身近では、北大(北海道大学)を受験しただけで我らのヒーローでしたよ(笑)
勿論、不合格でしたが。あ、勿論なんて友に失礼ですね(爆)

一橋大学なんて、入ったこともない!
いや、、見たこともない。
通りがかったこともなし(爆)
凄い建物なんですね^^
2008/12/23(Tue) 14:56 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
>がちゃ子さんへ
 どうせ落ちるんなら、「東大をねらってた」くらいの方がよかったかもですね(^_^;) わたくし、東大近辺を歩くときは、まともに立っていられません。ほふく前進しています。よっしぃかよ!
 一橋の方は、何ともいにしへの情緒漂う建物でしたねぇ。国立で、帰りに別の種類のホールなど行こうかと思ったんですが、風致地区なんだかそういうのないんですよね。おかげさまで真面目に?ディスクユニオンで10枚ばかり買いあさりました。
2008/12/24(Wed) 05:37 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。