クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベール作品集 デュトワ モントリオール響
2007年12月17日 (月) | 編集 |
《収録曲目》交響組曲『寄港地』 フルート協奏曲 モーツァルトへのオマージュ 交響組曲『パリ』 バッカナール ボストニアーナ ルイヴィル協奏曲
《演奏》ティモシー・ハッチンズ(fl) モントリオール交響楽団 シャルル・デュトワ(指揮)

最近フランスものに傾倒しています。
軽妙洒脱という言葉がふさわしいデュトワ、モントリオール響の音作り、イベールのエスプリの効いたエッセンスを味わい深く引き出しています。どの曲も聞き逃せないほど、緊張感にあふれた演奏ですが、特にフルート協奏曲は、他の追随を許さない秀逸な出来です。

イベール作品集では、他にマルティノン、佐渡裕の指揮も出ていますので、早く聴き比べてみたいです。
スポンサーサイト
テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。