クラシック・ジャズのライブ、CD、TVドラマ、落語の見聞録を中心に、何か皆さんが役に立つ情報が伝えられたらと思います。実につたないブログですが、ずっと前の記事にでも、1行でも、コメントなど頂けたら本当にうれしいです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009春ドラマ 評価
2009年07月10日 (金) | 編集 |

  春の連続ドラマで、読売新聞記者投票と読者投票とを参照しつつ、もうやだの評価を掲載してみます。

 僭越ながら、もうやだの感想は

◎:秀逸 〇:良好 △:とりあえず最後までみました X:途中から見るのやめました ---見てません

 となっております。


ドラマ名読者評価記者評価もうやだ評価初回視聴率最終回視聴率
臨場 1 1 ◎14.115.3
アイシテル 2 4 〇13.218.6
ザ・クイズショウ 3 3 X14.014.6
BOSS 4 2 〇18.120.7
白い春 5 6 ◎13.715.1
ぼくの妹 6 6 ◎12.27.9
婚カツ! 7 10 △16.310.5
スマイル 8 5 X11.710.9
アタシんちの男子 9 11・・・14.110.4
夜光の階段 10 8 X・・・12.1
ゴッドハンド輝 11 13 △8.08.8
コンカツ・リカツ 12 14 X6.26.0
名探偵の掟 13 8 〇10.89.8
ハンチョウ 14 11 ・・・10.2・・・


次は各作品にコメントを加えてみます。
ドラマ名 もうやだ評価 寸  評
臨場物言わぬ遺品から、予想できないとても意外な結末が引き出されます。推理劇としても抜群の構成。松下由樹のかつての恋敵の自殺、伊武雅刀の退官、内野聖陽の妻への想いなどヒューマンドラマとしても秀逸。最終回の大杉漣の名演技も光ります。
アイシテル板谷由夏、稲森いづみ、田中美佐子の母親像が印象に残りました。幼いわが子が殺人犯になってしまったらという、非日常をテーマにしつつ、人間の罪深さを探求した意欲作。シナリオも、各所に山場を設けた飽きの来ないうまいつくりになっていました。
ザ・クイズショウゲストの秘密を暴くクイズの仕掛け人と司会者の傲慢で高飛車な態度に、強い反発感を覚えました。3回目で見るのをやめました。
BOSSドラマティックで、ダイナミックな大活劇ですね。天海祐希のカリスマ性が光る実に楽しい娯楽作品でした。最終回で津川雅彦、反町隆史を起用するなど豪華キャストにもびっくり。映画「スティング」のようなどんでん返しは、予想はできましたが、それはそれで大いに楽しめました。
白い春阿部寛、遠藤憲一の火花を散らすやり取りが絶妙。もうやだ的には今季ナンバー1の作品でした。吉高由里子の不思議ちゃんもとても魅力的でした。最終回でわざわざ阿部寛を殺さなくても、喧嘩しながら2人の父親が娘を育てていくという結末にはできなかったのか?「九仞の功を一簣に欠く」残念さです。

ぼくの妹

ストーリーはかなりスローペースで、何だか変化の乏しいドラマという最初の印象でした。ゆっくり味わってみると、千原ジュニア、ともさかりえ、オダギリジョー、大滝秀治、長澤まさみらの個性と心の叫びが実に丁寧に描かれた秀逸なドラマでしたね。こんなに克明に心のひだまで鮮明に描き出している脚本家は誰だろうと興味をもったところ、池端氏の作品だったんですね。改めて脱帽です。脚本・原作の池端俊策氏は、緒形拳の遺作となった「帽子」、映画『復讐するは我にあり』、『楢山節考』なども手掛けています。
婚カツ!初めから中居と上戸がくっついちゃえば終わりでしょと思いつつ、佐藤隆太、小日向文世、風吹ジュン、橋爪功らの芸達者たちに引っ張られてついつい最後までみてしまいました。内容的には特に取り上げる点はないドラマだったかもですね。
スマイル健気な松本潤がどんどん追い込まれていく理不尽さが納得いかず、3回目でドロップアウト。
夜光の階段松本清張の本格推理劇で生誕100周年記念ドラマを作ってほしかった。松本清張は大ファンですが、本作を今さらドラマ化しても時代遅れな部分ばかりが目立ちました。作り手の側が何をみてほしかったのかまるで不明。4回目でドロップアウト。
ゴッドハンド輝回数も少なくキムタクのMR.Brainの前座的な軽い扱いが気の毒。医学的な興味も持てたし、もっともっとみたかった気がします。
コンカツ・リカツ内容が空虚で、笑いのツボもずれまくっていて全然面白くなかった。1回でドロップアウト。
名探偵の掟推理小説好きにはたまらないマニアックなドラマ。「確かにあるある」とうなずく場面も多々ありました。ただ、事件解決自体が目的ではないのか、解決されない事件もあり、一般視聴者受けはしなかったかもしれません。松田翔太の名探偵は随分とかっこ良かったし、キム兄も大笑いできました。


春ドラマは大収穫だったと思いますよ。夏ドラマも始まりましたね。「コールセンターの恋人」がまず面白かったです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへFC2ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
何も見てませんでした・・・(^^;;;
婚カツ!は一度見ましたが、2度目は無かったです(笑)
今クール、何も見てないのでお話に便乗できず、恐縮です。
先日「任侠ヘルパー」を見たんですが、なかなかおもしろかったです。次も見てみます^^
2009/07/12(Sun) 12:29 | URL  | がちゃ子 #5fv3tx1o[ 編集]
臨場しか・・
見てません。
臨場も始めの方はテレビが壊れてて、一応携帯のテレビで見てたんですが、非常に見にくかったです。
後、「ザ・クイズショー」は2回くらい見たんですが、もうやださんと同じ感想を持って止めました。
なんか、桜井君ムカつく~って(別に桜井くんが嫌いな訳ではない。)
そうだ。「夜光の階段」は最後まで見たかな。殺人までおこさなくてもこんな事実際あるんだろうなぁ・・と思いました。
しかし、結局最後は捕まるってのが面白くないですね。

もうやださんの感想で、色々なドラマを見た気になりました。
2009/07/13(Mon) 13:11 | URL  | レイコ #-[ 編集]
>コメントうれしいです!
>がちゃ子さま
 任侠ヘルパー、面白かったですね。松平健が妙に貫禄があって、草君もなかなか気合いの入った演技ですね。どんな風に展開していくのか楽しみですが、単なるいい人ドラマではなく、任侠なり潔さみたいな部分もみてみたいです。
 婚カツ、「1回で」とは、なかなか見切りが早いですね。見切って正解ですよね。

>レイコさんへ
 お引越しなどとも重なって、何かとお忙しい時期だったですもんね。テレビも調子が悪かったとのことですし。臨場はホント見ごたえのある秀逸なドラマでした。「半落ち」なども書いた原作者の横山秀夫さんというのもホントすごい人みたいです。
 藤木直人君は、純粋2枚目役より、2枚目半的な役を演じてくれる方が好きです。純粋2枚目だと何となく反発したくなっちゃいます(汗)。「クイズショー」は同じ感想を持たれたんですね。何だかすごくうれしい気がします。ですよね~。哀川翔に生意気な口を利いていた時点で、既にマイナス80点くらいになっちゃいましたね。
2009/07/15(Wed) 02:37 | URL  | もうやだ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この春藤木直人さんはドラマ2作主演ですか?テレ朝の【夜光の階段】と、日テレ【.... この春藤木直人さんはドラマ2作主演ですか?テレ朝の【夜光の階段】と、日テレ【イケ麺そば屋探偵】どちらも連続ドラマですか?夜光の階段はテレビ雑誌などでチェックしていたのです...
2009/07/10(Fri) 23:31:01 |  夜光の階段
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。