クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんな見たよね! 湯けむりスナイパー
2009年04月12日 (日) | 編集 |
 湯けむりスナイパー テレ東 金曜深夜0:12~

 ここの記事で紹介しました遠藤憲一(エンケン)主演の「湯けむりスナイパー」(HPはこちら)
 上の記事で、「皆さんも絶対みてね~!約束よ!」って書いたけど、皆さんもちろんご覧になりましたよね!

《パターン1 かま言葉》
 えっ、まさか(>_<) その言葉だけは聞きたくなかったのよね。お願い、嘘だと言って。

《パターン2 若者風》
 まじっすか?ありえねー。みてねぇってっすか?

《パターン3 嫌味な体育教官風》
 もちろん全員みたよな。今日ぐらいはグランド10周しなくてすむはずだよな。

 「だから何なの?」的な無駄にテンションの高い前ふりでしたm(__)m まさかこんな深夜のマイナーなドラマをご覧になっている方がいるはずもなく、ここまでの流れをあっさりスルーしつつ、レビューです。

【あらすじ】
 元殺し屋の源さん(遠藤憲一)は、足を洗ってひなびた旅館で働いている。女将(伊藤裕子)と主人(でんでん)の経営する旅館で起こるトラブルに巻き込まれるたびに、昔の血が騒ぐのであった。

【コメント】
 スナイパーの標的になった人は、エンケンがうろうろしていたら、こいつは殺し屋だって必ずわかりますよね。「私はスナイパーですよ」って顔にかいてますもん。
 「旅の恥はかき捨て」「老いらくの喜び」などを深夜番組ならではの意味深なニュアンスで描写していましたね。バイオレンスシーンも過激ですし、なかなか濃いドラマです。
 これからもエンケンの渋い・熱い演技に期待大!

 ところで、花王アジエンスのCMをみていたら、「おっ、これエンケンのナレーションじゃない?」こちらをぜひご覧くださいませ。(Media Playerが開きます。)

昔土曜の正午に「お笑いスター誕生」って番組をやっていたのを皆さんご存じですか?そのまんま東(ツーツーレロレロ)、とんねるず、小柳トム(バブルガムブラザーズ)、イッセー尾形らを輩出したオーディション番組です。故山田康雄氏と中尾ミエが司会を務めていました。素人参加OKで、10週勝ち抜くとグランプリを獲得。上のドラマに出ている「でんでん」もこの番組の出身。「なぁみんな」とかって観客に呼びかけ、ディーン・マーチンの「Everybody loves somebody somehow~ ♪」ってBGMで登場していましたね。レンタルCGI
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
テーマ:テレビ東京系
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。