クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【展覧会】日本の美術館名品展 《日本の絵画編》
2009年06月30日 (火) | 編集 |
 日本の美術館名品展
4/25~7/5  東京都美術館(HPはこちら)

日本全国100館の公立美術館所蔵の名品を集めた展覧会です。期日は7/5まで。開催期間はあとわずかです。最終週は開催時間延長も行われています。

今回は日本の絵画編。もうやだが特に印象に残ったものをピックアップしてみます。

s-2009-6-29-0003.jpg
黒田清輝 ポプラの黄葉 1891年 島根県立石見美術館
・一面黄色く染まった奥行きのある森の風景です。パリ郊外のリグレー村の風景。

s-2009-6-29-00010.jpg
岡鹿之助 遊蝶花 1951年 下関市立美術館
・雪景色の中の洋館と三色すみれの可憐さとが絶妙に対置された、夢幻的な作品。

s-2009-6-29-0005.jpg
福田平八郎 鮎 1940年 大分市美術館
・川を悠々と泳ぐ鮎の動きが簡略な素描で印象的に描かれています。当方中学時代に大分に在住しておりまして、大分出身の福田平八郎の展覧会に行ったことがあり、氏はとてもなじみ深い画家です。高山辰雄氏も大分出身ですね。

s-2009-6-29-0002.jpg
山本丘人 流水のうた 1973年 東京都現代美術館
・現代絵画の潮流の中で、あえて古典的な手法を貫いている作品。初夏の小川に菖蒲、まるで夢の中に出てくるような風景です。視線が釘付けになってしばらくは立ち去ることができませんでした。実に素晴らしいと思いました。

s-2009-6-29-0004.jpg
萬鐵五郎 薬罐と茶道具のある静物 1918年 岩手県立美術館
・茶色を基調にした地味めな静物画ですが、何となくユーモラスなゆがみと茶器などからにじみ出てくるあたたかさのようなものが感じ取れます。もうやだはこの作品が一押しでした。

前期後期で入れ替えがありまして、見られなかった作品もいくつかありました。少し残念だったのは菱田春草の作品がみられなかったこと。もうやだの一番好きな日本画家です。大好きな理由など菱田春草への思い入れはまたいつか機会があったら書いてみたいと思います。レンタルCGI
にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへFC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ステキ♪
黒田清輝 ポプラの黄葉
無条件で奇麗ですね。
向こうはポプラ並木なんですね・・パリのステキな紅葉にウットリしました。
実際に絵もそうですが、この景色をパリで見てみたら感動するでしょうね。
2009/07/01(Wed) 00:10 | URL  | レイコ #-[ 編集]
>レイコさま
 コメントありがとうございます。日本では見かけないようなポプラ並木の風景ですよね。フランスは北海道くらいに緯度が高いので、そんな風土もあってか、きりっとした空気感をなんとなく感じますね。名品ですね。
 上野の黒田清輝記念館、何とかしていってみたいのですが、木土の午後しか開館してないんですよ。有名な「湖畔」なども一度は見てみたいと思ってるのですが、なかなか都合が。
2009/07/01(Wed) 17:16 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。