クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ記事消失防止
2009年03月07日 (土) | 編集 |
 あちゃ~!また記事が消えちゃった(+_+)

 結構長い時間かけて、記事を書いてたんですよ。もうほぼ書き終えてアップしようかというときに、フリーズ!かなり考えた記事だったんですけど・・・。

 もう1回最初から書く元気でるかなぁ?記事の中身は海外ドラマ「アグリー・ベティ」の大ファンですって記事で、登場人物それぞれ寸評を書いてたんですよね。

 「記事消失」ってもう数回はやらかしてます。いい加減学習しろよって話なんです。

 FC2ブログでは、こんな記事消失防止法があるのだそうです。実際、今試しています。うまく作動するようなら、記事消失、顔面蒼白ってパターンこれで終わりにしたいです!

メモ帳とか、Wordとか別の文書作成ソフトを使ってアップすれば確実なんですが、ちょっとした手間を惜しんで墓穴を掘っていますorzレンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
記事、コメント消失
私も何回もやっています。
いつも携帯入力なので、キー操作を焦るとうっかり消失してしまいます。
ですから、最近はなるべくこまめに保存することと、長めのコメントを書いた時はコピー機能を活用して、万一の消失に備えています。
少し長い文章を書いて消失するとショックですよね。書いた文章の雰囲気は記憶していても、なかなか元の様に再現出来ませんからね。気力も失せますし。
2009/03/07(Sat) 19:05 | URL  | golf130 #8jHFfXP.[ 編集]
あるある!
PCも固まりますが、その瞬間、
自分も画面の前で固まっちゃいますよね!
FC2の場合、新規記事の場合は保存してくれますが
編集だったりするとNGなんですよね。
私も特に力入れて書いたものが消えた時の
あの喪失感!分かりますよぉ~!
消えたすぐって割と内容を覚えているので
ある程度スラスラまた書けるんですけど
ゴルフさんの仰るように、元の様には戻せない。
しかも、最初に書いたものが一番内容が良いワケで・・・。
そっか、ワードで書くという手も。
でもそれもまた絵文字なんかもすぐ入れられないし
めんどいかなぁ~。とにかく新規記事だけじゃなくて、何でも保存してってほしいですね<FC2。
2009/03/08(Sun) 15:55 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
コメント感謝です!
>golfさんへ
 携帯入力だと余計に消失することが多そうで、大変ですよね。Googleで調べたあげくに最後にフリーズってなると途方に暮れちゃいますね。再現するのは雰囲気は覚えていても、貧困なボキャブラリーで迷いに迷った挙句に選んだ言葉は全部飛んじゃってまして。よかった、すばらしいくらいのボキャしか出てこなくなっちゃいます(苦笑)。何とか無駄な神経を使わずにアップできる方法があるといいんですけど。

>がちゃ子さんへ
 なかなか元に戻すのはしんどいですね。大昔、停電になったとき、文書作成に3時間かかってまた1からやり直しだと、3時間分の労働時間を返せ~って気が変になりそうなことってよくありました。無駄な買い物をしたり、お金をすっちゃうよりも、もっともっと悔しい気がするのはなぜでしょう。人は同じことをまたやれっていうのが耐えられないのでしょうか。だとすると・・・森光子の放浪記とか、オケの皆さんの第9ってある意味苦痛?でも彼らはそのたびにお金が入るわけですしね。こちとらフリーズしたらゼロですもんね。
 がちゃ子さんの記事は絵文字が楽しいですもんね。それだけ後回しって超めんどくさそう。

 実は・・実は・・・FC2のせいでもなんでもなく、検索しまくって記事書いてましたので、窓を減らそうとチャカチャカ軽率に×押して閉じてたら、記事本体部分も閉じちゃったんですよ。あああ、ガサツな人は損をする~(泣)。大変失礼いたしました。
 
2009/03/09(Mon) 00:51 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。